幸薄い母ちゃんの話を聞いてくれ

1: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 01:27:02.07 ID:6kKVfbJb0
山場終えたら力抜けて抜け殻のようなんだがwwww
なんだよ抜け殻ってwwwww
蝉の抜け殻とかww昔集めたよねww
2: 1 2011/03/11(金) 01:31:01.06 ID:6kKVfbJb0
スペック


二十代前半www乙wwww
おんな

母ちゃん
四十代後半www
ここの家系女性は髪の毛薄いwww
おなかぽっこりだけどwwwスイカでも入ってんのかとwww
顔は整ってて美人だと思うよwww

3: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 01:37:48.56 ID:6kKVfbJb0
一番古い記憶は、母ちゃんが親父に蹴られてるとこwwwww
草生やしてないと話せないwwwwww

親父は短気な人で、
自分が機嫌良いときはノリノリなんだけど、www
嫌なことがあったり喧嘩になったりすると大声で怒鳴ったり
暴力振るうような奴なんだよねwwww
短期とかカルシウム不足だっつのww小魚食えっつのwww

5: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 01:38:18.38 ID:92Hb4+Kz0
まぁ、なんだ。
とりあえず続けなさい。

6: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 01:39:18.09 ID:6kKVfbJb0
タイピング遅くてごめんwwww
いざ書いてるとなんか手震えてきちゃってwww

7: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 01:40:38.50 ID:qdF6z+e50
おちつけ

8: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 01:41:48.00 ID:pQyUrAUk0
わかったから早く語れ

9: 1 2011/03/11(金) 01:43:53.05 ID:6kKVfbJb0
多分この古い記憶は3歳か4歳ごろのものだと思うww
幼女だった自分まじ可愛かったよwww
昔の写真とか見るとテラ小動物みたいな顔してやんのwwww

親父はこの頃からろくに家にいない奴で、
何日も連続で帰ってこないような日もあったwwww
そのころは父親ってそれが普通だと思ってたwwww
いればいるで、些細なことで機嫌損ねて、
喚いて暴れて酒飲んで、母ちゃんボコボコにしてさwwww
幼女な自分は泣くしかなかったねwww
それでもそういう光景ってはっきり鮮明に残ってんだけどさwww

10: 1 2011/03/11(金) 01:49:47.42 ID:6kKVfbJb0
ありがとう、落ち着くようにするよ。
話わかりにくいあったらとこごめんwwww

母ちゃんはそういうことがあると、
次の日起きたら、昨日怖い思いさせてごめんねってあやまってくんのwwww
なwwwぜwwwww母ちゃんがあやまるのかとwwwww
痣の色やべーじゃん、病院行けよwwww
母ちゃんそういうので病院行ったこと結局一度も無かっただろうけどwww
そんなとこ我慢強くなくてもいいだろとwww

母ちゃんはすげえ優しくて、でも怒ると怖くて、躾も超怖くてwwwww
アレルギーがあった幼女時代の自分のためにすげえ色々頑張ってくれる
優しい母ちゃんなんだよwwwww
美人だしwww下半身でぶなんだけどwww

11: 1 2011/03/11(金) 01:54:51.26 ID:6kKVfbJb0
でさ、幼稚園時代からちょっと発達?が早かったっぽいのwww
お勉強は出来てたんだけど、
今考えると、良い子にしなくちゃしなくちゃってこの頃からよく思っていた気がするww
母ちゃんが良い子にしてなさいねって言ったらそりゃ言うこと聞くもんよwww

12: 1 2011/03/11(金) 02:04:21.86 ID:6kKVfbJb0
で、今考えると不審な行動するようになったのは
小学校入ったあたりからだったなwwwww
勉強出来たりしても、なんか不安定というか起伏が激しい子どもみたいなwwww

しかも子どもの頃って、容赦なく虫とか殺しちゃったりするじゃん。
ああいうのすごいやってたんだよねwwwwww
あと万引きしたり、発達の遅い子にいじわるしたり、
あれはイタズラとかいうレベルじゃなかったwwwww
当時の気持ちは覚えてないけど、
計算して、バレないように狡猾にやるんだもんwwww
なんでだよwwww7歳なのに何やってんだよwwwwwww

この頃親父はほとんど家に帰ってこなくなっていたwwwww
たまーーーーに帰ってくるぐらいでさ、
帰ってきては喚き散らしてさ、
家に生活費も入れなかったみたいで、
母ちゃんそれまでは専業主婦だったんだけど、
飲食店で働き始めたんだよw
うwwwはwwww鍵っ子wwww
これが噂の鍵っ子www鍵持ってるとなんかかっこいい気がしてたwww

13: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 02:08:09.19 ID:qdF6z+e50
家計は親父で成り立ってるわけじゃないのか。

15: 1 2011/03/11(金) 02:13:05.76 ID:6kKVfbJb0
>>13
母ちゃんが飲食店で働き始める前までは、
親父で成り立ってたよwwww
でもなんの仕事してるのかはまだ知らなかったけどwww

生活費あんまり入れてくれなくなったから、
母ちゃん久々に働きに出たみたいだよww

14: 1 2011/03/11(金) 02:11:05.54 ID:6kKVfbJb0
朝早く起きて、朝飯や学校行く準備手伝ってくれて、
自分も働きに出かけて、
夕方前の休憩時間に幼女の夜ご飯を作りに帰ってきて、
またすぐ職場へ戻る母ちゃんwww
帰って来るのは23時とかwww

母ちゃんすげー働いてたwwww
幼女自分のこともちゃんと面倒見てくれてたww
家もいつも綺麗だったwww
だからさ、いきなりの生活変化に戸惑ったけど、
さみしいとか言えないよねwwww
母ちゃんがんばれーとしか言えないよねwww
お皿洗い手伝って、グラス割っちゃっても、お手伝いえらいねぇとか言われたら
そりゃ良い子にするしか自分には出来ないよねwwwww

良い子にしたい気持ちと、不審な行動、これは同時期に起こったことだったと思う。

16: 1 2011/03/11(金) 02:18:34.82 ID:6kKVfbJb0
この頃から不思議に思ってはいたwww
母ちゃんこんな大変そうなのに、
親父はなんでジャラジャラ高そうなもの新しくしてるんだろうってねwww
今思い出すとさ、ブランド物とかばっかりなんだよww
親父の持ってる物がさwww

飲食店やり始めてから母ちゃんの手はアカギレだらけなのにwww
ところでアカギっておもしろいよねwww

小学校2年生くらいかなwww
電話の留守電に男の人の怒鳴り声が入るようになったwww
金返せーーーーーーーーーーー!!!みたいな留守電がねwwww

17: 1 2011/03/11(金) 02:26:34.07 ID:6kKVfbJb0
こういう電話ってさ、本当に典型的なのwwwww
「ゴルァ!!金返せや!!!!」みたいなさwww
幼女な自分はまじgkbrだったよwww

母ちゃんから、家の電話は出ちゃ駄目って言われたwwww
でたくねーからちょうどいいよwwwデュフフww

母ちゃん真面目だから職場でも信頼されてるみたいでさ、
職場の人が幼女な自分をよくかまってくれたwww
この人達テラやさしすwwwww

あまりに会う時間が無いから、
母ちゃんが交換日記とかやろうって言い出したのww
今日どんなことがあったかとか教えてね、みたいなwww
バーローwwww交換日記ってwwwwwwなんだよwwww

朝起きたら母ちゃんが毎日2行くらい返事書いててくれるのが嬉しくてさ、
もうめっちゃ書いたねwwww

18: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 02:28:25.60 ID:QTR2obnF0
ふむふむ。
それで~

20: 1 2011/03/11(金) 02:31:32.10 ID:6kKVfbJb0
母ちゃんが返事にうさぎとか描いてくれんだけどさ、
これwwがwwwwすっげーへたくそでさww
全然可愛くないけどwwww毎回変な絵描いてくれてさww

私がテストで100点とったよ、とか書くと、
えらいねぇって書いてくれんのwwwwwww
すっげー褒めてくれんのwww

だから調子に乗って、もっと褒めてもらいたくて、
学級委員とかなっちゃうし、勉強も頑張ったし、クラスでは模範生徒だったと思うよw
良い子になるために必死だったねwww
それと伴い悪化する不審な行動wwwwww

親父はこの頃全然帰ってこないwwwww

22: 1 2011/03/11(金) 02:34:11.06 ID:6kKVfbJb0
そういう生活サイクル繰り返してたら、小学校中学年の頃かなー
ここ3年ほぼいなかった親父が
帰ってくる頻度がだんだん増すようになったwww

23: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 02:38:38.12 ID:dNrpWXfcO
辛くて芝生やす気持ちは分かるが少しケツの力抜きな
いいおかんに恵まれて良かったな

24: 1 2011/03/11(金) 02:40:53.12 ID:6kKVfbJb0
母ちゃんは仕事大変そうだったけど、親父があまり帰って来ない時期は
すごく穏やかだったwwww
なのwwwにwwさwww

親父が帰ってくるようになる

超くだらない事で機嫌損ねて、暴れだすwwww
(例えば、
「俺の○○の靴どこあるか知らない?」
「ごめんなさい、あまり使わないみたいだから奥に閉まっちゃった。」
「あまり使わないィ?亭主が使うものなのにお前は!!!ふじこふじこ!」
みたいな意味のわからないことねwwwどう見ても理不尽なことねwww)

母ちゃんフルボッコwwwwwwwwwwwwwww
母ちゃんが作った飯もひっくり返してあぼんwwwwwwwwwww
ちょwwwカキフライ落ちたけど拾って食ったけどww

こんなことが高い頻度で起こるようになると、
だんだん母ちゃんは笑わなくなっていった

25: 1 2011/03/11(金) 02:45:21.19 ID:6kKVfbJb0
母ちゃん家事もするし、よく働く。
それは変わらないのに、
家の中で笑わなくなってピリピリするようになって、
私が良い子にしても、100点とっても運動できても
棒読みで「えらいね」としか言ってくれなくなった。
前は満面の笑みで言ってくれてたんだけどさ。

親父がいる時はビクつきながら細心の注意を払っているのが、
10歳ごろの私でもすごく感じ取れた。

27: 1 2011/03/11(金) 02:49:38.55 ID:6kKVfbJb0
母ちゃんは元々お酒が好きだったんだけど、
私が見る限り深酒はしない人だった。

そんな母ちゃんが飲むようになった。
正直酒は親父のイメージがあったんで嫌だったけれど、
母ちゃんも大変だしなって思っていた。

酒を飲む量が増していく母ちゃん。
でも家事もするし仕事も行く。

ただ、変わったのは、酒の力のせいか、
今までは親父に殴られている時黙っていたのが、
反発するようになった。

28: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 02:54:09.24 ID:Qy7nLZNL0
すげぇな。
悩んでる自分がバカみたいだ。

29: 1 2011/03/11(金) 02:54:18.85 ID:6kKVfbJb0
うちの親父みたいな野郎にはさ、
こういうとき反発するとすげーことになるんだよ。
今までは支配下だった物が反発してくると許せないんだろうね。

母ちゃんが反発すると、激昂して、さらに殴って、
自分でも怒鳴りすぎて何がんだかわからないことを言ってるんだよ。

今まで顔は痣が残るようには殴られていなかったのに、
顔まで殴るようになった。

怒鳴り声がすごすぎて、近隣の人に警察呼ばれることもしょっちゅうだった。
この頃引っ越して、
前よりもグレード低いとこに住むようになったから、
怒鳴り声とか丸聞こえだったんだよね。

30: 1 2011/03/11(金) 03:01:17.80 ID:6kKVfbJb0
ちなみに、私はこの時もやっぱりまだ泣くしか出来なかった。
この頃(10歳ごろ)、
父親の怒鳴り声を聞くと、身体がガクガクブルブル止まらなくなる癖がついていた。
私に対してまだ暴力とかはされたこと無かったんだけど、
父親の怒鳴り声聞くと瞬時に歯がカタカタ震えだすようになった。

次の日、母ちゃんに優しく謝る親父を見て、
ワケガワカラナイ状態だった。
謝るならやらなきゃいいのに…って思ってたよ。

ちなみに、親父はこの頃までは、
私に対してまだ一応優しかった。
自分のおもちゃみたいに人を愛する人なんだよね。
威圧的で、所有欲と支配欲が強くて、
そういう愛情を私に向ける人だった。

身体がだんだん発達しだしたころ、
身体を見せろといってきたり、
服越しに触るようになってきた。

こういう話が苦手な人はごめんね。

31: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 03:01:59.79 ID:qdF6z+e50
警察は解決してくれないの?こういうのは家裁とかか?

