俺と歪んだ武士道の話

1: 代行人 2012/11/04(日) 21:44:17.60 ID:zLmukr/00
書き溜めてないが気まぐれで書いてみる

依頼人ID:LyAJ8mnq0が間もなく来るはず

2: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/04(日) 21:47:19.32 ID:LyAJ8mnq0
>>1

ありがとうございます

3: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 21:48:48.15 ID:Mkh9/wwB0
さあ
語れ
さあさあ

4: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 21:49:17.94 ID:Zwb8+xQj0
支援

6: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/04(日) 22:04:31.64 ID:LyAJ8mnq0
ご支援ありがたい

話は小学校六年生の終わりごろから始めようと思う。
この年に俺の父親が再婚して、新しい生活が始まったから区切るならここから話すことになる。
だが、その前に家庭内が少々複雑なので当時の家族構成を少々。

父(46)外資系企業に勤めるサラリーマン。収入は中の上程度。ねらー。離婚のごたごたで鬱をわずらう。
実母(45)生みの親。生き物とオカルトが大好き。ネグレクト被害者で愛に飢えた人格。離婚のごたごたで精神・身体ともに不調をきたす。
俺(12)俺。好奇心が強いが、いじめや親の離婚などで物心ついた頃には自傷が絶えなかった。当時抜毛症。
妹A(10)生みの両親が同じ唯一の兄妹。離婚のショックで軽い鬱になっていた。

継母(29)父と出会って2週間で結婚まで話を持っていく。一見良い人だが、その実メンヘラで汚部屋オーナーというとんでもないやり手。バツイチ子持ち。
妹B(3)継母の娘。幼いながら汚部屋で生き抜くすごいヤツ。継母のヒステリックによりこの頃からすでに精神に異常がうかがえた。

7: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/04(日) 22:11:24.98 ID:LyAJ8mnq0
さて、俺が小学校を卒業すると同時に親は再婚をした。



、襲来

である。
これを機にアパート暮らしだった両家庭は一つの家族となり、引っ越すことになった。
引越し先は父がまだ実母と夫婦だったときに住んでいた一軒家である。俺と妹は慣れ親しんだ地元へと帰れることになったのだ。

俺は地元の公立中学校へ入学し、妹Aは元いた小学校へ転校という形で凱旋を果たした。
俺の武士道はこの中学校生活から始まった。

8: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/04(日) 22:20:25.67 ID:LyAJ8mnq0
中学校生活のはじめはとんでもない始まり方だった。
入学式に継母はピンク色のコートで出席し、「俺君のお父さんが連れてきた新しい嫁はとんでもないヤツだ」という噂が広がったのだ。
継母はこの噂にへそを曲げて以後引きこもるようになる。いや、へそを曲げたのではなくチャンスをうかがってただけかもしれないが。

中学校生活といえば部活動である。
昔から球技と団体競技が嫌いで、だからと言って陸上みたいな定番に落ち着きたくない俺は剣道部に入部した。
俺自身まったく経験が無い初心者だったが、父と継母が剣道経験者だったということもあり家庭の話題にも貢献できると思ったのだ。

11: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/04(日) 22:31:04.42 ID:LyAJ8mnq0
ここの中学校の剣道部は本当に良い部活だった。
お互いによく学びよく遊びよく稽古に励んだ。今までろくな人間と出会わなかった俺は感動した。
剣道とは、武道とはかくも素晴らしいものなのかと。
毎日剣道のことばかりを考え、稽古にも全力でとりくんだ甲斐もあり一年生の7月の市内大会では3位に入賞した。
輝かしい剣道生活がこの先もまっているはずだと当時は何も疑っていなかった。今までのことは全て水に流して武士道に生きようと決めた。
中二病をこじらせて不良に絡まれても「痛くないと思えばなんでもない」と言い放って一方的に殴られてみたりもしてたあたりはご愛嬌である。
武士は私情のために力を使わないのだ(キリッ
実行してた自分がいろんな意味で怖いぜ

だが、ここで家族構成を思い出して欲しい。
ぶっちゃけキチ○イとしかいえないような連中が一つ屋根の下にすごしているのである。
いわば魔の巣窟になっているのは当然である。

14: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 22:35:22.22 ID:pvUkv/e00
サムライがいる

12: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 22:33:56.15 ID:n/cPaQyI0
(`・ω・´)つ④

13: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 22:34:47.72 ID:zLmukr/00
見てるぜ

15: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/04(日) 22:44:19.67 ID:LyAJ8mnq0
その事件までは家庭はまだ平穏を保っていた。
他の家庭と異なる点といえばメンヘラで夜行性の継母にあわせて出てくる食事と、ちょっと頭のおかしい奴しかいないということだけだった。

ある雨の日、部活が終わってから帰宅すると妹Aと継母がテーブルを挟んで座っていた。
しかも妹Aは泣いていた。継母から俺も座るように促され、継母から放たれた言葉に固まった。

一言目からいきなり
「妹Aはね、本当は要らない子だったの。妹Aが生まれたのって10月でしょ?たまたまクリスマスに気分が乗ったからやっちゃったらできちゃった、てやつよ。その頃は父さんと実母さんはもう仲が悪かったんだもの。」
との事だ。俺はこいつが何を言っているのか理解ができなかった。横でずっとすすり泣いてる妹を尻目に継母は自室へと帰っていった。
「大丈夫だから」と健気に言いながら泣いている妹Aを慰めながら俺は言われたことの意味を理解した。
要するにこの齢30にもなろうかという女は、まだ10歳の子供の存在を全否定したのだ。
継母を殺してやりたいと思った。こいつはクソ虫以下の畜生だから殺しても問題は無いと思った。

風呂いってくる
いま寮に住んでる関係で、23時以降書き込めないかもしらん
残ってれば必ず続きかくが

17: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 22:48:55.77 ID:zLmukr/00
>>15
そう直ぐには落ちないと思う
続き待ってる!
風呂いってら!

16: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 22:45:54.80 ID:n/cPaQyI0

19: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 23:07:09.50 ID:HpHpF4a00
継母とんでもねえな
支援

20: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/04(日) 23:22:26.05 ID:LyAJ8mnq0
帰ってきた
ほthx

変に脚色するの疲れたから普通にかく。最近過労気味だから乱文なのはご勘弁いただきたい。全体の雰囲気で察してくれ。

継母をクソ虫認定した俺はまず相談できる相手を探した。こちらはまだ13歳の厨房である。保護者の管理下にいる子供が親に暴力以外で報復することは無理に等しいからだ。
しかし、無力だからこそ法的な手段は探せばあるのかもしれないと考えてとりあえずネットで相談してみることにした。
継母も父もかなりディープなねらーだったので2chは避けて、相談関係の掲示板を探して親のいない間に居間にあるPCの自分のユーザーから書き込んだ。
掲示板では児童相談所へ行くことをすすめられ、俺は児童相談所へ相談する際に使えると思われる資料を準備するつもりだった。

が、俺は引きこもり廃人を甘く見ていたようである。相談はわずか3日で継母に発見されて俺は土下座させられた。
どうやら俺のユーザーのパスワードを解除して履歴をあさっていたようである。
俺は何も悪いことはしていないと思っていたが堪えるのも武士の心、甘んじて土下座を受け入れた。
もちろん児童相談所作戦は頓挫し、俺の行動は以前にもまして厳しく監視された。
この頃から目に見えて俺と妹Aへの扱いが更に悪くなっていった。
具体的には妹Bを視界に入れただけで怒られたぐらい。血がつながってなくたって兄妹だろうがクソ!

次第に俺の心は剣道を始める前のように荒んでいった。

21: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 23:24:21.16 ID:n/cPaQyI0
ひでぇな(´;ω;`)

23: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/04(日) 23:40:44.83 ID:LyAJ8mnq0
この頃、学校では俺は不良と顔を合わせるたびに喧嘩を売られていた。真面目くん代表兼不良にも物怖じしない厄介なヤツだったからだ。

西に「ぶっ○すぞゴルァ !」と言っている不良があれば、鉄パイプを渡し「早く殺せよ。できねえのに殺すとか言ってんじゃねぇ」といってやり
東にインテリぶっている不良があれば、学年主席をとってやり
ライターで手をあぶろうとする不良があれば、手でライターの火を消してやり
ストリップショーさせられそうになっている女子がいれば、不良に警察呼ぶぞといってやる

多分俺が生涯で一番輝いてた時期だろう。今思い起こせば生きてるのが不思議だが。
ネジが吹っ飛んだ真面目くんとしてある意味有名ではあった。
まあネジは確かにぶっ飛んではいたのだがw

この年の11月に、継母は父に引っ越したいとせがんだ。田舎臭いのがお気に召さなかったようだ。
引越し先は継母の地元の都心部である。しかも条件は一戸建てで新車もつけろとの事だ。世間はリーマンショックで外資系企業が完全な下り道の時期にこの要求だ。
当時中一の俺にもこの要求を飲むのは正気の沙汰じゃないことは明らかだったが、結果的に継母に離婚をチラつかせられた父は受け入れることになる。キチガイここに極まれり。
もちろん俺と妹Aは絶対ヤバイからやめとけって具申したけどなw
ガン無視とかwwwwおーい子供は発言権なしっすかー?w

24: 名も無き被検体774号+ 2012/11/04(日) 23:44:06.67 ID:1KPAjRm50
なんか、釣りくさいな

25: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:8) 2012/11/05(月) 01:48:13.06 ID:vG/zwPRI0
見てるぞ。今>>1はいくつなんだい?

