北海道自転車の旅に出る → 自転車のパンクで困っているギャル系の外国人に声をかけてみた結果 → 驚きの展開へと…(体験談)

旅に出たら人生が変わった『偶然出会ったフィンランド人との旅』

 

[PR] 誰でも超カンタンに3カップは確実にUPできる!!現役医者まで認めた●●とは(画像あり)

 

人生って小さな事が積み重なって変わって行く。

嘘のような話ですが、先月大きな節目を迎えた記念に、書き溜めてありますので淡々と投下して行きます。

2002年夏

自分は三年連続となる自転車の旅の準備をしていた。今回の目的地は無く、期間も1週間から20日くらいと言う大雑把な感じ。

 

テーマは【風の吹くまま気の向くまま】

 

今日は昼過ぎ迄寝ていた。出発の初日からグダグダだが、前期試験の直後なので少し位だらけていても良いだろうと早速適当だった。

曇天模様、しかし雨の降らなさそうな自転車旅行には最高の条件。荷物を載せ、柔軟体操をしてから自転車に跨り、ペダルを漕ぎ始める。普段走り慣れている道は不安もワクワクも特になかったが、良いペースで新札幌駅を通過した。

 

 

運命の出会い…

その時パンクした自転車と、その横にガードレールに背中を預けたまま下を向いて地べたに座っているチャリダーを発見。

ロン毛、金のような茶髪。極力関わりたくないギャル系。とはいえ自転車屋が近くに無いので声をかけてみた。

「パンクですか?」

ビクッΣ(゜o゜;)

あ、外国人だった。

(´・ω・`)△?÷◯□あうったー□+※

ロシア人か?どこか怪我したのか?全くわからなかった。

( ;ω;)!ヘルプ!

英語は話せるみたいだ。

「Are you OK?」
( ;∀;)おけー

「I fix your cycle、please wait a little.」
( ;∀;)きーとす

なんだかよくわからないが、多分お礼かOKって意味だろう。多分。

 

俺はあることを聞く↓↓↓