35: 1 2011/03/11(金) 03:09:03.70 ID:6kKVfbJb0
>>31

そこの地域のおまわりさんがたまたまかもしれないけど、
あくまで、夫婦のことは穏便に…って感じだった。
とりあえず騒音だけ気をつけて下さいみたいな。
なんだかあまり介入したくねーよみたいな空気があったなぁ。

今だから思うけど、よっぽど大怪我してない限りは、

母ちゃん側が行動を起こそうとしない限りどうにも出来ないって感じだったよ。

32: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 03:04:49.50 ID:dNrpWXfcO
つらいだろうけど
語れるってことは乗り切ったのかな?頑張れ

35: 1 2011/03/11(金) 03:09:03.70 ID:6kKVfbJb0
>>32

ありがとう、まだまだ続くしこれからもっと嫌なところも出てくるけど、
よければ見届けてもらえたら嬉しい。

33: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 03:06:23.06 ID:QTR2obnF0
お母さんの深い愛には感服

DV受けると子供にあたる人もいる中で、愛あふれてる。。

36: 1 2011/03/11(金) 03:11:53.26 ID:6kKVfbJb0
>>33

ありがとう、母ちゃんのことそう言ってもらえると嬉しい。

34: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 03:08:12.95 ID:0bFZE34V0
私もお父が兄ちゃんフルボッコにしてた時何もできなかった。
ただただ殺意を抱く事しか出来なかった。

>>1の話聞いて思い出した。
チラ裏すいません。

36: 1 2011/03/11(金) 03:11:53.26 ID:6kKVfbJb0
>>34

女はさ、こういうとき何も出来ないの、
本当に苦しいよね…

35: 1 2011/03/11(金) 03:09:03.70 ID:6kKVfbJb0
でも、多分なんだけど、今思い出してみても、
性的に興奮するからそういうことをしてきたのではなく、
【自分のモノ】だと認識しているから、
私の全てを把握していたいんだろう。と思う。

上手く伝わらなければ申し訳ないんだが…。

37: 1 2011/03/11(金) 03:18:11.71 ID:6kKVfbJb0
そのうち、何度も騒音で警察呼ばれるから、
お母様ネットワークで同級生の間にそういうことが広まってしまった。

「お前んちのかーちゃんて殴られてるんだってー!?
おまえかわいそうだなー!www」
みたいなさ。
子どもって残酷だぜ。

家のことを外で話すのはタブーだったから、
肯定も否定も出来なかったけれど。

そういうこと言ってきたやつを徹底的に苛め倒すようになった。
この頃から、心の中のぐちゃぐちゃな気分を自分より弱者に向けるようになってしまった。
低学年の頃の不思議な行動は止み、
かわりにそういう噂を流す子をいじめるようになってしまった。
不審行動はわけがわからずやっていたけれど、
いじめは、完全に悪意を持ってやっていた。

もう母ちゃんは交換日記を私が書いても返してくれなくなってしまっていた。

38: 1 2011/03/11(金) 03:24:58.81 ID:6kKVfbJb0
優等生にしていたからか、
小学校の頃いじめが表沙汰にはならなかった。
先生達も気づいていたかもしれないし、
裏では問題になっていたかもしれない。

いつの間にか他人を捌け口にするようになったこと、
この時はなんとも思っていなかったんだ…。

ほぼ家にいるようになった親父。
どんどん元気が無くなる母ちゃん。
心が不安定まっしぐらになっていく自分。

小学校高学年になったころかなぁ。
お正月に毎年双方の親戚の家に行っていたんだけど、
実はずっと疑問に思っていたことがあった。
いつも親父達がお金の話をしているんだよね。

39: 1 2011/03/11(金) 03:31:35.41 ID:6kKVfbJb0
そんでさ、小さい頃から聞いてきた話を遡って総合すると、
親父親戚中に金借りてるみたいなんだよねwww
しかwwwもwwww大量にwwww

親父は家族以外の前だとすごく虚勢を張る。
俺は昔すげーグレててこの辺統括してたんだぜ!とかwwww
そういうのは一応笑い話として話すけど、
その他のことでもすごく他人に嘘をつく人なんだ。
息をするように嘘をつくっていうか。
そして、嘘がうまく、人がどういう部分でグラつくのかをよく知っている。
だから人からお金を借りるのが悲しいくらい上手い人なんだよね。

40: 1 2011/03/11(金) 03:35:24.73 ID:6kKVfbJb0
自分の親戚にはもちろん、
母ちゃんの親戚にも、母ちゃんに借りさせていた。
親父は自営業で色々やってるって言ってたけど、
私には未だになんの仕事してるか謎の人だった。

41: 1 2011/03/11(金) 03:41:56.67 ID:6kKVfbJb0
そして、金返せゴルァ!!!の電話も頻繁にかかってきてはいたが、
留守電にしょっちゅう
お金必ず返すんで待ってくださいみたいな電話も入っていた。

ほぼ家にいるようになったことで、
家で仕事の電話をするようになった親父だったが、
仕事の電話をする時は扉をピッタリと閉めて電話していた。
でもさ、声ってやっぱ微かに漏れてくるじゃん?
ようやく色々なことがわかるようになってきた高学年の頭で話を総合するに、
親父は、個人へ高利貸しをしているようだった。

42: 1 2011/03/11(金) 03:48:13.13 ID:6kKVfbJb0
なんかさ、それがどんな職業かっていうことよりも、
もしかして、うちって普通の家とは違うんじゃ…ってのがようやく意識し始めた。

もうさ、当時わけわかめwwwwwまじでwww
なんか頭ついていけないよデュフフwみたいな感じだったよ。
うちって糞男が暴れまわるわ、借金だらけだわ、職業まっとうじゃないわで
なかもうイミワカンネwwwwwwみたいなさ。
当時の幼い頭じゃ処理し切れなかったわけよ

そんなこんなしてるうちに中学生にるわけで。

43: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 03:50:06.43 ID:NNYyvOcu0
生きろ

44: 1 2011/03/11(金) 03:53:16.66 ID:6kKVfbJb0
明確にこの頃から親父に対して殺意が沸くようになった。
母ちゃん殴られるたびに、
寝静まった親父の部屋に包丁持って行って何度も刺そうとした。
結局怖くていつもなんも出来なくてさー。
親に向かってこんな気持ちを抱く自分おかしいのかなって悩むわけで。

母ちゃんは完全にお酒を毎日飲むようになっていた。
それも結構すごい量。
んで、飲み会とかで帰りが遅くなったりするとさ、
親父が怒り狂うわけwwww
てめー浮気してんだろ!!みたいなwwwwwww
被害妄想半端ねーwwwwwww

苦しみから逃れられなくてお酒に頼る母ちゃん。
余計に激昂する回数が増える親父。
もうね、悪循環すんごかったwwwww

45: 1 2011/03/11(金) 04:04:47.72 ID:6kKVfbJb0
このころ、学校で突然苦しくなって倒れた。
病院では過喚起症候群?って言われて、
つまり過呼吸だと診断された。
原因は自立神経失調症?とかストレスとか言われたんだけど、
当時私にとっては馴染みの薄い言葉だったからかよくわからなかった。

母ちゃんそれを聞いてもぼんやり。
もうこの頃の母ちゃんは人が変わったようにやつれていた。
あんなに綺麗だった顔も、クマのせいですごい顔というか…。

悲しくて、自分が抑えられない思いを他人にぶつけ続ける私。
もう何が悲しいのかわからなかった。

それでも、ようやく今までやり続けてきたことのしっぺ返しがくる時がきた。

46: 1 2011/03/11(金) 04:16:51.74 ID:6kKVfbJb0
中学2年生。

それまでいじめていた子達が結束して、クラス全員巻き込んで、
私は完全にいないものとして扱われるようになった。

その時、やっっっと気づいた。
自分のしてきたことは、親父が母ちゃんにするように、
相手の存在を踏みにじることだったんだって。
母ちゃんのような思いを、自分の弱さのせいで、
同級生にさせてしまったんだって。
だから自分にもこういうふうに返ってきて当然だ。

放心しながら家に返ると、休みだった母ちゃんがお酒を飲んでいた。
ぶわーーーーーっと泣くと、母ちゃんは、
おろおろと、どうしたの?って聞いてくれた。
全部母ちゃんに吐き出したら、
母ちゃんもぶわーーーーーって泣いた。
ごめんねごめんねって泣き崩れた。
ごめんねはこっちのセリフなんだよ母ちゃん。
いつの間にか母ちゃんが望む良い子から外れてしまっていた。

47: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 04:28:30.77 ID:xhXaoBqt0
涙が

48: 1 2011/03/11(金) 04:29:32.52 ID:6kKVfbJb0
とにかく、このしっぺ返しはちゃんと耐えようと思った。
学校ではとにかく真面目に勉強した。

これはひたすら中学が終わるまで続いたけれど、
中には、改心したのを見ていてくれて新しく友達になってくれた子もいた。
そういう子達のおかげでなんとか卒業まで乗り切れた。

勉強したおかげでわりと進学校へ入学出来た。

自己満足に捕らえられてしまうかもしれないと思ったけど、
やらないよりきっといいと思い、
卒業間近に今まで自分がやってきた子達へあやまってまわった。
もちろん許さない子も多かったけれど。

そんでなんとか高校生になる。
母ちゃんはこの頃、一番ひどかった時期からは抜け出していたように思う。
ただ、やはりお酒はもう癖になっていたけど。

49: 1 2011/03/11(金) 04:39:37.89 ID:6kKVfbJb0
JKwwwwwwwうはwww
楽しいこといっぱいだおwww

とか思ってたわけなんだけど、
うちの学校は偏差値60前半の学校だったから、
3年間超勉強漬けにして、早慶めざすぞゴルァ!!
みたいなビシビシ教育学校だった。
テストwテストwテストだらけwwww
新しい出会いよりもテスト多すぎて課題多すぎてやばいわけだよwww

しかもさ、母ちゃんが一時期より良くなってから、
勉強がんばると褒めてくれてさ、
中学の時自分のことで泣かしちゃったから、
そりゃもー勉強がんばったよwww

でも、
昔からよく給食費払えないとか(親父が生活費入れてくれない時とか)
あったんだけど、
なんか1年の初期からそっこー学費滞納し始めちゃったみたいなんだよねww
私立じゃ無理だと言われたから私立じゃないとこ行ったけど、
それでも払えないほど、その時うちの家系は圧迫し始めていたわけなんだな。

もう親父はまったく家にお金を入れなくなっていたんだ。
昔よりも余計仕事うまくいってないみたいだったし。

50: 1 2011/03/11(金) 04:43:46.26 ID:6kKVfbJb0
県営とか府営って、
学費滞納してても私立みたいに退学とかあるわけじゃないんだけど、
でもお金はちゃんと払わないと!
母ちゃんがこれ以上働いたらいかん!
と思ってバイト始めたんだよね。

定期にお昼代に文房具に学費に、なんだかんだかかるから、
せめてそれくらいはと思ってさ。
だって母ちゃんじゅうぶん働いてくれてるしさ。
アカギレで手ぼろぼろだしさ。

53: 1 2011/03/11(金) 04:48:14.16 ID:6kKVfbJb0
バイトと、勉強。

気づけばテストでは1位2位3位争いをしてるくらいになれた。
とにかく生活に必死だった。

なんか母ちゃんはいつの間にか職場で経理とか色んなことやるようになってた。
個人経営なとこだったからね、パートでも色々任せてもらえたみたい。
なんてったって母ちゃんは真面目だしな!

親父はこの頃からまたあまり家に帰らなくなり始めていた。

55: 1 2011/03/11(金) 04:52:37.81 ID:6kKVfbJb0
1年生の夏。

親父から、
「新しい事業やるから、しばらく手伝ってくれない?」
と言われた。

超嫌だったけど、逆らえなくて、
勉強に支障が出ない程度に、ということで手伝うことになった。

新しい事業な何かって?
麻雀屋だとよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

56: 1 2011/03/11(金) 05:00:00.80 ID:6kKVfbJb0
つーか高校生が雀荘はいっちゃ駄目だろwwwwwwwww
でも、これが私の人生を大きく変える一歩になってしまった。

なんか元からあった雀荘の権利を丸々買い取ったみたいだから、
初日から普通に繁盛してた。
なんかもうほんとタバコくさいのwwww
あと男くさいのwwww
やることは簡単だったから楽だったけど、

やっぱりああいうところってヤ○ザと関わりがあるんだね…。
おしぼり代?と称して、ものすごい金額毎月回収しに着てたおっちゃんがいたもん。

私にはよくわからなかったけれど、
やっぱりヤクザっぽい人とかチンピラっぽい人も来ていた。
大人しく遊んでるんだけどさ。
やっぱJKだし内心gkbrだったけどw
麻雀の話はどうでもいいので置いといて。

ここで重要だったのが、
親父はどこに帰っているのかがわかったこと、
そして普段どのように他人に接しているかということがわかったことだった。

57: 1 2011/03/11(金) 05:03:38.94 ID:6kKVfbJb0
親父ね、水商売やってるの女がいるみたいで。
もう特に隠しもしてなかったなwwwwwwwwwwww

家に帰ってこなかったのが小さい時から幾度となくあったからさ、
女がいるだろうというのはさすがにこの年になれば想像してたし、
それについては悲しくもなんともなかったけど、
衝撃的だったのがさ、
その女が 私 と 同 じ 名 前 ということが判明したことだったよ。

58: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 05:06:29.18 ID:TmoQwHi70
まあ、続けてくれ

59: 1 2011/03/11(金) 05:07:42.55 ID:6kKVfbJb0
もうねwwwもうねwwww
この気持ちはもしかしたら女特有のものかもしれないけどさwww
娘と同じ名前の女を抱いてるんだぜwwwwww
きっめえええええええええええええええええええwwwwwww
吐き気がwwwwするwww

そしてwwwなんとwwwwwww
その女とは付き合い10年弱wwwwwww
そんな長い間娘と同じ名前wwwww名前wwwww
もう気持ち悪すぎて泣けるwwwwwwwww

そんな女がいながらさ、
私の身体を未だに平気で触っちゃうんだぜ?
胸とかわしづかみにされちゃうんだぜ???wwww
わろwwwwすwwwwww
同じ名前を呼びながらwwwwwww

母ちゃんと私はいったい何なんだよ!!!!!!!!!!!!!!!
ふざけるな!!!!!!!!