27: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/05(月) 16:25:31.62 ID:ziTJgUiS0
>>25
一応まだ十代

釣りかどうかは読者さんに任せるぜ
でも鬱とか精神病極めると明らかに普通はセーブする行動も余裕でやっちゃったりするんだぜ

28: 名も無き被検体774号+ 2012/11/05(月) 16:33:11.66 ID:tUIuT90X0
ああ、あるな
鬱だった時の方が変に行動力あったりなかったり

29: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/05(月) 19:27:34.84 ID:ziTJgUiS0
引越しをすることが決まってから、俺はかなり体調を崩した。正直、物心ついた頃からノンストップで人生苦行モードだった中で唯一充実していた生活ができなくなるからだ。
まともに口を利くこともできず、ふさぎこんで稽古も見学することが多くなった。
だけど、ふさぎこんでいる俺に声をかけてくれる女子がいた。こいつを以下Fとする。俺はそいつに恋をした。
それと時期を同じくして柔道部の女子から告白されたが、申し訳ないと思いつつも振った。武士は一途に生きるべきなのである。
しかしながら後からわかったことだが、Fには好きな人がいた。まあそんなものよね、と思いつつもショックだった。
まあ好きな人がいるだけで救われるんだけどね!どっかの偉い人は「愛は受けるより与えるほうが幸せって」言ってるし!
ということで乗り切った。

Fは小柄でくせっ毛で同じ剣道部だった。心配して相談に乗ると言ってくれたが相談しても更に心配させるだけなのがわかっていた俺は何も言わなかった。引っ越してからも心配させてるようじゃ申し訳ないし何よりも好きな人に心配をさせたくなかった。
Fはただ俺の隣に座って「俺君は優しいから大丈夫だよ」と言ってくれた。チクショウいい女じゃねえか惚れるぜコノヤロー!
俺は優しさを忘れないようにしようと心に誓ったね。好きな人にほめられたんだもの。

ちなみに、ふさぎこんでる俺に声をかけてくれた人の中には不良もいた。やっぱり中学生はなんだかんだでまだまだ心がキレイだなっておもった。
性善説が正しいんじゃね?年重ねるごとにクズの割合は増すし。

稽古を見学し家に帰ってからは荷物をまとめる日が続いた。

30: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/05(月) 19:36:06.27 ID:ziTJgUiS0
そんな中、妹Aも行動を起こしていた。妹Aは実母に助けを求めたらしく、実母は弁護士を雇って家庭裁判所へ訴え出たらしい。
らしい、というのは父が家庭裁判所からの出頭通知を受けた際に「子供たちが平和な生活を乱されて迷惑がっている」と実母へ連絡したらしく、実母はその連絡を信じ込んで裁判をやめてしまったからだ。この話を知ったのはだいぶ後になってからである。
まあ、実母のところへ行った所で共依存になっていた気がしなくも無いからどちらのほうが良かったとはいえないが。

31: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/05(月) 19:38:54.46 ID:ziTJgUiS0
そして、ついに冬休みと一緒に引越しの日が近づいてきた。
そしてそれと同時に最高潮へ達する俺の鬱っぷりとテンションが上がりまくってる継母の対照が面白かったとおもう。学校で引越しのことも発表され、いろいろな人から餞別と連絡先を貰った。もちろんFとも連絡先は交換した。
引っ越す一日前に、不良によく絡まれてた女子から告白(?)イベントがあった。
「俺君かっこよかったよー!///」
って叫んでどこかへ走り去っていった。俺はふさぎこみすぎてまともに反応できなかった。というより、その日は起きてから下校まで喋ってなかった。貴重な女子との青春に対してあまりに無礼、己が腹を捌いて詫びるべし。とにかくリア充死ね。
だが言い換えれば、普通の中学生なら小躍りするイベントにも反応できないほど心は麻痺していたのだ。われながら中々の落ち込みっぷり。子供の頃のミサトさんと勝負できるね。
そして剣道部から餞別の円陣稽古も受けて、クリスマスの前日に引っ越した。人生の最盛期が終わり、泥水すする東京での新生活が始まるのだった。

32: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/05(月) 19:43:17.10 ID:ziTJgUiS0
東京での新生活が始まった。一軒家2軒分のローンと新車のローンでケツに火がついた状態からのスタートだ。
新しい中学校は割と排他的なところで馴染むのに苦労した。幸いにも弱小ながら剣道部はあったので剣道は続けられた。妹も地元の公立小学校に通うことになった。
家は一軒家ではあるが、三階建て二世帯住宅の中古物件だった。俺は三階の部屋を自室として割り当てられた。ちなみに三階には二部屋+屋根裏倉庫があり、もう一部屋は夫婦の寝室だった。
この家での最初に決められたルールは、俺と妹Aは二階にあるリビングには原則進入禁止及び必要の無い場合は家の中を出歩かないことだった。このルールは今後どんどん増えていくが、それは追々書いていくつもり。
とにかく、最初の2ヶ月程度は荷物整理が忙しかったこともあり割と穏便にすごせていた。
そして俺と妹Aは猫にべったり引っ付いてた。猫マジ神。さすがエジプトで神様やってるだけあるわ。可愛すぎて胸が苦しい。
胸が苦しいのは頼れる人がいないからじゃなくて猫が可愛すぎるから。猫とはなんて罪な生き物なのでしょう。
俺は新生活を迎えるにあたって、誰も頼れない妹の自慢の兄になろうと決めた。

33: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/05(月) 19:49:36.17 ID:ziTJgUiS0
この頃、俺の中で武士道は大きな変化をしようとしていた。
それまでの俺の武士道は正しい行いをするための精神であったが、それが苦しいことに耐えるための口実に変化していったのである。
親の言いつけには寡黙に従うのみ、己を捨てて他人へ尽くすべし、見苦しい欲求は捨てろ、質素を尊ぶから服と食は生き延びるのに必要最低限の量でいい・・・
辛いことや理不尽なことに耐えるための口実を体系化したものとは宗教に他ならない。
俺は神にすがる代わりに、自分の中で曲解された武士道を崇拝するようになっていた。

34: 名も無き被検体774号+ 2012/11/05(月) 20:12:20.57 ID:OZFVeA8z0
まだ普通の武士にしか見えない

36: 名も無き被検体774号+ 2012/11/05(月) 22:29:20.85 ID:ziTJgUiS0
>>34

まあ武士ぶってるだけだけどね

35: 名も無き被検体774号+ 2012/11/05(月) 20:25:28.23 ID:TwJb+WIE0
新渡戸稲造の武士道読んだか?

36: 名も無き被検体774号+ 2012/11/05(月) 22:29:20.85 ID:ziTJgUiS0
>>35

読んだよ
アレは着眼点がすばらしいと思う
日本人の精神構造の中に武士道が深く食い込んでいるというのは、言われなければ中々気づかないと思う
日本人が民度が高いといわれているのは、「武士道」の中で説かれている美徳をほとんど全ての日本人が心の底に持っているからだと思うよ

37: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/05(月) 22:46:09.21 ID:ziTJgUiS0
そして、年度が終わる前にまた妹Aに大きな災難が降りかかった。
継母が妹Aを全寮制の中学校へ入れろと父へ訴え出たのである。早い話が邪魔者は遠くへ飛ばせという事だ。
もちろん父はこれまで通り全く抵抗することなくその要求を受け入れ、妹Aが一週間ほど泣きながら「行きたくない」と訴えるのも無視した。
妹Aは偏差値40程度の私立全寮制中学校へ無理やり通わされることになった。やっぱりこの家庭の大人に血は通ってなかった。

更に狙ったように継母の妊娠報告が重なった。「我は妊婦にござる。道をあけい。」と言わんばかりの横暴さを発揮するようになる。絶対こいつらそれを計算した上で妹を飛ばしやがっただろ死ねよクズども。
俺はこの世に許せないものが二つある。一つは冷えたボルシチともう一つは自分の弱さを武器にするクソ虫だ。
来年には受験を控えている俺への配慮なんてものももちろん全く無い家庭計画を打ちたてる親に俺はうんざりしていた。結局世の中でものを言うのは正義ではなく力なのだ。
ちーかーらーさえー、あればーいいんーだー
つーよーけーればー、それでーいいんーだー
ひねくれーてー星をーにらんだ、ぼくなーのさぁあああ
と思ったのも束の間、清貧という便利な言葉を言い訳にまだ武士道に基づいて生きようと思った。
だってそのほうが妹としてはきっとうれしいでしょ?それに孕まれた子供に罪は無いしね。いい兄として待っていてやろうではないか。

しかし、そんな甘い考えは通用しなかった。

38: 名も無き被検体774号+ 2012/11/05(月) 23:25:43.54 ID:TwJb+WIE0
義も仁もないな

39: 名も無き被検体774号+ 2012/11/05(月) 23:53:05.90 ID:OZFVeA8z0
>俺はこの世に許せないものが二つある。一つは冷えたボルシチともう一つは自分の弱さを武器にするクソ虫だ。

カッコイイw笑った

40: 名も無き被検体774号+ 2012/11/06(火) 16:32:38.67 ID:dnwvZlD10
保守

41: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/06(火) 17:59:12.39 ID:y7UN1Dqa0
保守thx

ある日俺が部活を終えて学校から帰ると継母から及びの声が。
どうせお菓子を食っただろとかボディーソープ使いすぎとか難癖つけられるんだろうなー、と思って継母のもとへ行く。
開口一番「あんた今日6時から塾なのになんで7時近くまで部活やってんの?授業料無駄になったから小遣いからひく」とのたまわりける。
塾に通った覚えもないし、正直勉強では何も不自由を感じていなかった俺は頭のなかが疑問符だらけに。
しかし、ファビョる継母の言動を分析すると知らないうちに塾へ入れられていたらしい。しかも部活をしている時間帯に。
もしやこれが社会で嫌われる事後報告というヤツなのですか!?隊長!確かにとても厄介であります!サー!
とか考えてるうちに月1000円の小遣いが消失し、場所を知らない塾に行かされる羽目になった。まず町を練り歩いて塾を発見することが任務とか典型的なクソゲーじゃん、まじ。

そしてこれ以降も部活の時間帯と塾はかぶっているので、小遣い何それおいしいの?状態に。
武士は質実剛健で質素な生活をするべきだからまだセフセフだお!と自分に言い聞かせる。

42: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/06(火) 23:41:37.94 ID:y7UN1Dqa0
しばらくたったある日、妹Aは中の良い同級生の勧めで剣道を始めることになった。
そして、それに伴いなぜか俺も町道場へ通うことになる。なんでやねん。もちろん事後報告。

道場へは自転車で20分ほどの距離で、21時程度まで稽古があった。稽古は充実していたし先生も立派な方だったが俺は無理やり行かされている訳で、納得できなかった。
特に塾とかぶる日は部活→塾→道場のコンボが決まるので家に着くのはいつも21時半より遅く、会社勤めの父より遅かった。

ちなみに、書き忘れていたが継母は家事をしない。夕食を作る程度しかしない。だけど俺とか妹Aが洗濯機を使うと怒るし、食材を使うと怒った。
家事をしていないって否定されてる気分になるんだとさ。嫌ならやれよって突っ込みを入れると粛清されるから言えないけど。
したがって
21時半に帰宅→着替え、食事→風呂→風呂場で制服を見つからないようにこっそり洗濯(もちろん洗剤使うとばれるからシャンプーで)
→ドライヤーとかアイロンで乾かす→宿題→就寝
が基本的な生活だった。新聞配達の音が就寝の合図。もちろん学校で必要なものがあると自転車で近所のドンキまでお年玉つかって買いに行くのも俺の仕事なわけで。
俺自身老け顔で長身だったから幸いにも補導はされなかったが、一睡もしないまま学校に行くのは良くあったことだった。
ちなみに朝は週に2、3回ほど継母が家の財布具合を考えずに通販で買った代引き荷物を受け取る。もちろん俺のお年玉から立替えとく。
継母は基本的に午前中は寝てるから、妹Bの面倒は父と俺と妹Aで見た。だけど妹Bと関わっているところを継母に見つかるとファビョりはじめるけどなw!

