【感動】中学時代に出会ったホームレスのジジイにギター教えてもらった話

ホームレスにギター教えてもらった思い出

 

暇だからちょっと語らせてくれ。

聞きたい人がいるかどうかは知らない。でもふっと思い出したから書く。書きだめはないのでごゆるりと待っててください。

 

ジジイとの出会い…

この時俺は中二で…痛いやつ真っ盛りだった。

 

俺がギターをはじめたきっかけ…

ただモテたいがためにってのと…姉貴がいて姉貴がベースをしてたから俺はギターを始めた。

ギター自体は姉貴のやつを使ってた。もちろん全く弾けない。全然弾けない。姉貴にも死ぬほど笑われたw

姉「ビートルズすら弾けないの?w」って感じで…

悔しくて堪んなかった。

姉貴はジャズばっか聞いてて正直メチャクチャ上手かった。

二人の共通項は洋楽好きってこと。ジャンルは全く違った。

俺はこの時にわかで全然知らなかったけれど、どんだけやってもコードチェンジが上手くいかない。

ビートルズとかニルヴァーナとかメチャメチャギター簡単な曲すら弾けなかった。

それで結構すぐやめちったwww

ギターはインテリアと化してた。俺は音楽だけ聞いてギターは弾かないって日々が続いた。

因みに母は死んでていなかったけど、親父はよくしてくれた。有名なゲーム会社に勤めててお金もあった。だからCDなんかは全部買ってもらってた。

そんでぐだぐだ過ごしてたら学校行事があった。その時だった。

 

学校行事でクラスのDQNが…

うちのクラスのDQNがギターで弾き語りするっていう出し物をする事になったんだ。その時内心しまった!って思ったけど…

そいつ地味に上手かったんだよね。邦楽をしてた(確かtubeとか)んだけど歌も上手いしギターも弾ける。最悪だった。

俺のクラスはそいつを全面バックアップするってことに決まった。部活のやつは部活の出し物とかあったんだがいかんせん帰宅部だった…

俺はそいつのギター持ちになった

DQN「ぜってー落とすなよ?落としたら殺すかんな?」

俺「分かってるよ…落とさんっちゃ」

ずっとこんな感じだった。こんだけ言っても俺より安物のギターだったんだけどなw

ギター持ちの仕事はかなり楽だった。でもものすごく悔しかった。学校行事でそいつは拍手喝采だった。先生からも受けがよかった

これでもう1回始めることにしたんだw

インテリアと化してたギターを手にとって必死に練習…するはず無かった。

それだけ意志が弱かったんだな、全然ダメ。

姉貴からはとうに見捨てられてた。俺はもうビーオタするだけの浮いた中学生になってた。

 

ある日、駅に一人のストリートのミュージシャンがいた…

中二の終わり、俺は電車通学でいつものように電車に乗ろうとしてたんだが…いつもと違うんだな。

ストリートのミュージシャンがいた。

俺はこんな田舎でなんになるんだ?金になるの?とか考えてた。よく見るとスーツはきてんだけど全体的にボロい。ハットも被ってるけどヨレヨレ。

こいつ…完全にホームレスじゃあねえか。

その時すぐ無視した。

続き…↓↓↓