って思いでいっぱいだったよ

61: 1 2011/03/11(金) 05:15:29.81 ID:6kKVfbJb0
高利貸しという職業は、やはり推測通りだった。
ヤ○ザと関わりがあっても、ヤ○ザではないようだった。

そして、この人の、
家族や親戚以外に対する態度がどのようなものなのかも
観察していると把握できた。

この人は、疫病神なのだ。蛭だ。ハイエナだ。
人に取り付き、善意や欲望や様々な感情をうまく利用し、
良い人ぶってお金を吸い上げ、
辺り一体が駄目になればまた新しい場所で人間関係を築き、
また取り付く。
このループだ。人を騙す天才だ。

最低な、人間なのだ。

62: 1 2011/03/11(金) 05:20:13.22 ID:6kKVfbJb0
あんたの周りには誰も長い付き合いの人がいないじゃないか。
どうして、それを、こんな何十年も生きてわからないんだろう。
どうして、そういう生き方を悪びれも無く繰り返せるんだろう。

自分の父親がここまで屑だったのかと思って、
もうどうしようもなくなった。
過呼吸は頻度が増す一方だった。

64: 1 2011/03/11(金) 05:25:14.89 ID:6kKVfbJb0
勉強、バイト、雀荘の手伝い、親父への憎しみ。
ぐっちゃぐちゃだった。

とにかく、振り切るかのように勉強しまくった。
ころしてしまいたいけど、
あんな奴のせいで自分の人生がもっと狂ってしまうのだけは悔しかった。

母ちゃんはこの頃よく腰を悪くしていたっけなぁ。

ちなみに、母ちゃんも長い付き合いの女が親父にいることを
知っていたみたいだった。
どうして別れないのか聞いても、大人には色々あるのよ、
としか答えてくれなかった。

63: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 05:24:57.71 ID:dNrpWXfcO
今更な話だがこんな時間までカキコしてて大丈夫かい?

65: 1 2011/03/11(金) 05:29:35.01 ID:6kKVfbJb0
>>63
実はさ、昨日とあることが終わったんだ。
今、書き出しきらないと、
多分自分の気持ちに負けてしまう。
書ききりたいんだ。
心配してくれてありがとう。

そんなこんなで、1年生の冬ごろかなー
初めての彼氏が出来たんだよね。
もうさ、すごい仲良しですごく大事にしてくれてさ、
幸せだったよ。
辛いことあっても、こうやって支えがあればがんばれるって思ったんだ。

思えたはずだったんだけどなぁ…

66: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 05:33:10.43 ID:51izhT4t0
見てるから
頑張れ

68: 1 2011/03/11(金) 05:34:40.49 ID:6kKVfbJb0
幸せなはずなのに、落ち着かない。
この幸せはいつか必ずなくなってしまうって
なぜか強迫観念に駆られだして、
不安になってしまった。

第三者からしたらイミワカンネwwwwだと思うんだが、
数年後にこの意味不明な気持ちの正体がわかるので、
今はフーンくらいに読んでおいてほしい。

この気持ちって一体なんなんだろうって思いながら、
いつの間にか2年生になった。

>>66
ありがとう。
本当にありがとう。

70: 1 2011/03/11(金) 05:40:23.16 ID:6kKVfbJb0
忘れもしない、2年生の夏。

私はベッドで寝っころがりながら英単語の勉強をしていた。
玄関の鍵があき、2人の声がする。
どうやら2人でご飯を食べてきたようだった。

2人ともお酒をけっこう飲んだみたいで、酔っ払っている。
母ちゃんは自分の部屋に行ったみたいだった。

親父が私の部屋に入ってきて、
一気に酒の匂いがした。

明日英単語テストあるのに今から絡まれたらやっかいだなーと
思っていると、
予想通りべろんべろんの酔っ払いテンションで絡んできた。

71: 1 2011/03/11(金) 05:44:04.21 ID:6kKVfbJb0
「こーーーーーーーーーーーーーーんなにスカート短くて、
お前はパンスケか!!!あー?wwwww」

って下卑た笑見せながらスカートを全めくりされた。
下着が丸見えになって、カッっと恥ずかしいのと怒りがこみあげ、
「ちょっと…やめて!」
と言うと(ビビりなのでそれでも控えめ)

途端に空気がかわり、
「父親になんて口の利き方だ!!!!
お前は母親と一緒だな!!!!!!!」
と般若の形相で拳を振り上げた。

72: 1 2011/03/11(金) 05:48:25.32 ID:6kKVfbJb0
ゴッ…

とすごく鈍い音がして、大腿骨を思い切り殴られた。

ワンテンポ間が空いて、

ゴッ
ゴツッ
ガツンッ
ゴッ

と連続で何発も腕や足を殴られた。

親父は怒りで興奮しており、
わけのわからないことを喚きながらひたすら殴った。

73: 1 2011/03/11(金) 05:50:20.50 ID:6kKVfbJb0
痛い
母ちゃん

助けて母ちゃん。

「いやあああああああああああああああああだああああああぁぁぁ」
って叫ぶと、
余計興奮した親父が、
リビングにあった灰皿を取ってきて、
私の頭めがけて振り下ろした。

74: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 05:51:07.28 ID:G4cvTeIIO

75: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 05:54:14.81 ID:NNYyvOcu0
四円

76: 1 2011/03/11(金) 05:58:04.78 ID:6kKVfbJb0
ガ    ツ   ンッ

ってやけに長く響く音がして、
つぶっていた目を開けようとしたら、
だらってゆっくり何かが垂れてきた。

最初はわからなかったけど、
パタタッとシーツに落ちた血で額が切れたことに、気がついた。

「え…?」
って呟いて親父を見上げると、
親父は憎しみに満ちた目で私を見ていた。

「おまえは…おまえは!!!!
そっくりだな!」

って叫びながら、
灰皿で3発程また殴った時、

死ぬ!!!!これはまじで死ぬ!!!!!!
って思って、
「かああああああああああちゃあああああああああああああああああああああん
いいいやだぁああぁぁ助けてええええええええええええええええ」
って思いっきり叫んだ。
思いっきり親父突き飛ばして母ちゃんの部屋に逃げた。
身体の痛みは、体中が熱いだけでまだなんとも感じなかった。

77: 1 2011/03/11(金) 06:02:05.84 ID:6kKVfbJb0
バンッと扉をあけると、
母ちゃん思いっきり寝ていた。

あんなに大声で騒いでてもきづかないなんて…
あぁ母ちゃんは酒飲むと寝ちゃうもんなぁなんて考えて
後ろ振り向くと、すごい形相でこっち見ながら近づく親父がいた。
手にはさっき私を殴った陶器製?の灰皿が握られている。

78: 1 2011/03/11(金) 06:10:28.91 ID:6kKVfbJb0
人生で一番全力で力と足を使った。

猛ダッシュで親父の手振り切って、
靴下のまま玄関を飛び出た。
走れなくなるまでとにかく走った。
もう走れないって思って、ゼーゼーしながら後ろ見ると、
さすがに追いかけてきてはいなかった。

安心した瞬間、膝が笑い出すってこういうことなのかってくらい、
がっくんがっくんした。
身体中がガクブルすごくて、歯もカチカチすごくて、
よろけて転んだ。

そしたら足に激痛がして、それを思った瞬間、
全身がようやく痛み出した。
なんでこの痛み今までしなかったんだろうってくらい。
殴られてたとこ熱いのなんのって。
額の上はまだぬるついてるし、血は止まっていなかった。

79: 1 2011/03/11(金) 06:15:09.26 ID:6kKVfbJb0
今まで、親父の母ちゃんの喧嘩に巻き込まれて、
親父に軽く蹴られたことはあったが、
ここまでの暴力は初めてだった。

格好は制服に、靴下。
所持金はポケットの中の700円くらいだったかな?
幸い携帯はポケットに入ってたので、
急いで彼氏に電話した。

歯の震えが止まらないせいで、
「あ…あぁううっ…うっ…」
とか意味わかんなく泣くことしか出来なかったけど、
飛んできてくれた。

82: 1 2011/03/11(金) 06:22:14.45 ID:6kKVfbJb0
彼氏は、公園の遊具に隠れてる私を見つけて、
私の姿を見た瞬間、絶句していた。

親父のことは話してあったので、
「これ…まさか…」と、
察しがついたようだった。

とにかく、病院行こうって言われたけど、
病院なんか行って居場所が見つかったらと思うと、
絶対に嫌だった。

とりあえず彼氏の家へ連れてってもらった。
明るいところで自分の姿を見て唖然とした。

人って、殴られると、直後に皮膚もう色にこんななんのかよwwwwみたいなwww
まぎれもなく、私が見てきた母ちゃんと同じような姿の女が、
鏡越しに力ない目で私を見つめ返していた。

83: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 06:27:33.59 ID:MXnoZBjU0
壮絶だな・・・

>>1が楽になるなら、ここでゆっくり
思う存分はきだしてくれ。

最後まで付き合うよ。

86: 1 2011/03/11(金) 06:40:44.65 ID:6kKVfbJb0
>>83
ありがとう、吐き出したい。
誰にも言えなかったこと、全部吐き出したい。
ありがとう。

84: 1 2011/03/11(金) 06:31:55.60 ID:6kKVfbJb0
何が一番悲しいのかはもうわからない。
涙もゆっくりと流れるくらいで、頭の中もやけに静かだった。

素人手当てだったけれど、終わって、
とりあえず病院は明日考えようってなった。

そして遠慮がちに、
「やったのは…親父?」
と彼氏が聞いてきた。

「うん…」
「嫌だったらいいけど、話せるなら状況話してくれる?」

ぽつり、ぽつりと、話した。
途中言葉がつまって、たった10分程度の出来事を話すのに
1時間近くもかかってしまった。

「信じられない…
狂ってるだろ、こんなん…」

ってぼろぼろ泣き出した。

85: 1 2011/03/11(金) 06:37:16.59 ID:6kKVfbJb0
彼氏は、いつも私が親父の母ちゃんへの暴力のことで悩んでるのを知っていた。

「ころ、して、やりた、い」
って詰まりながら言うと、
「殺してやるよ、俺が」
って立ち上がった。

「出来ないくせに、そんな簡単に言わないでよ」
完全なる八つ当たりの気持ちが、沸々と沸いてきてしまった。
「こんなに!憎んでる私ですら出来ないのに!!
出来ないこと!簡単に言わないでよぉ!!!!」
って叫んだ。
彼氏は何も悪くないのにね。

本当、自分のことばかりだったなぁ・・・

87: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 06:46:44.07 ID:NNYyvOcu0
おれも付き合うぜ

97: 1 2011/03/11(金) 07:22:55.34 ID:6kKVfbJb0
>>87
ありがとう。
思い出すと、涙が止まらないことばかりだけど、
誰かが見ててくれると思うと、嬉しいよ。

イミフなところがあったら言ってくれ。
描写へたくそなんだ。

88: 1 2011/03/11(金) 06:47:51.81 ID:6kKVfbJb0
「俺は、1がいつも苦しんでるの知ってて、
でも何もしてやれなくて…。
1が苦しいのはもう嫌だ、
殺すのは無理でも半殺しにして報復するしかないじゃん」

「つか、れ、た。
今日はもう眠りたい…」

「1…」

身体中がずくずく痛んで、眠るのに苦労したけど、
疲れていたこともあって、いざ眠りに落ちたら深く眠れた。

この時のことはどうしても描写が長くなってしまうが、すまん。

89: 1 2011/03/11(金) 06:53:23.18 ID:6kKVfbJb0
朝起きたら、昨日よりも痛みが鮮明?というか、
クッキリした痛みになっていた。

もうね、痛いのなんのwwww
男子って喧嘩とかするとこんないてーのかよwww

太ももやふくらはぎは、見てギョッとするくらい、
なんていうの?黒いっていうか、紫黒い色のドデカい痣が無数にあった。
女の子の身体でこれって…と冷静にドン引きした。
顔とかなんかパンパンにむくんでてテラぶさいくなのwwww

んで、この日も学校だったわけなんだが、
さすがに行けないと言うか、行く気はなかった。

「1、どうする?
サボるなら付き合うよ。」

「…家出する」

「はっ!!!??」

90: 1 2011/03/11(金) 06:59:21.83 ID:6kKVfbJb0
「あんな家に帰れない。
とりあえず、先のことはわからないけど、
家出する。