45: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/06(火) 23:52:40.02 ID:y7UN1Dqa0
中二の夏、新たな家庭方針が打ち立てられた。
「お前ら病院に行くと軟弱になるから、今後一切病院禁止な。どうしても行きたければ自分で金ためろ」
うん、最高。こっちだって生活費にお年玉全部つぎ込んでるのにそんな余裕何処にあるんだよw服だって中学に上がってから一着も買ってねえぞw

ここらへんまで来てついに武士道だけで言い訳ができなくなった俺は「辛いこととか苦しいことを好き好んでやるのが武士だろ」という価値観を作り出して対処した。
要するに、苦しみを味わうためなら善悪問わず行うべきという行動原理だ。正直、そうとでも思わんとやっていけなかった。

読み返したら時系列ぐちゃぐちゃだな。>>42>>37の前あたりの話だ。
記憶があいまいで時系列ごとにちゃんと頭の中で整理できてないみたいだ。すまん。

47: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/07(水) 00:02:39.20 ID:NeqZsLEa0
中二~中三までの記憶はかなりあいまいだから印象に残った事件だけ明日書く。今日はなんか頭が回らない。

・歌舞伎町事件
・自室テレポーテーション事件
・血便吐血事件
・近所に響き渡る夜中の怪音
・土下座祭り

乱文過ぎてあかんな。つうか>>42はやっぱりあってた気がする。俺が中2のときまでは妹は家にいたはずだから。

51: 名も無き被検体774号+ 2012/11/07(水) 18:03:18.56 ID:Vk69mnwC0
>>47
ゆっくりでいいから上から順番に頼む

52: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/07(水) 19:22:09.85 ID:l4rRtaDD0
>>51
thx
落ち着いて書く

44: 名も無き被検体774号+ 2012/11/06(火) 23:51:08.88 ID:0g43O5FZ0
高校から剣道始めようかと思ってるんだけど今更って感じかな?

46: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/06(火) 23:55:17.38 ID:y7UN1Dqa0
>>44
剣道に遅いということは無いですよ。
何せ80歳を超えてるご老人でも若者を軽くあしらえるような方は沢山いますから。
むしろ、中学か高校あたりから始めたほうが強くなれる人もいます。
しかし、精神性を重んじるのであれば剣道ではなく古武道系をお勧めします。今は剣道の競技化が進んで精神性が軽んじられている風潮がありますので。

48: 名も無き被検体774号+ 2012/11/07(水) 00:06:44.00 ID:wSgDcRWh0
武士道云々ではなく

ただのどM

50: 名も無き被検体774号+ 2012/11/07(水) 07:14:03.36 ID:fYlhDqgp0
>>48
子供だからしょうがない
そう考えるしか生き抜く方法がない
14歳の男の子が閉じ込められて栄養失調で死亡一歩手前、
脳障害出るまで監禁されてた事件あったろ
あれも弟は母親の所に逃がしたんだったか

52: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/07(水) 19:22:09.85 ID:l4rRtaDD0
>>48
>>50
確かにどMだと思います。というより自分を追い込まないとやっていけない。
親からの理不尽な仕打ちに耐えるためには理不尽なものに自分の価値観をあわせるか、自分が悪いから罰を受けるのだと思い込むしかない。
前者はグレて後者は精神を壊す。真面目な人間ほど後者を取りやすいし、無理やり自分を悪いと思い込むために性格破綻しやすい。
頭の中で善悪がついてる人間ほど、現実とのギャップに耐えられなくなる。
だから俺も「武士道」という大義名分を使って自分を悪いと思い込むためのことは何でも考えたし、他人に迷惑がかからない範囲内でやった。

被虐待児は症状の軽重はあれど殆どの場合脳にダメージを受けてる場合が多いらしいね。

49: 名も無き被検体774号+ 2012/11/07(水) 00:10:06.06 ID:apmqnp3rO
武士は食わねど高楊枝w

53: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/07(水) 19:37:27.05 ID:l4rRtaDD0
>>49
ガチで飯はあまり食ってなかったw怒られないようにすることだけを気にしてたからw

歌舞伎町事件

これは確か中二の秋の話。
ある日、俺がいつもどおり町道場から帰ってきて飯を食っていたところ親に説教をされた。
曰く、「飯の食い方がきにいらねぇ。日ごろから生意気だから土下座しろ」との事。行儀正しく三角食べしてたんだけどねw
別にこれぐらいのことなら何度か言われたこともあったし、下手に火をつけると面倒なので大人しく土下座ー。
だけど、従順な態度が逆に火を付けてしまったらしくファビョり出す両親。キチガイに恒常性は無い、これ重要。
そして身包み引っぺがされ、私服に着替えさせられ無一文の状態で車で連行された。窓の外を流れ行く景色を見ているとどうも新宿方面へ向かっているらしい。何コレ怖い。
そんなことを考えてるうちに車はあの悪名高い歌舞伎町へ・・・・・
歌舞伎町の一角で俺は車から放り出された。このとき23時。
外人や危なそうなお兄さん、お姉さん、酔っ払いにものめずらしそうに眺められながらとりあえず星を見て方角を確認。理科の授業真面目にやっといてよかった。
家の方向は把握できたものの、果たしてこのまま帰るのが正しいのかとしばらく考える。だって下手したらこのまま歌舞伎町に身を沈めたほうが楽なんだもん。
しかしながら俺がいなくなると妹Aと妹B、来年に生まれる弟はどうなるんだよと思い帰路につく。
もちろん身ぐるみ剥がされてるから徒歩で帰る。この時警察に行っていればと今でも思う。
そして家に着いたのは午前2時すぎ。こっそり入ってこっそり洗濯してこっそり乾かしてこっそり登校した。

これが歌舞伎町事件。

54: 名も無き被検体774号+ 2012/11/07(水) 21:08:16.22 ID:ZeDASyxC0
メンタル強すぎだろwwwww

57: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/07(水) 22:19:29.96 ID:l4rRtaDD0
>>54

猫と妹の顔を拝めるだけで俺は生きていける

55: 名も無き被検体774号+ 2012/11/07(水) 21:45:37.40 ID:XvFzoQf20
冷静すぎる

57: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/07(水) 22:19:29.96 ID:l4rRtaDD0
>>54

猫と妹の顔を拝めるだけで俺は生きていける

56: 名も無き被検体774号+ 2012/11/07(水) 22:08:19.41 ID:eqrK5GJX0
父親は何してたの?

57: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/07(水) 22:19:29.96 ID:l4rRtaDD0
>>56

書き忘れてけど、歌舞伎町事件の主犯は親父。
継母と親父はいわば女王様と下僕的関係だから親父に拒否権はない。
親父と実母が分かれたきっかけが親父のM癖のせい。

58: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/07(水) 22:27:39.69 ID:l4rRtaDD0
自室テレポーテーション事件

中二の夏休みあけた頃の話。
ある日、部活を終え自宅へ戻ると玄関に謎のダンボールがつまれていた。どうせ通販でまた浪費したんだろうなー、程度に思って三階の自室に向かう。
しかし自室へ入るとそこは”元”自室となっていた・・・!ここで先ほどのダンボールが脳裏をよぎり一回のリビングに戻ると案の定ダンボールの中身は俺の荷物。
そう、俺の自室は個室からリビングの一角を仕切っただけの部屋にランクアップしていたのだった!以後俺は二階以上は立ち入り禁止になった。
武士らしく平屋建てでいいじゃん、忍者はどこでも生活できないとダメだよ、などと意味不明な言葉で自分を鼓舞し一件落着させることに。

これが自室テレポーテーション事件

59: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/07(水) 22:35:59.46 ID:l4rRtaDD0
血便血反吐事件

これは少し時間が飛んで中三の秋ごろの話。
この頃俺は慢性的な胃痛に悩まされてた。そして、ある日からうんうんに血が混じるように。
「ああ、こりゃだめだな」と思った俺はとりあえず牛乳が粘膜保護に良いということで給食の牛乳を余った分を大量に飲んでいた。
病院には行けないし、学校の保健医はやるやる詐欺だしとりあえず消化器系の知識を蓄えまくったが、ある日胃もたれで吐くとやっぱり血が混じってる血反吐だった。
自分の中でこれは胃潰瘍であると勝手に断定して、毎日できるだけ多く猫といる時間を増やしてストレス減らしたら治った☆猫は神☆
でも下手したら取り返しつかなくなってたかもw

60: 名も無き被検体774号+ 2012/11/08(木) 01:28:46.50 ID:SyRbc7Hf0
・近所に響き渡る夜中の怪音
・土下座祭り

待ってるぜ

61: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/08(木) 19:25:04.33 ID:PxO2DS0r0
>>60
thx

なんか身内に見られてるような気がして気が気じゃないw

近所に響く怪音
これは確か中二の冬のときのこと。流石にサンドバック上等な俺流の武士道にも限界が来ていた。
日々のストレスに耐えかねた俺は中学に入ってからなりを潜めていた自傷癖が復活し始めていたのだ。
流石の俺もこれはまずいと思った俺は物に当たることを決める。怪我が露呈すると色々と好奇の目で見られるので。
だが、ものに当たるといっても壊してしまってはまずい。そこで目をつけたのが家の外にあるブロック塀だったのだ。こいつなら壊れねえ!バレねえぞ!
そして俺は夜な夜な新聞配達が来る少し前、そして親がドンキやらホテルやらに遊びに行ってる間にブロック塀にあたることに。
しかし、塀を壊さない程度の手ごろな得物がなかった。しかし俺は悟る。男が頼れるのは己の拳のみであると。
俺は自分の右手がそもそも最初から折れていて病院にも行けないから治っていないことも気にせず壁殴りをはじめた。
気にしたら負け、気持ちの持ちようで火中に飛び込んでも涼しいと思うことはできるのだ。
そして俺の右手が全体的に黒くなり、壁殴り初段に届こうかという頃、回覧板にある紙が挟まっていた。
曰く「最近、深夜から早朝にかけてゴッ、ゴッという騒音が聞こえるという方が多いようです。何か詳細をご存知の方は・・・・」

ご近所さんすみません、今日からやめます。
そして怪音が聞こえることはなくなったという・・・

64: 名も無き被検体774号+ 2012/11/08(木) 23:10:34.08 ID:RtvkxNTnO
>>61
失礼だけど、これウケてしまったよ。
心からあなたの幸せを祈ります(^人^)

66: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/09(金) 17:56:11.14 ID:ynglYdCh0
>>64
ただの暗い話にするのは嫌だったので笑っていただけたなら本望です

ありがとうございます

62: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/08(木) 19:53:35.73 ID:PxO2DS0r0
土下座祭り

これは時期はよく覚えていないが、ある日の晩また理不尽な説教が始まった。
説教の内容は「なぜ体調崩したり、遅刻したりするのか」
俺は端節に「夜中まで家事やってるし、朝は手前らの代引きの荷物受け取ったりしてるから」と答えた。
こっから父親、継母共にスーパーファビョンタイム発動。
幼い妹Bの教育に悪いとおもって早くおさめるために要求された土下座をしたが、中々終わらなくて足が痺れて感覚がなくなった頃に説教完了。
近年まれに見る長時間土下座として記録に残るであろうこの事件を俺は土下座祭りと呼んでいる。以上

65: 名も無き被検体774号+ 2012/11/09(金) 14:05:28.39 ID:Wyh1m07p0
そうか親父はねらーだったね。
sageた方がいいのかな?
これを見られてスーパーファビョンタイムが発動しても困るし…。
このスレタイじゃなかなか見付けられないかもしれんが。

66: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/09(金) 17:56:11.14 ID:ynglYdCh0
>>65

親父も継母もねらーだけどファビョられてもいまさらって感じだから大丈夫ですよ。
不味い食べ物ばかりを食べてると、いくら食べ物が不味くても辛いとは感じないものです。
というより辛いのにはなれましたからwお気遣いありがとうございます

67: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/09(金) 22:43:32.41 ID:ynglYdCh0
とりあえず、そんなこんなで中学校生活をすごしていた。
継母は弟を孕んでる間は妊婦だから情緒が不安定になるしーと言って夜更かししてPCで遊び、
弟が生まれてからは出産大変だったしーと言って通販で金を使いまくる始末。俺が中二の年の終わりに寮に左遷される妹。そして継母のの横でうなづいてるだけの父。
もうなんか全てがダメだったね。

もはや俺にとって生きている意味は猫と剣道と妹弟しかなかった。むしろその三つでさえも死なないためのいい訳だったように思える。
そして中学校三年間の締めくくりとして進路選択が迫っていた。
俺は迷うことなく、妹Aの後を追うことにした。妹Aと同キャンパス内にある高校で、偏差値的には20ほど下がるが、ここで妹だけを孤立させるのは武士道に反するのだ。
私立全寮制ということで、家計に火がついている状態の今の家庭状況をかんがみて親戚中を回って学費を集めた。
親としても妹Aを無理やり行かせた立場上、自ら希望する俺を行かせないわけにはいかないからだ。そこを理解してる中学生も中々嫌だけど。
学校からも何とか推薦状を貰い、(遅刻多数だったが、弱小チームを都大会まで連れて行き学業もそこそこ優秀だったためなんとか)高校が確定したのが中三の秋だった。

68: 名も無き被検体774号+ 2012/11/10(土) 09:37:50.09 ID:Ub90i57i0
この1すごい

70: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/10(土) 21:34:41.68 ID:F6Hk1f/40
そして高校入学。この高校は全寮制で厳しいことで有名な高校だった。
しかし、我が家での出来事に比べれば生活もしごきも挨拶より簡単なことだった。
先輩に絞められて意識が飛んでも、4時間立たされても特に辛くはないし「本気のしごきはよ」とか言ってるうちにしごきは終わった。
寮は天国だった。飯が食えて、洗濯ができて、温かい布団で寝られる。最高だった。
唯一心残りなのはあの修羅の国に猫を一匹残して来てしまったことだけだった。

71: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/10(土) 21:46:44.96 ID:F6Hk1f/40
書き忘れていたが、やっとここで妹Aと日常的に会えるようになる。
一年も遅れての後詰だが少しは妹Aの支えになれたと信じたい。自分を大切にしてくれる人がいるというのは大切なことだ。

しかし、この高校生活で俺の剣道に対する幻想は崩れる。
寮では俺を含め、剣道部の一年生三人で一部屋を使っていた。このルームメイトがとんでもないやつらだったのである。

まずは喫煙。もう嫌ってぐらい吸うね。いくら注意してもやめないし、他の一年にも吸わせようとしてた。
そして窃盗。全く整理してないから制服や体操着がしょっちゅう無くなり、その度に俺のものを盗んでいた。
そして暴力。むかつくことがあるとすぐに殴る。武道で一番しちゃいけない行為なのに。
「戈(ほこ)を止む」と書いて「武」なのである。「武」とは「戈にて止む」事しかできないから争いをはじめてはいけないのだ。
極め付けにはアンパンもやってた。もうここまでくると手をつけられない。
俺は部活顧問に相談した。

72: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/10(土) 22:16:41.40 ID:F6Hk1f/40
しかし、顧問の対応は愕然とするものだった。

喫煙に関してはノータッチ。完全に無かったことにされる。
窃盗に関しては「盗まれるほうが悪い。しかも日常的に盗まれるのなら、盗まれてもいいように予備用意しとけ。」
暴力に関しては「殴られるほうが悪い。お前が殴られるから悪い。いくらお前が筋を通していてもだ。」
アンパンもノータッチ。無かったことに。

要するに、顧問は保身に走ったのである。自分の部活でおきた問題は全部もみ消すというスタンスだ。
しかも、俺が親とあまりうまくいってない事を織り込み済みで俺にしわを寄せたのである。俺の親も顧問に俺のことをキチガイだと吹き込んでいたようだが。
剣道高段者も結局クズがいるのだ。正しいことが評価される剣道はもう終わっていた。力こそ全て、勝敗が全てだった。

俺は剣道部を辞めようと思った。7月のことである。
しかし、学校は夏休みに突入してしまっており転部の手続きはできなかった為、夏の合宿に参加することになる。
夏休みに入ってから親には転部したい旨を伝えた。しかしこれが間違いだった。親は保護者会と顧問を篭絡して俺の転部を認めさせないようにしようとした。
夏休みの合宿中は、尊敬できない先生の厳しい稽古と、部屋に帰ればそこは不徳の山、周りの人からかけられる誹謗中傷の嵐。
俺はこの時に精神を壊してしまったのかもしれない。薬瓶で自分の頭を殴打し、キチガイのふりをして自宅療養することにした。
しかし、自宅もまた地獄。俺には帰る場所も心のよりどころも無かった。
そんな時、ふとFのことを思い出した。「俺君は優しいから大丈夫」と言ってくれたことを思い出した。俺はまだ死んでないから動けるのだ。五体も揃ってるしその気になれば何でもできる。
俺は部活に復活した。

73: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/10(土) 22:25:49.64 ID:F6Hk1f/40
しかし、やはり心身ともにかなり弱っていたようだった。
何をしても現実感がなく、何事にも集中できない。剣道も勉学もどんどんできなくなっていった。
そして復帰してからまもなく、俺は41度の高熱を出して寝込んでしまった。
学校の休養室で寝込むこと恐らく2週間近くたったころ(病院にはいつも通り行かせてもらえない)未だ熱が冷めない俺は顧問に車に乗せられた。
気がついたら試合会場で蹲踞をしていた。「始め!」の合図と共に立ち上がる。視界が歪む。腕が上がらない。一本も打たないまま二本負けした。
俺は試合が終わってから顧問に怒られた。
「試合でまともに戦えないのにタバコがどうこうとか、盗みがどうこうとか言ってんじゃねえよ。お前はいつも自己中心的なんだよ。」
顧問はこの一言を言いたくて俺を連れ出したらしい。知ってるか?人は42度まで体温が上がると細胞のたんぱく質が凝固して死ぬんだぜ?
精子は41度で五分五分だ。
俺が将来種無しになっていたら多分このせいだろうと思う。

剣道部は腐っていた。しかも夏休みが明けても転部は認められない。
俺は剣道有段者の教頭に相談することにした。

74: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/10(土) 22:36:46.37 ID:F6Hk1f/40
「じゃあ、義理を果たすという意味で今年度中は剣道部にいなさい。最後の公式戦が終わったら俺が辞めさせてやる。」
教頭はそういった。俺はこの人が神様のように見えた。先延ばしにすることでうやむやにしようとしてることも冷静な判断力がなくなっていた俺にはわからなかった。
本当は果たす義理も無いわけだが、そこは心の鎮痛剤である俺流武士道でカバー。血は出てるけど痛くない、骨折れてても痛くない。そんな感じ。
そして、親からの圧迫に耐えながら最後の公式戦がある冬まで耐えた。
その間に親に生活雑費も停められたし、実家も出禁、実家の私物は全て取り押さえて一部処分された。
寮が閉鎖する年末年始も俺は神社の片隅で酔っ払いのふりをして寝た。冬の夜は寒いが、正しい知識のもと防寒すれば凍死しないですむ。

そして、最後の公式戦が終わった。俺は教頭に約束の履行を求めた。しかし、やはりダメだった。
「いまさら何いってるの?辞めさせないぞ」

75: 名も無き被検体774号+ 2012/11/10(土) 22:45:56.31 ID:kEiMjMca0
紫煙

76: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/10(土) 22:48:19.34 ID:F6Hk1f/40
俺は悟った。この世で頼れるものは無い。いつでも自分の行動によってのみ人生は変わるのだ。
また孤独な戦いが始まった。もう俺の中の武士道は腐敗した剣道を見て失われていた。そして、戦いは三年生の卒業稽古の日に終わる。

この日は、三年生最後の稽古で保護者会や顧問が一同に終結する日だ。もちろん俺の親も来た。
「今年一年間はうちのバカがご迷惑をかけてすみませんでした。これからも頑張らせますのでよろしくお願いします。ほらお前も頭下げろ。」
親のこの一言が俺を怒らせた。三年生の卒業という記念すべき祝いの日に一年の私事を持ち込んだだけでなく、頑張らせたときたもんだ。
祝いの場をしらけさせるような無礼を俺がしたがらないことを踏まえての言動だった。俺が人生で一番卑劣だと思った行為である。
俺は怒りを追い風にして勇気を振り絞って、三年生に心から詫びながら言ってやったよ。
「このような場で申し上げるのは甚だ無礼と存じておりますが、転部をさせていただこうと思っています。三年生の皆様には失望させてしまい申し訳ありません。」
本当に申し訳なかった。

77: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 07:38:25.35 ID:lBHJSQhH0
もちろんその後はスーパーファビョンタイムと誹謗中傷の嵐。
しかし俺は無理やり転部した。逃げたといわれてもしょうがない事だが、俺は過ちを犯すのならば逃げたほうがマシだったと思いたい。

転部した先には武士道の残骸と、ストレスでイカレた脳みそと、長年酷使したために食事からまともに栄養を取れない体だけだった。
周囲からは逃亡者のレッテルを貼られ、俺の孤独は深まった。しかし、信念無き人生は畜生となんら変わりない。俺は二年次に行われる生徒会長選挙で会長になることを目標にした。
それからは周りから信頼を得るために努力を重ねた。歪んだ価値観の元にいる正しい生徒が立ち上がる手助けを出来るような学校にしたかった。
二年生の秋に努力の甲斐もあり、対抗馬を下して当選することが出来た。
しかし、理想と現実はかけ離れていた。まず生徒会長が、生徒会の決まりである生徒会規則を閲覧できない。生徒会規則は先生によって作られていたのだ。
生徒会とはやはり名だけのものであった。生徒による自治など行われる余地もないし、規則を知らなければ学校改善のゲームにも参加できない。
俺の周りの世の中というのはやはりクズの掃き溜めだった。むしろ、俺自身がクズなのかもしれないが。
そして、高校で新しく出来た好きな人(以下Uとする)に告白したがやはり振られた。世渡りとはままならぬものである。
Uは真っ直ぐで一生懸命で俺とは対照的な人間だった。擦り切れて卑怯な世渡りしか知らない俺には付き合えたとしても困らせただけだっただろう。

78: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 11:12:01.51 ID:io8thXSEO
んでんで

79: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 15:15:49.92 ID:8o9X0ZZY0
なにこの>>1なんかすごい

81: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 15:47:21.74 ID:lBHJSQhH0
>>79

死地に追い込まれてるだけだから実力じゃないし割と誰でも必要に迫られれば出来るよ

80: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 15:18:47.82 ID:exjw4oWX0
対人運が悪すぎるな
今は良い人達に出会えているのか?