…少し、考えたい。

彼氏を巻き込むと悪いし、
居場所もすぐバレるだろうから、彼氏は学校いって」

「1、アテあんの?
さすがにずっとは泊めてあげらんないかも…」

「大丈夫、知り合い当たってみるから」

制服じゃ補導されやすそうなので、
小さめの私服と、ぶかぶかのサンダル借りて
駅で別れた。
彼氏はしんぱいそうだったけど、
大丈夫だと言って強引に別れた。

多分、仲良く会話したのはこれが最後だと思う。

91: 1 2011/03/11(金) 07:03:04.35 ID:6kKVfbJb0
知り合い当たってみるとは言ったものの、
正直アテなんてなかった。

ぶらぶら街中を歩き、
夜になって空腹に耐え切れず、公園でしゃがみこんだ。

残り500円…本当どうしよう。

変な男は声かけまくってくるわ、ひもじいわで情けなくなってきて、
深夜になって怖くなってきた。

92: 1 2011/03/11(金) 07:08:18.85 ID:6kKVfbJb0
「おーーーーい♪」

ビクっとして振り向くと、
よっぱらった感じのケバいお姉さんが近づいてきた。

「ちょっとーーー中学生?
変な格好だねぇ~」

「高校生です!!」

「高校生も中学生も変わんねーっつのwwww
なにしてんのぉ~」

「…」

「あー若いって宝!!女子高生とか腹立たしウッ…」

げぼおおおおおおおおおおおおぉぉ

こwwwwのwww女www私に思いっきり吐きやがったwwww

93: 1 2011/03/11(金) 07:13:32.43 ID:6kKVfbJb0
「わぁっ」

「ゥッ…ボェ」

さりげにセカンドインパクトかましてんじゃねーよwwww

「タク…タクシー…」

なんとか酔っ払いケバ女をタクシーに入れ、
なぜか私もその人の家まで来てしまった。

「服…洗ってけ…」

今だったら知らない人のうちなんて絶対ありえないけど、
家出中で無謀になっていたのと若さもあり、
言われるがままおじゃました。

94: 1 2011/03/11(金) 07:19:00.61 ID:6kKVfbJb0
女の人はトイレでげろんげろん吐いてた。

あれがホステスさんってやつかな?
と思いながら、着てたものを脱いで、服を借りた。

額はあれだけ血が出た割には浅くて、
生え際の近くだしまぁ綺麗にふさがんなくてもどうにかなるだろと思っていた。

携帯の電源は怖くて切っていた。

95: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 07:19:33.12 ID:51izhT4t0
まさかのゲロナンパ

96: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 07:21:10.33 ID:NNYyvOcu0
ちょw

すごいなそれ

99: 1 2011/03/11(金) 07:38:23.02 ID:6kKVfbJb0
女の人はそのままトイレの床で寝だしていたので、
なんだか気が抜けて、ソファで縮まって私も眠ってしまった。

朝起きたら女の人はまだトイレで寝てたので、風邪ひきますよって起こした。

「え、あんた誰よ」

てめーwwwwげろったこと忘れてやがるwww
「かくかくしかじか」

「なんかそんなこともあったような…
酔っ払いすぎて、記憶が曖昧ね」

ゲロまみれの彼氏の洋服見せたら、
納得してもらえたw

聞かれたから、
どうして男物の服で公園にいて、
顔が腫れたりしてるかとか、
一連の流れを説明した。

証拠として身体の痣見せたら
女の人は目をつぶって、
「…わかった。気が済むまでうちにいていいよ」
って言った。

そのころエロゲとか知らなかったけど、
正直今なら、ねぇそれなんてエロゲ?それなんてエロゲ?
って感じの展開だった。

やっぱりホステスさんだったらしいので、
ここからこの女の人のことはホステスさんと書きます。

「私あやしいのに、いいんですか。
ホステスさんのお金とか持って逃げちゃうような奴だったらどうするんですか」

って聞いたら、

「これでも、接客やってんのよ!!
上手に嘘をつくプロだよ!
あんたは、嘘は、言ってないと思うし」
って言ってくれた。

今思い出しても本当ホステスさんはお人よし過ぎるwww

100: 1 2011/03/11(金) 07:48:26.44 ID:6kKVfbJb0
お言葉に甘えて、少しお邪魔することになった。

家出未成年を匿うなんて、
下手したら捕まるリスクもあるだろうに、
ホステスさんは遠慮するなと言ってくれた。

「そのかわり家事を手伝え!肩を揉めー!」

なんて言うけれど、
ホステスさんは優しかった。
プレステ2で一緒に遊んでくれたりした。

ホステスさんが仕事に出かける夜ごろ、
一人になると、いろんなことを考えた。

親父のこと。
今までのこと。
母ちゃんのこと。

一度携帯の電源をつけたら、
メールと、電源切れてる時の着信を知らせるSMSを
大量に受信した。

主に彼氏と母ちゃんからの連絡が多かった。

「何かあったの?
どうしていないの?
心配してます」

って母ちゃんからたくさんのメールがきてた。
すごく、複雑な気持ちになった。
罪悪感?
怒り?
困惑?
うまく言い表すことの出来ない気持ちが、ぐるぐるした。

一通り見て、また電源を落とした。

101: 1 2011/03/11(金) 07:53:06.48 ID:6kKVfbJb0
そんな日々を、何日か過ごした。
緩やかに流れていく時間。

このままじゃ駄目だという気持ちと、
帰ったらどんな怖い目にあうか恐怖の気持ちと、
所詮高校2年生の頭では、良い打開策は見つからなかった。

ただ、あの家に帰る前に、もう少し考えたかった。

102: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 07:54:43.93 ID:WWoLRL3kO
辛かっただろうな
聞いていて心が痛む

106: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 08:12:02.67 ID:kpNfaEZeO
がんばれ

103: 1 2011/03/11(金) 08:02:30.74 ID:6kKVfbJb0
この、もやもやした気持ちはなんなんだろう。
本当はずっと前から気づいていたような…
でも、目をそらし続けていたような、
でもハッキリとしない、この気持ち。

携帯の電源を久々に入れてみると、
続々とメールを受信する。

…その途中で、遮るように着信が鳴った。
ディスプレイには、母ちゃんと出ていた。

104: 1 2011/03/11(金) 08:06:17.18 ID:6kKVfbJb0
鳴り続ける着信。
携帯を見つめる私。

…確かめなきゃいけない気がする。
この気持ちを。

そう思って、意を決して電話に出た。

「…」

「1!?1なの??」

「…母ちゃん。」

「あっ…あんた、今まで、な、にしてっ…」

母ちゃんは泣いていた。

「母ちゃん捜索願出そうかと思ってたところだったんだよ」

「…母ちゃん、
親父から何も聞いてないの?」

105: 1 2011/03/11(金) 08:11:34.31 ID:6kKVfbJb0
「…あんたが、生意気なこと言ったから、
ちょっとこずいたって言ってたけど…

父さんは多分酔っ払ってたでしょう?
それに、あんたがすごい態度を取るようにも思えないから、
父さんの不機嫌でビンタとかされた…?

ごめん、母ちゃんもあの日酔っ払ってて…」

私はあの日の夜の状況を、説明した。
淡々と。
事細かに。

「え、いや、あの人、私にはやるならまだしも、
娘にさすがにそこまでは…」

「…母ちゃん」

107: 1 2011/03/11(金) 08:16:37.96 ID:6kKVfbJb0
「証拠に、写真があるよ。撮っておいたから。
全部、本当なんだよ。」

「とりあえず、父さんは母ちゃんが説得するから、
1は帰っておいで、ね?」

「母ちゃん!!!」

「…っ」

「なんとも、思わないの!?
母ちゃんは1がここまでされても何も思わないの!?
ねぇ母ちゃんにさ、ずっと聞きたかったんだけど、
なんでそんな苦しい思いして親父と別れないの?
自分が苦しくても!1がこんなになってても!!
それでも親父と別れない理由ってなんなの!?」

108: 1 2011/03/11(金) 08:21:12.17 ID:6kKVfbJb0
「1は、別れて欲しいよ!
あんな奴もう父親だなんて思いたくないし、思えないっ!!」

「それは…大人にはね、すぐに行動できない時だってあるんだよ。
それに、1はもうわかってると思うけど、
母ちゃんには借金があるから、2人で家を出ても、
とても1を食べさせてあげられないよ。

もう少し、待ってくれない?
1が大人になるまでには、なんとかもう少しマシになってると思うから」

109: 1 2011/03/11(金) 08:26:18.74 ID:6kKVfbJb0
「借金て、このままのペースだといつ終わるの?
あといくらあるの?」

「それは…そういうことは子どもには「母ちゃんはさぁ!!ずるいよ!!それは言い訳だ!!!」

「この国にはさ、そういう女の人達を守る機関だってあるじゃん。
母ちゃんが本気でっ!
本気で親父から逃げたいと思っているなら!!
…思ったことがあったなら、
もっといくらでも道があったはずだよ!

私は、母ちゃんと一緒ならどんなに貧乏でも、辛くないよ
借金だって、協力するよ」

110: 1 2011/03/11(金) 08:32:08.14 ID:6kKVfbJb0
「母ちゃん、はっきり言うよ。
母ちゃんはただあの男に何年も飼い殺されて、
逃げる選択を完全に見失ってるよ。

母ちゃんがさ、あんな駄目男でも離れられない、
一緒にいたいって言うなら、
まぁそれも一つ愛の形なんだろうし、
好きにすればいいと思う。

でも、別れたい意思があるなら、
努力しないと何も変わらないよ。

母ちゃんは本当に偉いと思う。
仕事もがんばってるし、家のことも。
でも、そういう“何かを維持するため”にする努力と、
“何かを変えるため”にする努力は全然違う!!!

…母ちゃんが、別れなくても、
私はどっちにしろ、20歳になったら出て行くよ。
あんな男に寄生され続ける人生は嫌だ」

112: 1 2011/03/11(金) 08:38:01.06 ID:6kKVfbJb0
ボロッボロ泣きながらソファで電話してる私の隣に、
いつの間にかホステスさんが座ってた。
手を力強く握ってくれていた。

ぎゅううううううって私も握り返した。

「母ちゃ…「おい、うるせーぞ、あの糞ガキと電話してんのか?もしかして」

と、受話器の向こうで、親父の声がした。

113: 1 2011/03/11(金) 08:43:52.34 ID:6kKVfbJb0
糞ガキとかwwwwww
しかもテラ憎しみこもった口調www
私があんたに何をしたっていうんだw

「帰ってくんなって言えよー!!ここにてめーの居場所はねーぞ!!」

と、受話器の向こうで親父が怒鳴っていた。

「母ちゃん、帰るよ。
もう少し話もあるし、いろいろと腹も決めた。」

「よかった…。またメールしてね。
ちょっとお父さんなだめて来る。
続きは帰ってからしようね。」

「うん」

電話を切ったら、涙がもっともっとこぼれて来た。
母ちゃん、このモヤモヤの正体がやっとわかったよ。

114: 1 2011/03/11(金) 08:51:43.11 ID:6kKVfbJb0
ホステスさんは何も聞かずに、手を握り続けてくれていた。

「私!わかったんです!!」

「…」

「母ちゃんは、優しいけれど、弱い人だ」

「…」

「愛していたから仕方なく言うことを聞いたのか、
私には当時のことはわかりませんが。

…どんなに愛していても、
母ちゃんの親戚にお金を借りたり、
母ちゃんの名義で借金をするようなことは、
やっぱり間違ってると思う。

いくら夫婦でも、駄目だと思う。
大人の事情ってやつがあるのかもしれませんが、
私には正しく事が動いてるようには見えません。

母ちゃんは優しい。
でも、優しいだけでは、こういった状態を招いてしまう。
親父が大元凶なことはもちろんだけど、
今のこの状況を生み出したのは、母ちゃんのせいでもある、と思う。

親不幸者って思われるかもしれないけど、そう思うんです。

だって、母ちゃんの優しさと弱さは、
こんなにももうまわりを周りを巻き込んでしまっている。」

116: 1 2011/03/11(金) 08:58:48.25 ID:6kKVfbJb0
「…」

「うまく言えないけれど、優しいだけじゃ駄目なんです。」

「…」

「…そんで、実はどこかでまだちょっとだけ
親父に期待していた自分もいました。

もしかして、娘に手を上げたことで、
悔やんで、一から変わろう、な、っんて、
思っ…て、くれたりしないかな、って」

「…」

今振り返るとわかる。
子どもはいつだって、どんな親にでも最後まで期待してしまうのだ。

「でも、もうこの人には本当に無理なんだって、諦める決心がつきました」

「…」

「20歳には、縁を、切ります。」

「…」

「親不孝者と思われるかもしれないけど、
これ以上近くにいても、マイナスにしかなりません。
全員にとって。」

117: 1 2011/03/11(金) 09:04:17.56 ID:6kKVfbJb0
「…」

ホステスさんが、静かに頷いた。
ホステスさんは、あの夜の一連の流れしか知らない。

私の家の家庭のことは話していないのに、
私の話をちゃんと汲み取って理解してくれたようだった。

「1、全部同時に考えなくていいよ。

お父さんのことも、お母さんのことも、自分のことも、
周りのことも、お金のことも、
全部がうまくまわることなんて、多分、話を聞いてる限りは無いみたいだから、
全部を考えなくていいよ。

今は、自分の心を考えてあげたら?