81: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 15:47:21.74 ID:lBHJSQhH0
>>80

UとかFとか妹ABとか弟とかは好きだよ
一生懸命頑張ってる高校生を見てると心が洗われるし、中学の頃よりはいい生活なんじゃないかな
でもまだ頼れる人はいないね
類は友を呼ぶって言うぐらいだし、俺自身が思っている以上にクズなのかも

82: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 17:20:42.93 ID:rRzfC/meP
支援

83: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 18:18:21.93 ID:lBHJSQhH0
そして迎えた高校三年生。
いよいよ次の進路を決定するときが来た。俺に向いた仕事は一つしか思い浮かばなかった。自衛隊だ。
芸の多彩さとしぶとさしか能が無く、色々な技術を工夫して使うことぐらいしか出来ない俺だが、軍隊ならこの特性を活かせると思った。
そして、軍人というものは究極の仕事の一つであるとも思うからだ。自分の命と国を守るために敵の命を奪い、場合によっては味方をも殺さなくてはならない。
まさに命のやり取りをする仕事だ。しかも失敗すれば大切な人たちの命が脅かされる。今まで妹弟の為にと思って生きてきた俺には正に適職ではなかろうか。
俺は防衛大学校と航空学生を受験することにした。一般曹候補生は学校の方針により、3つ同時の受験が出来なかったためあきらめた。

だが、ある日ついに俺は親の子であるというストレスに耐え切れなくなって親しい人たちにだけPCアドレスを携帯から送り、携帯を捨てて学校を逃げ出した。
もちろんPCはフォーマットした。2回フォーマットした。だって万が一調べられてえっちぃファイルでたら妹が恥ずかしいじゃん///
俺は脱寮してからただただ行く当ても無く一晩中歩き続けた。真夜中に山の中を永遠と歩いた。あわよくばヤのつく人たちにでも拾ってもらって、収入が入ったら妹Aと親に仕送りするつもりだった。
脱寮した次の日、俺は70kmほど進んだところにいた。そこでふと温泉が目に入り、浸かっていくことにした。
温泉は今まで入ったどの風呂よりも気持ちよかった。汗と途中の休憩で泥の上に寝転がった時についた汚れだらけの服を脱ぎ捨て、お湯をかぶるのは大変気持ちよい。
風呂に浸かってる間にふと「会長職の仕事ちゃんと引き継いでねえな・・・」とか考えてる自分がいることに気づいた。
これだけのことをしておきながら心はまだ学校にあるのが途端にバカバカしくなって、その日に電車で学校に帰った。先生にはえらく怒られたが、アレは俺にとって必要な遁走だったのだと思う。

84: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 18:35:24.62 ID:lBHJSQhH0
そして学校に帰って驚いたことが一つあった。どうもUは俺のことを本当に心配してくれていたらしい。
振った男を心配とか勘弁してくれよクソ俺最悪じゃんとか思いつつUからの説教を甘んじて受けた。俺のことを心配してくれてる人がいるうちはがんばってみようと思った。
そんでもってUにまた恋愛感情が湧いてきてしまった。俺は情が深い女に弱いらしい。
しかし、Uは前にも書いたように俺とは対極にいる人間である。下手に付き合っても上手くいかない。だから別に付き合いたいとは思わないが好き、そんな面倒くさい感情だ。
しかもU以外と付き合うつもりは更々無かった。たとえアイドルに付き合ってくれといわれても振る自信はある。こんなことをしてるから童貞王候補なのだ。

そして、防衛大と航空学生の受験は予定通り受けた。
防衛大は将来の指揮官や技官を育成する機関だ。
指揮官は友軍の損害を最小限にとどめ、任務を遂行するのが務めである。任務遂行の為には部下の命を切り捨てるのも仕事になるし、指揮官のミスは100人単位で友軍を殺す。敵と味方の命を紙の上で転がさなくてはならない。
航空学生は航空自衛隊、海上自衛隊のパイロットを養成する課程である。
俺は戦闘機パイロットに憧れていた。大空に行けば、そこにいるのは自分たった一人である。敵と戦う以上にそこにあるのは己との戦いである。

しかし、双方共に合格できなかった。日々の生徒会長としての激務に俺の体は音を上げていたのと、単純な学力不足である。
日々の勉学もどんどん身につかなくなっていた事を考えると当然の結果である。

85: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 18:46:12.03 ID:lBHJSQhH0
ちなみに不合格なのがわかったのは4日前のことれふ
現在俺は高校三年生、進路も住居のあても無いのが現状
来年も自衛隊受験するつもりだから派遣会社にでも所属しておくのが得策かなとは思ってる

86: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 18:55:29.28 ID:exjw4oWX0
まだ高校3年かよ

87: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 18:57:42.02 ID:lBHJSQhH0
>>86
うん
まだ高校三年だけどもうなんか色々終わってるw

91: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 19:05:48.21 ID:exjw4oWX0
>>87
途中送信したんだ
厳しいが後期はどうだ
がんがれ超がんがれ

93: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 19:36:42.79 ID:lBHJSQhH0
>>91
ありがとう
今日前期受けてきたけど前期ですら無理ゲーの俺としては後期はたけしの挑戦状レベル

一応受けるけど今年度は厳しいかもしれない

92: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 19:09:25.59 ID:mrafIT61i
>>87
自衛隊内もやっぱり屑はいる。
ソースは俺
でも確固たる意思があれば大丈夫

93: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 19:36:42.79 ID:lBHJSQhH0
>>92

就職先として自衛隊に来る人とか、滑り止めで自衛隊に来る人もいるだろうけど他の仕事に比べたら腐ってないと思う。
もちろんパワハラもあるだろうけど確固たる意思を持っている方はいるはずだし、是非入隊したい。

88: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 19:02:36.37 ID:8o9X0ZZY0
まだ高3なのかよwww

あんたすげーよ…

90: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 19:05:40.69 ID:lBHJSQhH0
>>88
すごいって言っても多分俺ぐらいの境遇が標準の国とか地域は山のようにある。
贅沢言ってたらそういう国の人間に申し訳が立たない。

89: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 19:03:04.67 ID:lBHJSQhH0
なんか質問ある人いる?
昔バックアップに使ってたUSBに昔書いた中学生までの書き溜め発掘したから貼っていい?

94: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 19:44:47.79 ID:lBHJSQhH0
需要無いけどせっかくだし発掘分載せとく。一人称が俺じゃないのは許してくれ。

夏の暑い日に産まれる。
この頃の記憶は薄いが飼っていた猫に遊んでもらっていたことを薄っすらと覚えている。
母子手帳を見る限り、私は良くお腹を壊していたようだ。
私が2歳になる頃、妹Aが産まれた。この頃の記憶はまだ曖昧であるが、親に兄となった旨を話された気がする。
シマリスを家で飼い始めたのはこの頃だったろうか。いまいち不明瞭である。
3歳。やっと記憶がハッキリしてくる。近所にすむ子供に家の前の公園でいじめられて家の裏口から帰宅したのが最初の記憶である。
また、この年にセラミックの安全包丁で指を切った。親が夜中にしばしば口論をするようになったのはこの頃からだろうか。親がお互いに名前で呼び合わなくなったのもこの頃からだった気がする。
4歳、幼稚園に入園。幼稚園のわりには高度な教育を受けられた。お陰で小学校に上がってからしばらくは何も勉強することがなかった。
幼稚園にいる三年間は「ウルトラ兄弟の中で最強は誰か?」という口論から一つ上の子供たちにいじめられるハメになったが、今から思えば可愛いものである。
ある日、犬の散歩から帰るとシマリスが死んでいて母と妹は泣いていた記憶がある。いつ頃かは覚えていない。
田んぼの上空を飛んでいる自衛隊の飛行機が大好きだった。

95: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 19:49:17.34 ID:lBHJSQhH0
小学校へ私は入学した。
父方の祖父母がランドセルを買ってくれた。家に置かれた勉強机が自分のためだけにある最初の家具だった。
幼稚園での教育のお陰でしばらく学ぶことは何もなかった。だが、逆にそれが仇となったのかいじめのターゲットになった。
幼稚園で私をいじめていた上級生グループが同じ学校にいたことも関係はあるのだろう。一年生の頃の担任は所詮子供であると思い、たかをくくっていたようで、傍観してるだけだった。まだ幼かった私には1人を大勢で虐げるのを止めない理由が分からなかった。
この頃から深夜に親が口論したり母が泣いてることが増えた。記憶にはないが、私は泣いている母を励ましていたらしい。

二年生。いじめはいよいよ本格的になってきた。持ち物は隠され、追い回され、それに対して反抗するといじめっ子は先生によってたかって「あいつに追い回される」と告げ口をされた。
もちろん私は先生にも親にも相談したが、夫婦喧嘩に夢中な親と、事なかれ主義を貫く教師には邪魔なだけだったようだ。
あろうことか教師は私1人を問題児に仕立て上げることで、いじめを無かったことにした。自分の身は自分で守るしかないと思った。
誰も助けてくれないという思いが次第に自傷行為へと私を走らせた。どうしようもない気持ちも痛みで忘れることができたし、自分を傷付ける限り誰にも怒られなかった。
この頃から親の深夜の口論は毎晩行われるようになっていった。そして、週末は母がアパートに寝泊まりする半別居が始まった。

3年生に上がった頃から、母はずっとスカイプで友人に愚痴を言う事に夢中だった。子供心にも不安が募るような病んだ雰囲気だった。
いじめは相変わらずで、私は慢性的な自家中毒に悩まされた。自傷もエスカレートし登校拒否をしていたが無理やり学校に放り込まれた。
もはや私にとって学校に行く事は苦行でしかなかったため、度々学校から抜け出した。この頃には明確に自殺を意識し始めていた。

96: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 19:51:46.10 ID:lBHJSQhH0
4年生へあがった頃、いつものように公園でいじめられていた私はついにブチ切れて、家にあったシャベルを振り回しながらいじめっ子を追い回した。
お陰で身体的ないじめは減ったが、陰湿な持ち物隠し等は更にエスカレートし、私への評価もいじめられっ子からヤバい奴へと昇格(?)した。
梅雨の頃、原因は覚えてないが雨の中川に飛び込もうと思い、家出したが近所に住むおばさんに見つかってしまったため未遂に終わった。
その時の担任は「いじめは許さない」と豪語していたが、そう言っている自分に酔っていただけだったようで私に向けた言葉は「お前が強くなればいい」だけだった。
教師は揃いも揃ってクズばかりだったと痛感した。この頃から自傷は太腿が黒くなるまで自分で殴りつけたり、痛みで吐くまで頭を壁に打ち付けるようになっていた。
今思えば大分異常だったのではなかろうか。
この頃家庭では、口論の機会は減ったが時たま親の手に書類が見られた。妹Aと私で一緒にふすまの間からその様子を見ていた記憶がある。

5年生に上がった頃、いじめは段々と無くなっていった。
担任が酷く乱暴な先生になったため、それどころではなくなったのである。今まで私をいじめていたグループは先生に怒られないかという事に気をもんでいた。
私はあまり怒られなかったが、掃除の時間にゴミ袋を捨てに行ったら「サボっている」と言われ、ダンボールで殴られて黒板に叩きつけられた記憶がある。
その先生はよく体罰を行い、倒れた児童にも容赦なく追い打ちをかけていた。
この年から父は近所のアパートに移り住み、母とは完全に別居するようになった。
そして、小5の冬に母方の祖母の家で母から離婚する旨を聞かされた。妹Aは泣いていたが、私はこうなることを予期していたのでさほど驚きはしなかったし、大して悲しくもなかった。
飼っていた猫と犬はこの年の秋のほとんど同じ時期に死んだ。精神的に病んでいた母はこの死を「私に道を示してくれたのだ」としきりに言っていた。

97: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 19:54:50.47 ID:lBHJSQhH0
私と妹Aは父に引き取られ、父の実家の近辺にアパートを借りて生活をすることになった。
かといって小学生2人だけでアパートに残したところで生活が逆に面倒になるだけなので昼間は祖父母の家で父の帰りを待ち、寝るときだけアパートに帰った。
アパートは家事をする人がいなくて荒れ放題だった。父は配偶者もいなくなり、かなり奔放な性生活を送っていたようだ。
家にはそこかしこに成人向けコンテンツがあった。
そのせいでエネマグラとオナホを知る小学生が一人誕生したのは内緒です。

兎に角この一年で記憶に残っているのは抜毛症とナルコフレプシー、情緒不安定な私に戸惑う友人の記憶がほとんどである。

そんな生活の中、父は再婚相手を探し始めた。1人目に連れてきたのは少し小太りなバツイチ子持ちの人のよさそうな人だった。
だが、私と妹Aは父の再婚を念頭に置いていなかったので再婚相手候補とは気づかずにスルーしてしまった。この時気づいていれば少しはマシな生活があったのかもしれない。
そして2人目に連れてきた人は痩せ型3歳の女の子(妹B)持ちバツイチの女性だった。彼女とのことに関しては完全に事後報告で、再婚を決めていたようである。
私は小学校卒業と同時にろくに写真すら取れないまま夜逃げ同然で引っ越した。卒業式で覚えてるのは、開始直後に隣にいた可愛いT木さんが泣き始めてて焦ったシーンのみである。
式の後には新夫婦と実母が居合わせて非常に気まずかった。

以上で発掘分終了

98: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 20:12:36.24 ID:qIEC3TFr0
2士か曹候補で出してみたら?
毒にしかならない親っているし、
役に立たない家庭からは出た方がと思った

学校の方針とか家庭内のルールとか糞食らえだぞ
>>1のためにケツ持ちする訳でなく、
組織だの自分だのの都合にしか過ぎないからな

99: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 20:21:33.30 ID:lBHJSQhH0
>>98
来年はそうするつもり。流石に二浪はできないし、自衛隊は何年飯食ったかが全てだと思ってるからできるだけ早く入隊したほうがいいと思うし。
毒にしかならない親との関係を絶つのは3歳になる弟が自立できてから。家からの脱出のしんがりは俺が務めるつもり。

たしかにそうなんだけど、その組織にいる以上はルールを守る義務を果たさないと筋が通らない。
妹弟に真っ直ぐ育ってもらうためには正面から正々堂々いどむ長男の姿って必要だと思うんだ。
心配してくれてありがとう。

100: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 20:37:04.40 ID:qIEC3TFr0
>>99
君の人生だし君の決断を尊重するよ
でも上でも自分で言ってたけど、武士道だ家族だルールなんかを
言い訳にしてないかってコトだけは自分に問い続けるとイイと思う

そうゆう責任感あるのは人としては好きだけど、
無闇に従うのは思考停止だよ

103: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 20:44:36.34 ID:lBHJSQhH0
>>100
thx
そうなんだよね
本当にそのとおりで、最近の悩みはそれ
比較的過程との距離を取れている今意識を直さないといよいよ人生バッドエンドになると思う
親にされたことをちゃんと認知して第三者的な目で見てしっかり親を恨むことから始めるのが今の俺の課題
今は自分の中でのルールを言い訳にして親を恨まずに許している状況だから、しっかり恨んだ上で赦さないと人間は成長できないとも思う
だから俺の武士道は歪んでしまってるんだと思う

102: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 20:40:08.89 ID:gAn1E+DG0
警察官になれ

104: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 20:50:09.68 ID:lBHJSQhH0
>>102
俺は警官には向いてないと思う
犯罪に走るしかない状況を知っているぶん、情に流される
極限まで追い詰められたら人は罪を犯さなければ生きていけない

しかも警察は組織としてもうダメだと思ってる
色んなところと癒着してるし、責任を負おうとしない
今回の遠隔操作事件の対応でもそれは見て取れると思う
警察を浄化できればそれに越したことは無いけど、個人の力じゃ無理
そして俺の世代は生まれたときから好景気がないサンドバック世代だから余計な反抗をしない思考回路の持ち主が多い

105: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:11:01.24 ID:lBHJSQhH0
ここ見てる人がいたら、俺は今後どうしたらいいと思う?
正直、心身共にそろそろ限界が来てると思うのだが自衛隊は精神科へ通っていた経歴があると入隊できない
しかし、恐らく心身症として視力聴力の低下や離人症のような症状がある状態
自分で治せればベストなんだけど、それだと時間がかかるかもしれない
そして金も無いから進学は出来ない

106: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:14:54.93 ID:gAn1E+DG0
実家に戻ってすべての元凶である親を始末する

108: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:17:49.56 ID:lBHJSQhH0
>>106
正直、遁走するときにそれは考えた
でもまだ妹Bと弟は幼いからかなりショックを受けるだろうし、養う人がいない
始末するのが一番理にかなっているとは思う

107: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:16:36.37 ID:IZeQx1gt0
ひとつ聞くね
寮を抜け出して帰りに電車に乗ったよね
温泉にも入ったし
お金持ってたの?
お金の支払いに関して親の通販の立替したり
なんとなく腑に落ちない点なんだよね

111: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:22:35.25 ID:lBHJSQhH0
>>107
家にいた頃は何年か貯金したお年玉から捻出してた
通帳が押さえられるかもしれないと思って常に手元に2万円ぐらいは貯金してたし、一時的に立て替える分には可能だったんだ

高校に入ってからは清掃のバイトをしてる
まあ不定期だから月に1000~3000円入ればいいほうだけど
あとは親戚からもらったお年玉を一年間で分割して使ってる
お金は洗剤とか文房具とかだけにつかってっるから、毎月500~1000円程度ずつ余剰が出る

だから遁走時点では1万円ぐらいは持ってた

141: 名も無き被検体774号+ 2012/11/12(月) 00:06:25.59 ID:bbUwjiFc0
>>111
親戚からお年玉もらってたんだね。
年末年始はサバイバル生活してたのかと思ってたよ。
よかったよかった。

146: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/12(月) 16:19:21.45 ID:quoYeZzR0
>>141
まあ寮が閉鎖する時期は殆どサバイバルでしたがw
厚着してお祭り騒ぎで疲れて寝ちゃった感を演出してベンチとかで寝れば何とかなるものです

109: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:20:13.26 ID:/ys4jz2g0
虐待とかで立件できんの?

112: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:24:24.91 ID:lBHJSQhH0
>>109
現行の法律では難しいと思われ
しかも出来たとしても証拠不十分で棄却の可能性高いと思う

110: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:20:54.73 ID:gAn1E+DG0
こんな歪んだ家庭にいたら妹も弟もいずれ似たような末路になるんじゃないの

112: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:24:24.91 ID:lBHJSQhH0
>>110
妹Bはすでに精神を病みかけてる
だからこそ、俺だけでも常に正しい背中を見せなきゃいけないと思う

115: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:29:52.80 ID:gAn1E+DG0
>>112
その背中からはもはや疲労しか感じられないだろう
もう一人犠牲者を増やすかあるいは・・・
もし卒業してすぐに身を立てるとしたら建設作業員か自動車工場とかの期間工あたりかな

116: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:33:48.16 ID:lBHJSQhH0
>>115
リアルでは元気にしてるつもりですけどやっぱりそんなもんですかね・・・・
でもここで俺が立ち止まってしまったら、妹Bも辛いでしょう
せめて俺が頼れる兄貴でいてやらないと誰が妹Bを支えるのかと思うと

118: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:43:41.96 ID:gAn1E+DG0
>>116
支える余力すら無くなっちまったらどうすんだよ?
自衛隊がダメなら消防士はどうだろう
高校のときに誘いがきたけど1日勤務して1日休みらしい

124: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:55:15.85 ID:lBHJSQhH0
>>118
廃人にならない限りそれは無いと思います
アイデンティティの中心に近いところに妹弟を支えることがあると思うので
廃人になったり、死んでしまったらそこで終わりです
そしたらもう辛いと感じることも無い代わりに何も感じられない、考えられないので手の打ちようがありません

じつは消防のほうが自衛隊より倍率高い
たしか自治体ごとの募集だから募集人数があまり多くないらしい

123: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:55:05.31 ID:mrafIT61i
>>116
本当に高3かどうか怪しいぐらい達観しているね。
それだけ経験していれば一般で入っても余裕だよ。
屑なのは何も経験が無い箱入り息子達だから相手にならんだろう。
でも本気で行くなら配属部隊は慎重にね。
そこまで自分を追い込める幅があるなら普通科でレンジャーか偵察隊、対戦車、空挺、戦車の戦闘部隊が良いね。
兄弟に関しては休みには必ず会う努力をしよう。高校を出て接点が減るだけで不安で堪らなくなる。そんなとき何かあったら一発だ

126: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 22:03:32.78 ID:lBHJSQhH0
>>123
達観するのが必ずしもいいとは限らないと思います
達観と諦観は殆どイコールだと思いますから
一般で入った後に、空挺か冬季レンジャーを越えた上で叩き上げで士官になれたらかっこいいとは思ってます
でもそうするにはまず体のコンディションを整えなくては無理でしょう

113: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:25:55.84 ID:egAoqnz7O
妹Bや弟も同じような虐待を受けてるの?