がきんちょのくせに、全部がんばろうとしてナマイキ。ふふ。
もっといーやーだーって泣いてもいいんだよ。」

118: 1 2011/03/11(金) 09:08:18.16 ID:6kKVfbJb0
「~~~っううう、~~うっ、ううううぅ」

歯食いしばってぼろんぼろん涙流した。
ホステスさんは抱きしめてくれた。

ホステスさんは仕事だったはずなんだけど、
休んで、ずっと抱きしめて一緒に寝てくれた。

もう、本当にありがとうとしか、言えない。
なんとなくだけど、ホステスさんには似たようなものを感じていたから、
ホステスさんも複雑な家庭があるのかもしれないなぁと思った。

119: 1 2011/03/11(金) 09:15:17.14 ID:6kKVfbJb0
ホステスさんは連絡先を教えてくれて、

「もし、いざとなって連絡先がわからないときは、
○○の●●●ってところで働いてるから、
最悪携帯壊れたりして番号わからなくなったら、そこに電話しなさい。
ネットで調べたら番号出てくるから。」

「あの、ホステスさん。
ありがとうございました…こんなによくしてもらって。
本当に、ありがとうございました。」

「また、遊びにおいで!」
満面の笑みで、ホステスさんは笑ってくれた。

そうして私は家に帰った。

122: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 09:32:21.72 ID:823TdyJN0
つらいな。

123: 1 2011/03/11(金) 09:33:47.16 ID:6kKVfbJb0
ごめんまだまだ続くw

ちょっと待って、さすがに目が痛い。
ペースは落ちるかもしれないが、今書かないとだめだから、
ゆっくり目に書くけどすまん。
この話は高校2年生だけど、
2011年の3月10日まで話は続くんだ。

125: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 09:36:07.08 ID:x/ac2s6C0
>>123
ゆっくりと無理しない程度に1のペースで書けばいい
最後までしっかり見届けるぞ

126: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 09:38:27.82 ID:G2Goa7rDO
お母さん大事にします。
頑張ってください

127: 名も無き外道コンサルタント 2011/03/11(金) 09:39:13.35 ID:NrKseeBg0
感情的になるのも分かりますし
大事な感情を取りこぼさないように書き込みたい気持ちも分かりますが
無理しない程度に休養も必要かと提案いたします。
夜更かしは美容の大敵ともいいますし
あくまで参考までに

129: 1 2011/03/11(金) 09:45:07.40 ID:6kKVfbJb0
家に帰ると親父はいなかった。
母ちゃんがぽつんとリビングに頷いて座っていた。

「母ちゃん、心配かけてごめんなさい。」

「無事でよかったよ。母ちゃんもごめんね…」

10日以上もどこにいたのか聞かれたけど、
未成年家出少女を匿ってくれていたホステスさんのもしものことを考えて、
もちろん誤魔化した。
友達の家一日おきに渡り歩いてたとか言って誤魔化した。
母ちゃんには嘘はバレバレだったかもしれんが、
あんまり深くは突っ込んでこなかった。

「ねぇ、母ちゃん。
母ちゃんは、親父のことが好きなの?」

「それは、ないよ。気持ちは、もうとっくにない。
あんたのことだけは大事。
将来のこと考えて、別れたいよ。」

131: 1 2011/03/11(金) 10:04:10.31 ID:6kKVfbJb0
「借金はいくらあるの?」

「…いっぱい」

何回も聞き出して、利子しか減らない借金が何百万単位であると予想された。

「それ、今のペースで生きてるうちに返せるの?」

「まぁ…どうにかなるんじゃないかな」

なんでだよwwwwwなんねーだろどうみてもwwww
母ちゃんはいつもそうなんだからww
ポジティブに考えるのと、楽観的過ぎるのは違うんだからね!!

「自己破産しないの?」

母ちゃんは、10何年かでちょっとずつ減ってきたので、
なるべくなら自己破産はリスク高いからしたくないみたいだった。
そこには、おそらく私に迷惑がかかることを
一番に心配しているように見えた。

「よし、二人でがんばろう」

「がんばろうね、1。ありがとう」

133: 2011/03/11(金) 10:12:25.87 ID:6kKVfbJb0
その時を境に、親父は私に対して普段無視するようになった。
昔と違って酔って暴れる時、私にも暴力を振るうようになった。
家での時程ひどくはないけれど、
それでもきつかった。

受験勉強と、
20歳になったら家を出る時に使うお金を貯金出来るようにバイトも増やした。

学費や生活費もあるから、
本当コツコツとしかたまらなかったけど、
増えてく数字見ると幸せな気持ちになった。

彼氏とは、あれからうまくいかず、
結局別れてしまった。

親父に殴られるようになった日々の中で、
弱音を吐ける所は彼氏しかいなかったんだけど、
彼氏は何も出来ない自分に焦れったさを感じてるようだった。

私も、最低なことに、たまに八つ当たりしてしまっていたし、
もうどうにもうまくいかなくなって、別れを切り出した。

134: 1 2011/03/11(金) 10:15:10.92 ID:6kKVfbJb0
彼氏は同じ高校だったんだけど、
別れてからしばらく経った後、
学校に来なくなっていたことを知った。

忙しい生活の中で、クラスが遠かった私は全然気づかなかった。

135: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 10:16:53.95 ID:kpNfaEZeO
ふむふむ

136: 1 2011/03/11(金) 10:24:30.09 ID:6kKVfbJb0
連絡してみても、いつのまにか番号が変わってしまっていた。
なんだか嫌な予感がざわざわとして、元彼を探した。

友達も全員居場所を知らず、
でも学校に来なくなる前に
かなり様子が変だったことを教えてくれた。
心此処にあらず、のような状態だったらしい。

途方にくれて、昔よく2人で遊んだ場所を探してみた。

駅の近くで見つけた元彼は、人が変わったように、
髪の毛を染め、ピアスを開けて、バイク集団の中にいた。

怖くて近づくのは勇気がいったけれど、
今逃してしまったら絶対駄目な気がして、
その中に入っていって、おそるそおそる呼びかけた。

「元彼…」

私を見上げた元彼の目は、
前のものとはまったく違っていて、
なんだか濁ったような、生気の無い目をしていた。

137: 1 2011/03/11(金) 10:31:43.78 ID:6kKVfbJb0
「あぁ、…1か」

こないだまでの姿は、もうない。

そのバイク集団の中から無理やり引っぱって、
少し離れたとこに連れて行った。

「元彼、どういうこと?ずっと学校にも来てないって本当??」

「はは、気づきもしなかったのか」

「なんであの人達と一緒にいるの?」

「楽だから」

「こんなに染めてる髪の毛じゃ学校来れないよ!」

「もう別に行く気無いから」

「なんっ…「1、あいかわらず痣すごいね。」

ぺろっと上着を捲って確認すると、
元彼はどこを見ているかわからない顔に戻った。

138: 1 2011/03/11(金) 10:39:40.34 ID:6kKVfbJb0
「俺、ずっとお前の親父が憎かった。」

「…」

「いつも苦しさに歪んでるお前見てるのが、辛かった。
何も出来ない自分に、腹がたってた。

たとえばさ、ずーっと付き合ったとして、
将来幸せにしてあげることは出来たかもしれない。

でも、今現在苦しんでる1を、
俺の今の立場じゃどうともしてやれないのが歯がゆかった」

「お前が家出したとき、言ったよね。
“殺してきてやる”って。

あれ、止められなかったらバットで本当に半殺しにしてたと思う。
だって、俺に今出来ることって、
傍にいてあげることと、話を聞くことと、
暴力し返す選択肢を与えてあげること以外に無いんだもん。

お前は、そのどれでもすぐに救ってやることは出来ない」

139: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 10:41:40.53 ID:/WwJ2/qVO
ここまで読んだ…泣いた

140: 1 2011/03/11(金) 10:43:19.49 ID:6kKVfbJb0
「そしたら、ずっとそれで悩んでたら、
お前から別れを言われた後、
なんかぷつんって糸が切れちゃったみたいな気がしたんだよね
だらんだらんに伸びきっちゃったみたいなさ。

だから、俺は逃避したの。
こいつらといると、楽なんだよ。

でも、お前のせいじゃないから。
決めたのは俺だから、自分のせいだとかは思わないで。
守ってやれなくてごめんな」

141: 1 2011/03/11(金) 10:48:39.37 ID:6kKVfbJb0
「幸せにしてあげれなくてごめん。

いつか、ちゃんと、幸せになってくれよ。」

ぽんと頭をなでて、
元彼は仲間の所へ戻っていった。

すぐに、言葉が飲みこめなくて、
理解するのに時間がかかって、
その場に立ち尽くしてしまう。

142: 1 2011/03/11(金) 10:54:43.74 ID:6kKVfbJb0
元彼も、いつの間にか、飲み込まれてしまっていたのだ。

私の、せいで。

その日どうやって帰ったかまるで覚えていない。
確実にその日から、視界が曇ったような、
思考が止まったようなまま毎日生活をした。

しばらくは、感情が無くなってしまったかのようだった。

淡々と毎日を過ごしてく中で、
バイトの給料日の次の次の日、
お金をおろそうとしたら、残金がほぼ0になっていた。

143: 1 2011/03/11(金) 10:56:55.28 ID:6kKVfbJb0
私は、一つしか口座を持っていない。
貯金用もバイトの給料用も一緒にしていた。

カードと通帳は、普段持ち歩かない。

心当たりが、あった。

144: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 11:04:59.59 ID:Yj2v5+0T0

145: 1 2011/03/11(金) 11:07:04.26 ID:6kKVfbJb0
家に帰ると、真っ先に親父の部屋に行った。

「お父さん、私のお金、知ってるよね?」

こっちをチラッと見ると、馬鹿にするかのように

「知るわけねぇだろ」

と言った。

「そう。なら思い違いかな。
窃盗事件で被害届出して来る。
ちなみに、家族間であても、窃盗って成立するから。」

ガ ン ッ

「てめぇ誰に口聞いてんだ!?
金くれぇいいだろーが!生意気に隠して持ってやがって!!
誰に養われてると思ってんだこの糞ガキ!!!!」

拳で、殴られた。
その日は特にもう痛みとか感じなかった。
やっぱり金を取ったのは親父か。
そんでパチンコに使ったのか。
そこにパチンコ屋さんの景品つまった袋あるもんね?

こいつは、疫病神だ、蛭だ、ハイエナだ。
またそんなことを考えながら、怒りがおさまるのを待った。

(※書き忘れてたかもしれませんが、親父はギャンブラーです。
雀荘経営してたことは書きましたが、
競馬・競輪・麻雀・パチンコなんでも好き。)

146: 1 2011/03/11(金) 11:14:19.60 ID:6kKVfbJb0
コツコツためた、お金。
今月のバイト代。

…元彼が最後に、話していた、こと。

母ちゃん。

こいつは、人間じゃないんだ。
私の全てをぐしゃぐしゃにしていく。

ころ、して、やりた、い。

【俺が、殺してきてやるよ】

頭の中に、元彼のあの時の顔が浮かんだ。

傍にあった親父の灰皿を掴み、頭めがけて思いっきり殴った。
親父の灰皿はガラスの分厚いやつだった。

懐かしいあの鈍い鈍い音がして、
親父はうぐうぅと呻いた。

147: 1 2011/03/11(金) 11:19:22.60 ID:6kKVfbJb0
舞い散る大量の灰。
落ちる吸殻。

でも意外に、漫画みたいにぐしゃってなったりはしなかった。
思いっきりやったつもりだったんだけど、
もしかしたら首を絞められてる体制からやったから、
無理があったのかもしれない。
女の力だとこんなものなのかもしれない。

すごく嫌な感触が、手に響いた。
呻きながらこちらに手を伸ばしてきたので、
もう一回、狙いを定めて、
灰皿で殴った。

くぐもった音がした。

148: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 11:22:56.49 ID:Yj2v5+0T0

149: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 11:27:27.19 ID:kpNfaEZeO

150: 1 2011/03/11(金) 11:28:26.96 ID:6kKVfbJb0
親父は完全に気を失ってはいなかったが、
小さい声で呻き続けていた。
なんか意外に冷静な自分がいた。

瞬時に色々考えて、泣きながら119番に電話した。
うまくやれうまくやれと思いながら、

「おっお父さんがっまた殴ってきて、首絞められたら、
近くにあった物をぶつけちゃいました。
お父さんがああああぁっ」

っ大泣しながら言った。

救急車きて、搬送。
私も怪我をしていたので、一緒に連れて行かれた。

バッグにあるファイルを入れて、病院へ向かった。

151: 1 2011/03/11(金) 11:35:26.79 ID:6kKVfbJb0
詳しく説明してくださいと言われたので、
なるべく、被害者に見えるように、かよわい子どもを演じた。

痣が見えるように、服をずらして、
「それ、どうしたの?」って話題に持っていけるようにした。

これを逃したら、絶対次は無い。
うまくやれ、うまくやれと念じながら。

「実は、痣のことを聞かれた時のために、
本当のこと言ってるって信じてほしくて、これを持ってきたんです。」

と、医師にファイルを渡した。

ファイルの中身は、
家出の時からの、殴られた後の写真と、それに関する日記だった。

152: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 11:38:11.36 ID:rGuCUnZGO
ドキドキする

154: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 11:39:37.27 ID:GFIlYzayO
①①①①

156: 1 2011/03/11(金) 11:40:11.05 ID:6kKVfbJb0
母ちゃんが泣きながらやってきた。

警察もやってきた。
事件性アリで通報されたんだろう。
かまわないよ、それを望んだんだし。

私も、父親に対する障害?で捕まるのか、
正当防衛になるのか、
この時の私では予想がつかなかった。

でも、的確に、自分に有利になるように言わなければと、
緊張した。

157: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 11:46:21.98 ID:Mdb24U5L0
最初からスレ読んできた
>>1の人生壮絶すぎる
ゆっくりでいいから続けてくれ

158: 1 2011/03/11(金) 11:48:12.40 ID:6kKVfbJb0
私も怪我人だったので、
最初は病院で色々と聞かれた。

それがあっさりすぎるほどあっさりで、
拍子抜けしたくらいだった。
最初から、灰皿で殴ったことは、
防衛するためだという前提で話が進んだし、
むしろ聞かれたのは、日ごろの親父のことだった。

ファイルは押収された。

親父は眠っていたのでまた後日らしかった。

色々総合すると、
結局、昔から騒音で何度も警察を呼ばれていたことや、
近隣の方から相談がよせられていたこと、
(多分、あの家DVなんじゃないかしらぁ~みたいな通報だと思う)、
私に残っている真新しい傷と、日ごろの殴打の痣たち、
そして、詳細に記していたあのファイル。

それらが決め手となり、私は特に捕まったりはしなかった。
正直、傷害で捕まることも覚悟していたので、
ほっとした。

親父はしばらく入院だった。

159: 1 2011/03/11(金) 11:57:20.56 ID:6kKVfbJb0
こういうのには詳しくないから
他の似たような事件の場合はどうなのかがよくわからないんだけど、
結局、訴えますか?訴えませんか?って聞かれた。

え、訴えなかったら、親父捕まらないものなの?
と思ったけど、
とりあえずこの場合はそうらしい。

訴えたところで、今の親父には金が無いし、
正直どうでもよかった。

重要なのはそこではなく、
私は、親父に“母ちゃんと別れること、母ちゃんの親戚に接触しないこと、
私と母ちゃんに二度と接触しないこと。
用事がある場合は、弁護士経由で”
これを守れるなら訴えないと言った。

破った場合は、今度こそ訴えて、逮捕してもらいます、と。

160: 1 2011/03/11(金) 12:05:47.01 ID:6kKVfbJb0
親父は年なのもあり、退院するまでに結構かかった。

ちょっと色々省くけれど、親父は何も言わずに条件を飲んだ。
ただ、一度だけ話があるとのことで、弁護士と一緒に話をした。

何を言い出すかと思えば、
「お前らのことなんてもう知らない。勝手にすればいい。
…1、そういえばな、言ってなかったけどな、
その女、お前の母親じゃないから。
それでもその女と一緒に行くわけ?」

161: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 12:08:00.03 ID:/WwJ2/qVO
どう言う事だ…

162: 1 2011/03/11(金) 12:09:16.04 ID:6kKVfbJb0
もうねwwwww
目がねwwwwスッポーンってね、飛び出たよw

( ゚д゚ )ポカーン
( ゚д゚ )ポカーン
( ゚д゚ )ポカーン

え、じゃあ育ての母親ってやつなのwww
なんかもう昼ドラすぎてイミワカンネwwwwwwww

母ちゃんも気まずそうな顔してた。
というより、私がどんな反応するか気になってるようだった。

163: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 12:10:34.91 ID:TmoQwHi70
ええええええええ!!

164: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 12:11:05.48 ID:ITrOesvY0
わけわかめ

165: 1 2011/03/11(金) 12:13:08.83 ID:6kKVfbJb0
「お前の生みの母親、3歳の時おまえ置いてどっか行った」

テラwwwwwテラ昼ドラwwww
王道ベタあざーっす!!

とかは後で考えようと思って、

「…だから、何。
私にとって、母ちゃんは母ちゃんだけだから」
と言った。

親父は舌打ちして、ペラペラと違う話を話し出した。

166: 1 2011/03/11(金) 12:23:20.97 ID:6kKVfbJb0
「俺の親父(私にとって父方の祖父)さ、俺のお袋(父方の祖母)以外にも
家庭があったんだぜ。

それ知ったのは中学1年生だったか?

傷ついて、すげぇグレて、ふじこふじこふじこ」

と、何故か自分語りをしだしたw

弁護士が、関係ない話はちょっと…と制止して、
その場は解散になったけど、

まぁなんか親父の自分語りの話纏めると、
親父は5人兄弟。
祖父は全然家に帰ってこず、
ある日いきなり愛人家庭があることが発覚したそうだ。
それに傷つく親父。

グレる。めっちゃグレる。
なんかいつの間にか裏の世界来ちゃったんだよねー(ミサワ風)

みたいなことらしい。
なんで最後にその話したかは知らないがwww

それを聞いて、悲しくなった。
同情したのではない。
あなたの恨んでる、祖父と同じようなことをしていることに、
気付けなかったのか?
と、悲しくなった。

私と、同じような思いをしたことがあるなら、
どうして、繰り返してしまったのかと。

167: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 12:26:51.15 ID:bRu33YTkO
>>1と母ちゃんが幸せになる呪いをかけた

168: 1 2011/03/11(金) 12:28:39.57 ID:6kKVfbJb0
“どうして、繰り返してしまったのか”と。

…私も、同じだ。
小学校から中学校にかけてのいじめ。他人への発散。
元彼を追い詰めてしまったこと。

形は違えど、私もこうやって、誰かを傷つけてしまった。
形は違えど、父と、一緒だ。

DVされた子は自分の子もDVしやすいって言うよね。
こういったものを繰り返さないためには、
黒い意思に負けないためには、
私はこれからどうしていけばいいんだろう。

答えがわかるのは、もう少し先の話。

169: 1 2011/03/11(金) 12:33:06.34 ID:6kKVfbJb0
帰り道、

「母ちゃん、さっきの話本当だよね?
超びっくりしたんだけど、
別に血が繋がってるとか繋がってないとか
本当にどうでもいいっていうか…。

ああそう、みたいな?w

むしろ、今までありがとう。
母ちゃんってすげーな」

「本当はね、20歳になったら言おうと思ってたの。
騙してたわけじゃないんだけど、黙っててごめんね。

でも、1は可愛いし、母ちゃんの娘だよ!」

「母ちゃん…」

ということで、詳しく聞くために、ご飯やさんに寄った。
お酒入ればシラフより簡単にしゃべるかと思ってw

170: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 12:34:12.02 ID:bl/EEyDJ0
ほんと尊敬するよ
母ちゃん。。

171: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 12:36:16.59 ID:ITrOesvY0
いい母ちゃん持って幸せだな

172: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 12:37:48.71 ID:Qy7nLZNL0
寝落ちしてた。
すっきりするまで続けてくれ。
ずっと見てるから。
今日の予定はキャンセルwwww

173: 1 2011/03/11(金) 12:46:01.54 ID:6kKVfbJb0
「母ちゃん、じゃあ子どもがいるのわかってて親父と付き合ったの??」

「急に知ったよ」

ハァ?( ゚д゚ )ポカーン

※このあたりから私もわかってきたのだが、
母ちゃんはちょっとあほな部分があるので、注意して欲しい。

174: 1 2011/03/11(金) 12:50:02.35 ID:6kKVfbJb0
「はい?いや、ちょっと待って、最初から説明して。」

「最初ってどこからだろう…」

「わかる範囲で」

「父さん、若いころ結婚してたみたいだよ。
10代で??だったかな」

「ハァ?( ゚д゚ )ポカーン」

「その人との子どももいたらしいよ」

「ハアァ?( ゚д゚ )ポカーン」

唐突過ぎてまじイミフwwwwwwwwwww

175: 1 2011/03/11(金) 12:55:45.34 ID:6kKVfbJb0
「でも、わりとすぐ離婚して、子どもは奥さんがひきとったんだって」

「あ、そう」

「それで、母ちゃんが19の時に知り合ったんだけど、
(母ちゃんと親父はちょっと年の差ある)
なんかねぇ、付き合ってるとき母ちゃんの家に突撃しに来た女の人とかいたよ」

「( ゚-゚ )」

「父さんいるんでしょー!!そこにいるのは知ってんのよ!ドンドンドン!!
みたいな感じでね」

「( ゚-゚ )」

176: 1 2011/03/11(金) 13:03:47.33 ID:6kKVfbJb0
「いや…それ明らかに浮気っつーか、何股かしてるじゃん。
その時点で別れなよ…
駄目男じゃん。それ」

「あの頃は景気良くてねぇ、
母ちゃんを面倒見てくれてたし、
まぁ母ちゃんといないときのことはあんまりどうでもよかったwww」

「( ゚-゚ )」

「何年か付き合っててね、
母ちゃんのほかにももう一人長い人いたみたいなんだけど、
なんか後から聞いてわかったんだけど、
その人との間に子ども出来て、
また結婚しちゃったらしいよ」

「しちゃったらしいよって…、え、母ちゃんと別れなかったの?」

「母ちゃんはまったく知らなかった。
今までどおり普通に会ってた。

んで、その子どもっていうのが、1だよ」

178: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:10:02.70 ID:tjUKjoEH0
1だよって…

179: 1 2011/03/11(金) 13:11:04.08 ID:6kKVfbJb0
「へ?」

「それで、3歳の時に急に父さんの家の前に1残して消えちゃったみたい。」

「しょーもねーな」

「んで、一緒に住んではいなかったみたいだし、
急に子どもの世話とかどうしよう…ってなって、
ちょっと俺実は子どもいたんだけど、
面倒見てくんない?って。
そこで初めて1に会ったんだよ。」

180: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:16:14.71 ID:ITrOesvY0
母ちゃんすごすぎる

181: 1 2011/03/11(金) 13:17:03.74 ID:6kKVfbJb0
「え???ってなったんだけど、
1の小さいころはね、すごく可愛くて、
母ちゃんにも良い子にしてくれたんだよね。

っていうか、
人に預かられるのに慣れてるような子どもだった。

それまでのママが迎えに来ると思ったのか、
深夜まで頑張って起きてたんだけど、
コテンって寝ちゃったの。
かーわいーったらありゃしない。

大人の事情で可哀相だな、守ってあげないとなぁ
って母ちゃん思ったんだよね。
後から聞いた話だけど、
本当のママは自分の親戚に預けっぱなしに
してたりしてロクに面倒見なかったみたいだから。」

182: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:20:45.84 ID:MjGqFzGs0
>>1も母ちゃんもスゲーな。ガンガレよ!

183: 1 2011/03/11(金) 13:24:16.30 ID:6kKVfbJb0
おいwwwwどうせそれ親父から聞いたんでしょww
親父もロクに面倒見てねーじゃんwwwwwww
本当勝手な生みの親達だよwwwww
展開がドロドロ恋愛ドラマみたいでついていけねーよwwwww
こうやって文字にしてると、余計実感してくるwwww

なんですか?
つまりこういうことですか???

自分が付き合っていた男が、他の女とも付き合っていて、
そっちに子どもできたから結婚したと。
そしてそれらを隠されていたと。

これってええwwwwwwwwwwwwwww
完全に愛人ポジじゃないっすか
かああちゃああぁぁぁんん

え、薄々気がついてたけど、もしかして母ちゃんってあれなの?
ダメンズ好きだったの?ドMだったの?

しかもwwwwwwww自分と同時期に付き合っていた女が産んだ子どもとか
絶対www無理wwwwかわいいと思うとかwwwむりぽwww

もし、ここに女性がいたら考えてみて欲しい。
あなたに彼氏がいて、
その彼氏が他の女と同時進行してて、しかもそっちと結婚して、
子ども置いてかれちゃったから面倒見て☆
とかwwwwwwwwwwwwwどんなギャグだよwwwwww
ぜったいwむりだよねーwwwwwwww

184: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:37:39.52 ID:Tbk6O0vb0
母ちゃん…すごいな
なんかこう、色んな意味で

188: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:49:32.30 ID:6kKVfbJb0
>>184

…ほんと、いろんな意味でな…

185: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:38:37.30 ID:d5hAYTwn0
小説じゃないの?これ?w

188: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:49:32.30 ID:6kKVfbJb0
>>185

残念ながら、釣りではないんだ。

小説にしては暗すぎるだろwww

186: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:40:33.13 ID:ITrOesvY0
すごい人に巡り会えたな
人間として器のでかさに感動した

188: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:49:32.30 ID:6kKVfbJb0
>>186

うん…すごい人なんだけどね、
母ちゃん…レヴェルが高すぎてわけわかめだよ

189: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:53:25.77 ID:lWAy4Svk0
かーちゃんすごすぎる
素直に尊敬した。私には無理だ…

191: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 13:55:08.85 ID:ZRpv3qAL0
追いついた

同情しかできんが
よく頑張った
よく生きた

語ってくれ
見届けるから

192: 1♯sachiusui0v0 2011/03/11(金) 14:00:46.33 ID:6kKVfbJb0
さすがに、丸12時間書きっぱなしだから、ちょっと休憩してきます。
スレ残ってるかなぁ。
まだ続きます。

202: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 14:19:58.32 ID:MjGqFzGs0
オレも見届ける!
とりあえず、お休み ノシ

204: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 14:26:48.54 ID:xNfAkEL7O
半泣き そして

保守

205: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 14:35:29.21 ID:OwJyUIt7O
>>1さん、ゆっくり体も心も休めて来て下さい。
age

206: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 15:21:38.79 ID:51izhT4t0
皆大丈夫か~

207: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 15:27:32.54 ID:lWAy4Svk0
関東すらめっちゃ揺れたぞ、>>1のところもみんなのところもだいじょうぶか
つかまたゆれてるし

209: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 16:45:13.40 ID:3rMeTOGd0
ひとまず一旦お疲れさん

なんつーか、やっぱり母ちゃんって最強だよな・・・。

割と序盤からROMってきたが最後まで見届けたい。

ゆっくり休んでね。
つこんがり肉

210: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 17:03:29.62 ID:aCASOKa50
ゆっくり休んでこい

211: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 18:01:41.69 ID:vs4ElhK/O
>>1すごいよ
ガチで尊敬する
ありがとう

私も本気になってみる!!!