あと駐屯地近くで飲食店をやってた時、自衛隊に絶望して辞めていく人が本当に多かったよ

114: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:29:36.64 ID:lBHJSQhH0
>>113
妹Bは継母に過剰に叱られてる
ちょっとした事で2~3時間怒鳴り散らされる
親が再婚したときにはすでにそうだった
この前電話で話したときに学校で吐いてしまったそうだ
症状を聞く限り自家中毒みたい
出来ることなら代わってやりたい

弟はちやほやされてるよ
まあちやほやされてるように見えるだけで、それが普通なのかもしれないが

自衛隊に絶望ってどういうことでしょう?kwskお願いします

117: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:40:34.71 ID:egAoqnz7O
>>114
実子にもキチ発揮かぁ
それは本当に心配だね

多分1が今の剣道部に抱いたような絶望と似てると思う
思ってたよりちょっとだらしない大人の集まりで、本当に国の事を考えたらエリートコースで入った方がよかったかもとも言ってた

119: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:44:51.55 ID:egAoqnz7O
>>117
補足
幹部候補生みたいな人達は案外長続きしてたように思う
飲食店閉店しちゃってからあんまり自衛隊の人とも関わりなくなっちゃったけど、大体の人が3曹辺りで辞めてた

120: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:45:44.59 ID:lBHJSQhH0
>>117
自分より弱い立場の人間を攻撃して、自分より下がいることを確かめないと生きていけない弱い人間なんだと思います
だけど子供はそういうことがわからないから、自分が悪いと信じ込むほか無いんですよね・・・

そういうことですか
確かに国防を担う自覚が無い人間は思っているより沢山いるんでしょうね・・・

122: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:54:37.95 ID:egAoqnz7O
>>120
そういう人間いるよね
自分の弱さを更に弱いものを叩いて誤魔化すような
妹Bさんはいくつなんだっけ?
優しいお兄さんが心の拠り所になってるといいな

126: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 22:03:32.78 ID:lBHJSQhH0
>>122
たしか今年小学校3年生だったと思います
人格形成において非常に大事な年頃なので、とても心配しています

妹弟には会えるときに必ず会って、豆に連絡を取れるようにしたいと思います

121: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 21:50:11.14 ID:egAoqnz7O
自衛隊に入れば色んな資格がとれて再就職にはあまり困らないみたいだけどね
1があんまり頑張り屋だから心から応援したい気持ち
航空自衛隊の方はどうなんだろう
航空祭でみた限りは皆キラキラして見えたけど

125: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 21:58:57.03 ID:lBHJSQhH0
>>121
ありがとうございます
航空自衛隊が一番のびのびしてるみたいですね
熱血の陸上、伝統の海上、効率の航空って感じらしいです
自衛隊の再就職が成功しやすい理由として、与えた仕事は必ず形にして持ってくるからというものがあるみたいです
一般の仕事を任務の基準でこなすところが評価が高いとか

127: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 22:08:44.92 ID:egAoqnz7O
>>125>>126
そうかぁ航空自衛隊の人達はキラキラして本当に楽しそうだったもんな
まぁ中に入ってみなけりゃわからない苦労とかあるんだろうけど

小3か、でも1や妹Aほどの虐待は受けてないんだよね?それでも心配だけど

129: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 22:12:06.72 ID:lBHJSQhH0
>>127
それはわかりません
どれぐらい辛いと感じるかは本人にしかわからないことですので
2~3時間怒鳴り散らされるのも普通の子供としては十分許容量を超えているとは思います
児童相談所とかに匿名で通報するのも考えてはいます

131: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 22:21:02.50 ID:egAoqnz7O
>>129
それがまた何かしらで保護が失敗に終わったら虐待がエスカレートしてしまうのかな本当に厄介だ
キチ親♀はまだ若いんだっけ?
どうにかそれなりの処分を受けてもらいたいな

132: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 22:24:43.89 ID:lBHJSQhH0
>>131
まだ三十台半ばです
処分を受けるべきではありますが彼女も精神病を患っているわけで、回復して過去のことを悔やんでくれたら俺はそれ以上求めるつもりはありません
たぶん妹Aも同じような考えだと思います
それが後腐れなくやる唯一の方法ですので

133: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 22:28:37.43 ID:lBHJSQhH0
>>131
追記
むしろ一番罪深いのは父です
助けられる立場にありながら何もしなかった
トラブルの種を植えてケツをまくった彼こそが制裁されるべきであると思います

135: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 22:34:53.72 ID:egAoqnz7O
>>132>>133
精神に疾患があるからといって人殺ししても叙情酌量される今の世の中は好きじゃない
確かにお父さんもありえない
でも年老いた時に少しはいい方向に変わってくれてるといいね

137: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 22:38:34.19 ID:lBHJSQhH0
>>135
確かにそうですね。社会的には許されるべきではないと思います。
しかし、仮にも一度は母さんと呼んだ人間です。精神疾患は周りの理解と愛情が無ければ絶対に治らないものです。
だからせめて息子として幸せに過ごせるようになって欲しいとは思います。

この考えがあるから恨むことが出来ないんですけどww

139: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 22:50:45.90 ID:egAoqnz7O
>>137
1はなんて健気なやつなんだ;;
でもそれほどしっかり親の事を思いやれて将来のビジョンも出来てる1なら、今そんなに病む事はないんじゃないか?とも思う
いや状況はかなりしんどいだろうけどね

1は一人じゃない、応援してくれる人にちょっと位は甘えてみてもいいと思うんだ

144: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/12(月) 07:10:12.45 ID:GxnB0ky70
>>139
自分が正しいと思うことをしているまでです
考えているだけでは現実は変えられないし、妹弟のこともあるのでできるだけ迅速に体勢を整えたいのが現状です
でも確かに病んでいても何も変わらないんですよね

甘えるのは苦手ですが、少しは他人の世話になれるように努力はしているつもりです
と言ってもU相手に試験で落ちたりした時にちょっと愚痴を言う位が限界ですがw
今この不安定な状況で甘えてしまったら他人に依存したり、心が折れてしまいそうな気がするのが怖いです

128: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 22:12:01.53 ID:egAoqnz7O
1の第一志望が自衛隊関係ならしかたないけれど、他に魅力を感じる職業ってあるのかな?
今が限界と感じてるのを放置しておくのもまた心配
ここで愚痴る事で少しも心が軽くなってくれてるといいんだけど

130: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 22:15:26.54 ID:lBHJSQhH0
>>128
弁護士とか児童福祉関係とかには魅力を感じてますが、自分の感覚があまりにも他とかけ離れていたり、正しい愛情というのがわからないので辞めたほうがいいかもとは思ってます
今までも常に限界でやって来たのですが、今後は体がどんどん付いてこなくなるでしょうね・・・
文章にすることで多少は整理できたと思います

134: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 22:28:39.53 ID:egAoqnz7O
>>130
児童福祉とか1にぴったりな気もするね
心身共に限界と感じるならやっぱり病院には行った方がいいと思う
どんな道を選んでも体がついてこなくちゃ、しんどいだけだぞ

136: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/11(日) 22:34:57.30 ID:lBHJSQhH0
>>134
ただ、自己表現が本当に苦手で多感な子供相手に上手く立ち回れないと思います
でも辛い状況にある子供たちを助けたい気持ちはあります
自衛隊にしろ、児童福祉にしろ理不尽な力から人を守る点では同じですから

病院に関しては本当に悩みます
入隊の妨げにさえならなければすぐにでも行きたいのですが・・・・

厳しい環境で育った結果として自衛隊で国を守るのと児童福祉で子供を守るのでは、
自衛隊のほうがスケールが大きくて妹弟の誇りになれるかなっていうのも自衛隊志望の大きな理由の一つです

138: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 22:41:42.50 ID:egAoqnz7O
>>136
確か市役所とかに虐待を受けてる子供を救う科があるとか聞いた事があるが詳しくはわからない
曖昧な情報でごめん

立派に仕事して自立しながら愛情さえ与えてもらえたらどんな職業に就いても妹弟達には最強に誇れる兄ちゃんだと思うぞ

144: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/12(月) 07:10:12.45 ID:GxnB0ky70
>>138
俺も聞いたことあります
でもまだまだ法律の関係で子供を救いきれないようです
確かに仕事に貴賎は無いですね!

140: 名も無き被検体774号+ 2012/11/11(日) 23:35:26.85 ID:6X3bcWdV0
文章を読む限り>>1は頭が良いし、メンタルも強い。
まだ何にでもなれるチャンスはあるのだから、是非初志貫徹して日本を支えて欲しい。

145: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/12(月) 07:19:19.76 ID:GxnB0ky70
>>140
ありがとうございます
頑張ります

143: 名も無き被検体774号+ 2012/11/12(月) 02:30:25.84 ID:+oolzcKm0
自衛官にならない場合、職人系を除くと進学がいいとおもうのよね
学費に関しては奨学金+バイトでおおむねなんとかなるよ
センター出願してる?国公立のほうが圧倒的に楽ではある
受験料についてはどうなんだろう…?
ドケチ板に学費を自分で工面してた人たちのスレがあるから見るよろし

しかし防衛医大なら受けたことがあるんだが
10月に高3終了まで仕上げるのは無理で撃沈したわ…

145: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/12(月) 07:19:19.76 ID:GxnB0ky70
>>143
センターは受験料の確保が出来なくて出願してません
ウチの学校は生徒会長が大した権力も無いのに、雑務が非常に多くて9月から今まで土日がちゃんと休みだった日を数えると両手で事足りますので
しかもちょっと高校の偏差値的に自主勉強でカバーできかねる授業ですので国公立はかなり難しいです
国公立と言ってもピンキリなのはわかっていますが・・・

防衛医大はアレは本気で医者になりたいけど金銭的に余裕がない方が集まるのでかなりのエリート集団と聞いたことがあります

148: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/12(月) 20:36:45.14 ID:quoYeZzR0
気まぐれで調べてみた児童相談員レベル高すぎわろた・・・
競争率100倍とか航空学生より高いじゃねえか・・・w

150: 名も無き被検体774号+ 2012/11/13(火) 20:46:57.48 ID:OA4oMAwB0
これからの結論でたのか?