212: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 18:34:27.60 ID:j8QEt71qO
>>1 今おいついた
最後までつきあうよー

214: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 20:54:01.79 ID:CDHSV7I00
>>1も母親も乙だわ・・・
あれから連絡がないが、無事にいてくれる事を願う

215: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 21:09:05.54 ID:6VcPB0RA0
幸薄い母ちゃんてか
お前の話だな
世の中当たりをつかむ人が居たら
その分ハズレをつかむ人が居るんだよな
うまくできてるよねー(^∇^)

220: 1 2011/03/11(金) 21:47:11.24 ID:6kKVfbJb0
>>215
この年になってわかるよ。
世の中平等にスタートダッシュが
出来てるようにはなってないもんね。

216: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 21:14:28.63 ID:qs6YMqs6O
やっと追いついた
>>1は大丈夫かな?

220: 1 2011/03/11(金) 21:47:11.24 ID:6kKVfbJb0
>>216
ありがとう!部屋荒れたけど、
怪我はしてないよー

217: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 21:31:15.00 ID:aCASOKa50
>>1
もしかして地震に巻き込まれたんじゃ…
安否が気になる
早く戻ってきてくれ

220: 1 2011/03/11(金) 21:47:11.24 ID:6kKVfbJb0
>>217
地震直撃地付近ではないから大丈夫!
ありがとう!

221: 1 2011/03/11(金) 22:02:11.85 ID:6kKVfbJb0
母ちゃんは私を育てると決めた時、
やっぱり母ちゃんの親戚達にも反対されたそうだ。
(周りの人からしたらそりゃ反対するよね)

でも、きっぱり
「この子は私の子どもです」と。

…母ちゃん。

母ちゃん方の親戚は皆優しかったよ。
いじわるされたこととかもないし、
姪として皆普通に扱ってくれてた。
親父側の親戚には
私と母ちゃんはさんざんいびられてたけどw

そこからは慌しかった。
私はその家に
恐怖のイメージがついてしまっていたので、
一刻も早く引っ越したかった。
(こちらの居場所を悟られたくないので、
話し合いでこちらが引っ越すことになっていた)

ただ、引越し代が無い。
母ちゃんは金融機関からはもうお金を借りられなかったので、
なんとか持っているものを売り払って
極少数の荷物にした。

あれから定期的に連絡を取ったり
たまに会ったりしていたホステスさんが、
足りない分を貸してくれた。
親父を見て育った私は、
誰かからお金を借りるという行為に
罪悪感を感じていたけれど、

「1は、ちゃんとそういうことに
きっちりしてるから大丈夫。
大人になったら、飲みに行こうよ。
おごってねw」
と笑ってくれた。

222: 1 2011/03/11(金) 22:08:59.47 ID:6kKVfbJb0
強い煙草の匂い。
響く怒鳴り声。
暴れた跡で所々破損してる壁。
怯えたあの日々。
殴られた記憶が色濃く残る、吐き気のするこの場所。

なんの、未練もない。

親父が入院している間に全部済ませ、
親父と母ちゃんと住んでいたこの家を後にした。

私は、勝ち取ったんだ。
ずっとずっと憧れていた自由を。

次に私に待っていたのは金銭問題だった。

225: 1 2011/03/11(金) 22:22:50.41 ID:6kKVfbJb0
この頃ようやく
高校3年生になったくらいだったかな、確か。

私にとって高校2年生の1年間は
とてつもなく長い1年だった。
そして、良いことも悪いことも
たくさん起きた激動の1年だった。

母ちゃんと住み始めたアパートは、
広くもないし古いけど、
私にとっては天国だった。

だって、安心して眠れる!
家の中で自由に出来る!
怯えなくてすむ!

“安心できる家”という場所が、
こんなにも泣ける程嬉しいもので、
苦しくなるくらい欲しい物だったんだって、
しばらくは嬉しさの興奮でずっとハイテンションだった。

母ちゃんのごはん美味しい。
母ちゃんがいつもテキパキ家事やってくれる。
私も、それを手伝う。
2人で、笑う。

もう、本当に幸せだった。
しばらくの間はとても穏やかだった。

けど、
我が家の経済状況は逼迫していた。
母ちゃんの給料と私のバイト代じゃ、
返済と生活費はまかなえなかった。

私がバイトかけもちしてどんなに働いたって、
高校生だと月に10万弱が限界だった。

しばらくそれどころじゃなかったので、
進路も真剣には考えていなかったが、
もういい加減決めなくてはいけなかった。

226: 1 2011/03/11(金) 22:34:02.06 ID:6kKVfbJb0
このまま受験まで手を抜かず勉強続けたら、
自分の希望通りの大学へ行けるだろうと
担任に言われた。

自分の中で、迷った。

10円・1円を惜しむ生活をしている
この逼迫した経済状況の中で、
高校3年生~大学4年生の5年間、
どうやって生活していけばいいんだろうって。

奨学金だってあるぞ、と担任に言われたので調べてみたけれど、
普通の奨学金でどうにかなるレベルの生活状況ではなかった。

なんかべらぼーーーに頭良いとさ、
大学側から「ぜひうちの大学来てください、学費等無料にしますので」
なんてこともあるみたいだけど、
私が今からそのレベルになるのは難しかった。

227: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 22:35:55.84 ID:xNfAkEL7O
停電怖いが応援してるよ
@神奈川

301: 1 2011/03/12(土) 04:56:02.66 ID:j9mjrT/o0
>>227
神奈川だいじょうぶかー?

こっちは停電は無いです

228: 1 2011/03/11(金) 22:44:31.10 ID:6kKVfbJb0
逆に、母ちゃんの借金を減らす方法を調べた。
母ちゃんの借金の大半は、
金融機関(サラ金。それでも各社限度額いっぱい)から借りたお金ではなく、
人から借りたお金だった。

金融機関の借金は、
利息のみひたすら払い続けて
元金はだいぶ減ってるはずのものもあったので、
それはこれからそういう案件に特化した弁護士に
相談に行くことにした。

過払い請求は、
遡れるのはおおよそ10年程みたいだったけれど、
調べた限りでは、
おそらく弁護士に払う費用を差し引いても
金融機関の借金はそこそこ減るだろう。
元金が減れば利息だって減るしね。

問題は、人から借りたお金が大半な為、
それ以上減らすのが難しいということ。

229: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 22:50:43.23 ID:C6lHmOoT0
弁護士は高いから行政書士がいいぞ
安くやってもらえる

301: 1 2011/03/12(土) 04:56:02.66 ID:j9mjrT/o0
>>229

知らなかった。

情弱自分乙w

230: 1 2011/03/11(金) 22:50:48.88 ID:6kKVfbJb0
色々悩んだけれど、
やる気があれば大学にはいつだっていける、
今はとにかく母ちゃんの
金銭問題をなんとかすべきだと思い、
進学はしないことにした。

受験しないのであれば
もっとバイトだって出来るし、
3年の後半からはほとんど学校に来なくてよくなる。

もう半年ばかり苦しい生活させちゃうけど、
がんばってくれ母ちゃん。

そう言ったら母ちゃんは泣いた。

中学生の頃、
母ちゃんが笑わなくなっていたのを思い出すと、
今でも私はじゅうぶん幸せだ、
だからこれでいいんだ、と自分を納得させた。

231: 名も無き被検体774号+ 2011/03/11(金) 23:07:10.40 ID:C6lHmOoT0
奨学金じゃなくても大学いけるよ
防衛大学校は給与出るぞ

301: 1 2011/03/12(土) 04:56:02.66 ID:j9mjrT/o0
>>231

そうだね。
頑張ったら道はもっとあったね。

235: 1 2011/03/11(金) 23:55:39.64 ID:6kKVfbJb0
この先しばらくは、
わりかし省いても大丈夫なところなので、
大事なところになるまで大まかに書きます。

とにかく、バイト三昧の日々だった。
就職はしないと決めていた。

卒業したらやると決めていたことのために、
勉強始めつつも、
ひたすらバイトしてるうちに、
無事に高校は卒業した。

母ちゃんと二人なら、
今までの人生が嘘みたいに
緩やかに日々は流れていった。

237: 1 2011/03/12(土) 00:07:21.45 ID:j9mjrT/o0
あまり詳しくは書くのは控えておくけれど、
母ちゃんの借金はなんと1000万を超えていた。

当時の私には途方も無い数字で、
とにかくひたすら早く返したかった。

私は、ホステスさんと同じ業界に行き、
がむしゃらに働いた。
この業界に来ることで
例え自分の未来の選択肢が狭まろうとも、
何十年もこの状態から抜け出せないのは
絶対に嫌だった。

ある程度まとまったお金が出来ると、
卒業前に勉強していたFXにつっこみ、
低レバでちまちま増やす、ということをやっていた。

今考えても超無謀だと思う。
今なら怖くてFXは出来ない。
チキンだったのが幸いしたのか、
高いレバレッジにしなかったため、
大きな利益を生み出すことはなかったが、
順調にお金は増えていった。

そんな生活を、気づいたら2年続けていた。

239: 1 2011/03/12(土) 00:14:36.29 ID:j9mjrT/o0
こういう業界は、
努力すれば、入るお金はかなり変わる。
いつの間に2年も経ったんだというくらい、
忙殺されながらその2年は過ごしていた。

飲んで、吐いて、笑って、
人間の欲望ばかりがストレートに見える、
そんな濁流の世界で
なんとか自分を保てたのは、
“母ちゃんみたいにずっと借金漬けの人生になりたくない”
という思いだった。

母ちゃんを支えたいという思いから、
いつの間にか母ちゃんみたいになりたくない、に
摩り替わってしまってしまっていた。

240: 1 2011/03/12(土) 00:22:29.28 ID:j9mjrT/o0
「携帯代は親に払ってもらってるんだー」
「うちのママ、来月旅行あるからお金ちょうだいって
言ってるのにくれないのw
いじわるーww」
「頼めば小遣いもらえるよ?」

そんな、同年代の金銭事情を耳にすると、
醜すぎる気持ちが湧き上がるようになってしまった。
同年代で、普通に大学行ってる子達を見ては、
羨ましさと妬ましさとコンプレックスと憧れで
ぐしゃぐしゃの気持ちになった。

母ちゃんのこと大好きなのに。
母ちゃんは優しいのに。
母ちゃんは立派なのに。

…心のどこかで、
いつのまにか、
この状況を呪うようになってしまった。

241: 1 ◆.r/7Jd0b9JKb 2011/03/12(土) 00:58:22.63 ID:j9mjrT/o0
同年代の子達に嫉妬する自分が醜くて嫌だった。
恵まれない状況で
頑張ってる子だってごまんといるのに、
自分より上を見ては、
ただただ妬んだ。

2年半が経ったころ、
ようやく借金はほぼなくなってきていた。

憔悴しきってる頭で、
長かった…と安堵していたが、

親父側の親戚から連絡が来た。

親父が死んだと。

242: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 01:02:04.87 ID:u9R7madL0
なんだと

243: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 01:02:44.21 ID:w3w87Y0MO
うわお

244: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 01:03:21.36 ID:xP4rzV1D0
なんと

246: 1 2011/03/12(土) 01:06:20.15 ID:j9mjrT/o0
原因は悲劇的でもなんでもない、
自分のアパートの外階段から転落した
ただの事故だった。
打ち所が悪く、死んでしまったらしい。

縁を切っていたので、
正直行くつもりは無かったのが、
親父側の親戚達から話があると呼ばれた。

母ちゃんとお通夜に向かいながら、
人間ってこんなにあっさり死ぬんだなぁと
不思議な気持ちになった。

あの時、思いっきり振り下ろした灰皿の感触は
確かに鮮明に残ってるのに。
あの悪意に満ちた私の一撃よりも、
転んだだけの事故で命は
こうも簡単に無くなるのだ。

本当に不思議な気分だった。

親父が死んで悲しいとか
そういう気持ちはまったく起こらなかった。

247: 1 2011/03/12(土) 01:16:48.30 ID:j9mjrT/o0
お通夜が始まる前、
親戚が集まってる所に呼ばれた。

母ちゃんと私ををいびる叔母達が、
懐かしい顔ぶれで並んでいた。

ほんっとにもーーー昼ドラのような
嫌味を昔っからねちねち言ってくる叔母共だったが、
小さい頃は母ちゃんが良い子にしててねって言うから
反発しなかった。

でももう大人だし、
会うのこれで最後だろうし、
一発かました。

「あいかわらず、
母ちゃんさんってば何も出来なさそうな顔してるわね。」

「叔母さんこそ、
その醜い心の中が現れるように、年々しわに刻まれていきますね。」


まじで上の会話をしたwwww
ポカーンとしてから、すごい顔でこっちを睨んできていたけれど、
別にもう関わりのなくなる人なわけだしね。
どうでもいいよね。
ってかざまぁwwwwww

248: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 01:18:50.15 ID:DsraM7yOi
叔母さん、ざまあwwwwww

249: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 01:21:59.92 ID:6UZ9f++c0
>>247
GJ