応援してるから頑張ってな

154: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/14(水) 21:28:29.59 ID:Gg96ULfj0
>>150
結論は出てないですねー
でも正しいと思うことを続ける事が重要とは思っています。
ありがとうございます

155: 名も無き被検体774号+ 2012/11/14(水) 21:50:41.10 ID:RRq1bk9f0
>>154
律儀な奴だなw
まさかスレ立てた時に高校生だとは思わんかったわ…

流されようがそうであるまいが1はしっかりとした信念があるんだな
スレタイに歪んだとあるが、内容は裏腹だったw
これからも人生の岐路に立たされることはあるだろうけどその信念貫いて頑張れよ
1がいずれきっと良い出来事に巡り会えると信じて応援してるからな!!
若いのに逆境にめげず努力している話を聞かせてもらったよ、乙!

レス不要、スルーしてくれ

156: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/16(金) 20:55:17.16 ID:Nyr+un6X0
>>155
一つ書いてないことがあったから書くついでにレスさせていただきますw

人は三食食べられて、屋根があるところで寝られて、着るものがあれば後は自分は何を感じながら生きていけるかだと思ってます。
季節の移り変わりとか子供の遊ぶ声とか小さなことに幸せを感じられればそれはとてもすばらしい人生ではないかと
だから、自分自身に後ろめたいことが無いようにこれからも頑張ります。
ありがとうございます。

159: 名も無き被検体774号+ 2012/11/16(金) 22:14:10.67 ID:0WbDzAhq0
>>156
そういうことさらっと書かれるとな…w
平凡でささやかな幸せとかそういうのか、誰かが既に書いていたが本当に1はその年齢で達観してる

母親が1と暮らしたいかどうか、1の妹達はどうするのか、この辺りが気になるのと1自身はどうしたいのか

個人的には一緒に暮らして欲しい所

161: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/16(金) 22:27:40.09 ID:Nyr+un6X0
>>159
実母は自分と暮らしたい反面、金銭的に厳しいと思っている。
妹Aは実母に割りとベッタリだから万が一何かがあっても逃げ場はあるはず。
妹Bと弟は今のところ逃げ場なし。ここで自分が実母と距離をつめれば当然父の家庭とは離れることになるから、
自分が避難場所となるのは現状よりも非現実的になる。
実母も若干メンヘラ入ってる分毒されないか心配というところも実はちょっとだけある。
自分の希望としては、屋根があって飯が食えれば何処であっても文句なし。

こんな感じです。
なかなか難しいですよね。だからこそ実母、父とは等間隔を取ってどちらかをひいきしない様にできるという面でも自衛隊は良かったのですが・・・w

162: 名も無き被検体774号+ 2012/11/16(金) 22:54:20.77 ID:0WbDzAhq0
>>161
なるほどなー、苦渋の選択か
兄妹の逃げ場どうこうより、まず選択後の1が「どうなるか(どうなってしまうか)」じゃない?
159で個人的な意見言った後でなんだが、161見ると実母と住むという選択はそれなりの覚悟がないと難しいように思う
1が一番頼られる、踏ん張らなきゃいかん時期や場所で、1を犠牲にして兄妹と実母を選択と言うことになるからな
ちょっと確認するけど兄妹達だけで暮らすか、実母と共にか、ってことで良いんだよな?

あと、文句なし、と言うより肉親として1は実母と一緒に住みたいのかどうか

164: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/17(土) 11:40:06.60 ID:1Vxa+n6X0
>>162
現在妹Aは自分と同じ学校の寮、妹Bと弟は父の家庭にいます。
来年に限った話でいうと「実母+1」「1のみ」「その他の親戚などで居候させてくれる家を探す」
の3パターンが有力だと思います。
でも将来的には自分を妹弟の逃げ場とできるようにしたいとは思っています。
ですが、今の妹Bと弟のことを思うと父家庭に頭下げて一年間サンドバックに徹しつつ妹Bと弟の近くにいてやるのも一つの手なのかもしれません。
その場合まともな生活は保障されませんが。

1の希望としては、実は住処は本当にどうでもいいのです。
あまり自分の事についてどうしたいとか考えることができない性質なので。本当はこれだとマズいのでしょうけど・・・w
だからといって精神科とかに行って治療を受けるのも自衛隊入隊に支障をきたすっていう堂々巡りw

強いて言えば、どの選択が最善をもたらすかということが自分の中では重要です。
「あのときの自分の甘えが状況を改善できなかった原因だ」と後から悔やむのが一番辛いと思いますので。
媚びぬ、退かぬ、省みぬを突き通したいですね

167: 名も無き被検体774号+ 2012/11/18(日) 12:19:54.47 ID:j9XAOjC70
>>164
んー、その三つからってことか
金銭的な面が不安だってのはどれにしてもついて回りそうな気がする
親戚に居候ってのは今の1にとって精神的な負担が他より大きくなりそうな感じも
てことで俺は実母+1が良いように思える、一端来年?までの間はな
今言うべき言葉じゃ無いかも知れんけど結果「だけ」を考えていると思わぬ落とし穴に嵌る事もある
上手く言えんけど「結果だけのベスト」より「途中経過も見えているベター」ならそちらを選べる心の余裕もあって欲しいと思う

退かぬ媚びぬ省みぬ、1が確信を持てるならば言葉通り貫いて欲しい

169: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/18(日) 23:21:51.91 ID:RkAJBfts0
>>167
やっぱりそれがベターですよね
確かにベストだけを取っていこうとしたら何処かで無理が出てくるかもしれませんね
それよりは少しは遊びのあるベターもたまには選ばないとダメかもしれません
その視点は持っていませんでした

151: 名も無き被検体774号+ 2012/11/13(火) 21:28:21.26 ID:qP7Hlvp/O
親に見つかったらヤバイだろうと思ってずっとsageてた
ここが残ってたらここでもいいだろうけど、また気持ちがしんどくなったら愚痴思いっきり聞くから今度立てる時は親バレしなそうなスレタイでwww

>>1のこれからに幸せが沢山訪れますように!応援してるぞ!

154: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/14(水) 21:28:29.59 ID:Gg96ULfj0
>>151
見つかったところでいまさらですよw
本当に気になさらないでくださいな。
お心遣いうれしい限りです。ネットのどこかには自分を応援してくれている人がいることを忘れないようにしたいです。

152: 名も無き被検体774号+ 2012/11/13(火) 21:35:53.02 ID:DB6mcdXT0
気付いたら終わってた
書いている以外にも多くの受難があったんだろうが1の精神力はそれを上回っていたってことだな
これからが1にとって最良のものになるように!
頑張れ!
乙!

154: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/14(水) 21:28:29.59 ID:Gg96ULfj0
>>152
必要に迫られて生きてきたまでです。もう少し胆力があれば状況をよく出来ていたのかもしれませんし・・・w
応援ありがとうございます。

153: 名も無き被検体774号+ 2012/11/13(火) 23:52:36.00 ID:hBrdHuJqO
とても高校生とは思えん。。
これからの進路は悩ましいトコロだな。
いづれにしろ20歳まで親無しでは
契約事を何一つ出来ない。
取り敢えずそれまでは出来るだけお金を貯めた方がいい。

154: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/14(水) 21:28:29.59 ID:Gg96ULfj0
>>153
アドバイスありがとうございます。
とにかく成人するまでに足元を固められるようにしたいです。
進路は本当に先が見えないですねw

157: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/16(金) 21:00:40.70 ID:Nyr+un6X0
書いてなかったことで少々相談

実は今、実母が股関節と子宮を患っていて仕事ができていない状況
一応休職という形になっていてわずかばかりの給料はもらえているらしいが、どうするべきだろうか
来年は浪人がほぼ確定している今、実母の家に居候させてもらうのが一番現実的な状況なんだけど、食い扶持を増やすことになる
もちろんバイトはするつもりだが雀の涙だろう
他のところで過ごした方がいいだろうか?

158: 名も無き被検体774号+ 2012/11/16(金) 21:43:21.43 ID:YDZ3kWBUi
>>157
実母にたいしてどんな気持ちかわからんが親孝行したいときは親は無しとも言うしね。
憎んで無いなら絆を深める意味でも同居して支えるが吉じゃないかね。
妹達の逃げ場も確保出来るし

160: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/16(金) 22:22:08.37 ID:Nyr+un6X0
>>158
恨んでいるということは無いですが、過去を悔やんでは欲しいですね
いつも「全部父が悪かった!私は子供のときからネグレクトで愛情不足だった!辛い状況にあったのに気づかなくてごめん」
って言うような主張なんで、根本的に自分の非を認められていないんですよね
仮にも一度は愛し合って結婚した仲だし、子供は夫婦の下に生まれるわけですから責任はどちらにも等しくあるべきだと自分は思っています
ですから実母、父がちゃんとそのことを理解して悔やんでくれるまで一線を引いておきたいのも事実なんです
悔やんでくれれば後は何も要求しないので
変えられない過去を悔やむことを罰として背負って欲しい

でも身体的に厳しい状況であれば相手がいかなる事情であっても支えるべきなんですよね・・・w
妹Aは元から母親っ子だったので実母とは仲良くやっているようです

妹Bと弟の避難場所にはなりえないあたりが渋いところ

168: 名も無き被検体774号+ 2012/11/18(日) 15:12:11.73 ID:mmWGogbo0
>>160
健常な母親でも反省無理な奴は無理
過去のことを悔いてもらおうなんて思わない方がいい
少なくともあと20年くらい

うちの母、60過ぎて「叩く親」についてのTV番組見てて
「私はここまで酷くないよね」と言い放って
兄弟全員にpgrされてた

169: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/18(日) 23:21:51.91 ID:RkAJBfts0
>>168
確かに人間にはどうしようもない類はいますよね
コンクリ殺人事件の犯人なんか見てると害にしかならない人間もいると思います
でも「明日こそ、明後日こそ」と思わないと心が持ちそうに無いです
たとえ現実がそうであっても今の自分では受け止めきれないと思います

149: 俺 ◆fH9fVUpi9E 2012/11/13(火) 20:26:45.04 ID:AeE0MPQr0
皆様お付き合いありがとうございました
色んなアドバイスや励ましの言葉をいただけてとてもうれしかったです
文章にしてみたら色々な視点が見えてきたのでこれからはそれも考えようと思います
ご支援いただいた皆様ありがとうございました