250: 1 2011/03/12(土) 01:27:28.38 ID:j9mjrT/o0
叔母はどうでもいいので置いといて
叔父達から話を聞くと、
親父は私と母ちゃんが出ていってから、
1年半ほど一人で住んでいたらしい。

独り身なのになぜ住み続けたかというと、
もう保証人になってくれる人がいないから、
家が見つからなかったらしい。
このころの親父は本当にもうお金がまわらず、
周りに誰もおらず、
引きこもりみたいな生活をしていたそうだ。

そして、
なんとかアパートを見つけてでていったが、
3人で住んでいたあの家は家賃滞納しまくり。
親父がアパート引っ越してからも
管理会社が親父の元へ再三催促はもちろんしたが、
無い袖はふれないからね。
そうすると、保証人に話がくるわけね。

そう、あの3人で住んでいた家の連帯保証人は
母ちゃんの親戚だったのだ。

251: 1 2011/03/12(土) 01:35:19.21 ID:j9mjrT/o0
母ちゃんの親戚は、
もうこちらは関わりがないのだから
家族のそっちがなんとかしてくださいと
叔母達に言ったらしい。

んでなんかそのへんでぐちゃぐちゃ揉めているので
1と母ちゃんが払えよ、ということだった。

完全に誤算だった。
というか私が甘かった。

あの親父のことなんだから、
こうなるかもしれない可能性を
考えなければいけなかったのに…。

母ちゃんの親戚にはさんざん迷惑をかけている。
本当にもうこれ以上迷惑はかけれないんだ。

ということで、1が払うことになった。

みんな、覚えていて欲しい。
レアなケースなのかもしれないけど、
世帯主:父親
保証人:母親の親戚
この場合、両親が離婚したら、母親の親戚は、
「もう関わりのない人物だから、連帯保証人を降りる」
ということが出来るそうだ。
(後日管理会社と話をしてたら教えてくれた。
もう遅いけどwww)

252: 1 2011/03/12(土) 01:38:20.46 ID:j9mjrT/o0
金額自体は50万強だったけれど、
とても重たい気持ちになった。

あぁ、この親父は、離れてもいる人間も
食らい尽くす生き物なのだ。

離れていたって、いつこうやって巻き込まれるかわからない。
生きてる限り、ずっと。

正直な気持ちを言う。
親父が死んで、安心したんだよ。

253: 1 2011/03/12(土) 01:51:00.80 ID:j9mjrT/o0
死んだ人を悪く言ったらいけないって言われるよね。
死人に鞭打つなって。

でもさ、死んだら生きてた時のこと全部軽くなるの?
私の気持ちがいつか柔らかくなるその時が来るとしても、
死んだからと言ってそうなるなんて許さない。

お通夜の最中、そう思ってた。

255: 1 2011/03/12(土) 02:05:46.67 ID:j9mjrT/o0
お通夜の帰り、
いろんなことを考えてしまって頭がぐるぐるして、
だんだんと胃が痛くなってきて、
堪えながら家に帰った。

その日からずっとその痛みが続き、
身体がお酒を受け付けなくなった。
痛みは波があったが、
強いときは仕事にならなかった。

誤魔化しながら、誤魔化しながら、
なんとかやっていた。

いつの間にか私は21になっていた。
ある日の朝ごはん中に、母ちゃんが突然言った。

「なんか第六感がして検査に行ってきたら、
ガンの可能性ありだって」

256: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:07:03.62 ID:JGu+1uTT0
ぐ… なんか>>1のいう山場の意味がわかったような…

257: 1 2011/03/12(土) 02:08:59.97 ID:j9mjrT/o0
普通の会話の流れでいきなり言われたから、
味噌汁落として母ちゃんに怒られた。

母ちゃんいわく、
なんか第六感がしちゃって市でやってる?
無料の検査に行ったら、
要精検って書かれた紙もらったと。

唐突過ぎて、あまりにも母ちゃんが普通に言い過ぎて、
頭がついていかなかった。

258: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:09:58.34 ID:j9zbT4L5O
な……まさか……

259: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:14:18.92 ID:x6UOXydGO
>>1
いま追いついた

最後まで見届けるからがんばってくれ!

260: 1 2011/03/12(土) 02:15:05.84 ID:j9mjrT/o0
なんの検査かと言うと、子宮ガンである。

母ちゃんは元々生理がかなり重い人だった。
子宮筋腫もあると前から言われてはいたが、
筋腫は多くの人がなるものだし、
閉経すれば収まると医者に言われていたので
母ちゃんもあまり気にしてなかった。

でも、思い返してみればここ数年、
血があまりにも止まらなかったり、
レバーのような血の塊が大きすぎたり、
色々と症状は出始めていたのだ。
筋腫のせいだと思って母ちゃんも私も気にしていなかった。

261: 1 2011/03/12(土) 02:18:04.96 ID:j9mjrT/o0
大きな病院に検査に行った。
ここにきても私はあまり実感がわかなくて、
ふわふわとしたような、
なんだか別の意思で身体が動いているような、
そんな感覚だった。

胃の痛みは相変わらずで、
その痛みだけはやけにくっきりとしていた。

母ちゃんはいろんな検査をし、
2週間後にまたきてくれと言われた。

262: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:22:16.15 ID:vdYzv92B0
今日も寝れない…。
少しは休んだ?大丈夫?
ちゃんと見てるからね。

263: 1 2011/03/12(土) 02:25:21.49 ID:j9mjrT/o0
こういう精密検査って結果出るのに
2週間もかかるんかい…
って感じでげんなりしていたけど、
母ちゃんはのほほんとしていた。

「母ちゃんハンバーグ食べて帰りたいなー」

「あぁ、うん。そうしようか」

ごはん食べながら母ちゃんに聞いた。
「母ちゃん、なんでそんなに普通なの?
怖くないの??」

「なんかね、母ちゃん第六感がきたんだよね!
あ、検査に行かないといけない気がする、ってさ。

それで調べてたら、
突然今入ってる保険のグレードアップの通知が来たの。
今まで何年間も健康だから、
何かあった際の保険の内容良くさせていただきますねって。

そんで母ちゃん思ったの。
あ、これは、このタイミングは、
母ちゃん何か大きい病気になるんじゃないかって。

なんだか頭の中ですごくしっくり来たから、
母ちゃん別になんとも思ってない。
人間誰だって、そうなる時はそうなるんだし。」

264: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:28:55.89 ID:SVT17tPH0
>>1見てるぞ~がんばれ!

265: 1 2011/03/12(土) 02:33:28.94 ID:j9mjrT/o0
母ちゃんはすっきりした顔で答えた。

こっちは相変わらず頭がついていかなかった。

2週間後、

こないだとは違う医者が淡々と検査結果を述べた。

「子宮頸ガンですね。」

…まぁ、最初の検査結果の時点で既にランク?が
5なんちゃらって言われてたし、
ガンで間違いないのは覚悟していた。

「そして、表面だけではなく、浸潤ガンです。
上皮ガンは表面のあたりだけですが、
浸潤ガンというのは深く浸透しているガンのことをいいます。」

267: 1 2011/03/12(土) 02:43:22.58 ID:j9mjrT/o0
それからの医者の話はまったく聞こえてなかった。

医者に聞いた。
調べてきたことが間違いないか聞いた。

「先生、子宮ガンって感染源があるって本当ですか?」

「子宮頸ガンはヒトパピローマウイルスの
感染による発症であることが多いですね。
ほぼ性行為によるものです」

ちょっとうろ覚えだけど、
医者は淡々とこう言った。
暇な人は子宮頸ガンについてググってみてくれ。

つまり、性行為で誰もが触れる可能性のあるHPVウィルスというのがあり、
それはかなり多くの女性が触れたことのあるウィルスだと。
ほとんどは免疫で排除できるが、
免疫で排除出来ない場合、子宮頸ガンを発症させる可能性が高いと。
こんな感じだと思う。

説明が間違ってたらすまない。

266: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 02:37:07.22 ID:4VrCN2CQ0
追い付いた。
借金、破産にすればよかったのに…。
リスクっていっても向こう10年借金できないくらいなのに…と破産した俺が通りますよ
今更言っても仕方ないが。

305: 1 2011/03/12(土) 05:06:47.30 ID:j9mjrT/o0
>>266
そうだねぇ…
ここに書いてること以外にもちょっと色々あってね。
まぁ全部完済出来たし結果オーライで!

269: 1 2011/03/12(土) 02:54:12.58 ID:j9mjrT/o0
母ちゃんだって
親父と付き合う前に付き合ってた人とかいただろうし、
誰からとかそんなんは絶対わからない。

でも、
その時の私の頭には、強烈に親父の顔が浮かんだ。
確証なんてない。
こんなこと考えても仕方ない。
恨む矛先が欲しかっただけかも知れない。
でも、絶対、あいつのせいな気がする。

だって、お通夜での滞納家賃のことだってそうだけど、
離れていても人を貪るようなやつなんだ。

死んだって、母ちゃんを貪っても不思議じゃない。
一人で死んだから道連れが欲しいの?
自分のおもちゃだった私達が離れてそんなに憎い?

270: 1 2011/03/12(土) 02:58:52.33 ID:j9mjrT/o0
胃の痛みが、増した。
強烈な痛みが襲った。

いろんな思いが駆け巡った。

母ちゃん。
交換日記。うさぎ。
幼い頃の不審行動。
他人に向いた行動。
いじめ。
返って来たこと。
勉強。
お酒。
暴力。
罵声。
怒鳴り声。
血の匂い。
痣。
苦手になった大きな音。
ギャンブル。
煙草の匂い。
母ちゃんの匂い。
母ちゃんのごはん。
元彼との思い出。
家出。
俺が、殺してきてやるよ。
陶器の灰皿。
ガラスの灰皿。
死んだ親父。
変わらず降りかかる親父の影。
叔母さん。
バット。
八つ当たり。
ホステスさん。
元彼との最後の会話。
濁ったあの目。
変えてしまった彼の人生。
ガン。
お金。
お金。
お金。
水商売。
保険。
同じ名前の女。
生みの母親。
母ちゃん。
母ちゃん。
かあちゃん

ばーーーーーーーーーーっとたくさんの記憶と、思いと、
色んなものが頭を駆け抜けた。
胃の痛みがピークになって、
眩暈がして、
倒れた。

274: 1 2011/03/12(土) 03:05:31.17 ID:j9mjrT/o0
重たい瞼を開けたら、ベッドにいた。
口がカラカラに渇いて、うまく声が出そうに無かった。
腕にはなんか点滴のようなものが刺さっていた。

最初は胃腸炎かな?って言われたけれど、
結局、神経性胃炎だと言われた。
出された薬を飲むと
ピタっと痛みは止まるけれど、
薬の効果が切れてくるとまた痛み出す、そんな感じだった。
しばらく母ちゃんと同じ病院で入院することになった。

275: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 03:06:14.37 ID:xP4rzV1D0
>>1

がんばれ。

今日、なんか走行中にバイク炎上して火傷するわ地震起きるわでなんか

なんかあるがとう

276: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 03:15:26.30 ID:SVT17tPH0
>>1
いま千葉県でgkbrしてるけどこのスレみてたら
冷静になれる。ありがとう。

277: 1 2011/03/12(土) 03:16:59.85 ID:j9mjrT/o0
うちの精神科にいってみてねって言われた。

最初に絵書かされたり、
質問に答えたり色々やった。

すぐに退院したけれど、
退院した後も通院した。
カウンセラーの人と担当医師と相性が良かったからか、
通院とカウンセリングは嫌だと思わなかった。
吐き出す場所が、必要だと思った。

母ちゃんは、
少ない症例?らしいので
特定避けであまり詳しくはかけないけれど、
転移があったり手術を受けたり色々してた。
お金は高額医療申請でなんとかなってた。

もうこの辺の記憶はぐちゃぐちゃで前後が曖昧だ。

278: 1 2011/03/12(土) 03:32:17.09 ID:j9mjrT/o0
ここに書いてきたほどではないけれど、
カウンセラーの先生と一緒に
ゆっくりと自分の人生を振り返った。
数ヶ月かかってこの辺まで振り返って、
少し、冷静になれた。

自分の中で腑に落ちたことがたくさん出来た。

日々はねばつくようなゆっくりとした感覚で流れていった。

つい数ヶ月前、
母ちゃん側の親戚で唯一年の近い
いとこの姉ちゃんと話をしていた。

昔から仲が良いので、
色々とぶっちゃけた話をしていた。

「1ちゃんはさぁ、全部を繋げて考えすぎだよ!
一度全部切り離して考えてみなよ。

母ちゃんは優しいから、
私を育ててくれたから、
だから借金があっても協力しないといけないって思うようにしてた。
そうだよね?

母ちゃんさんが優しいのは一つの事実だよね。
でもさ、それと借金のことは別のこと。
借金のことだけ見たら、
男の為に借金しまくったただの駄目女でっしょー!
そこは普通に怒って良いとこだと思うし、
でも優しいところは好きでいればいい。
育ててくれたことには感謝すればいい。

マイナスな事態に対して、
他のプラスのことを理由に乗り切ろうとするから
途中でがんじがらめになるんだと思うよ。

もっと怒れ怒れ!泣け!ww」

279: 1 2011/03/12(土) 03:38:16.47 ID:j9mjrT/o0
なんか、すごく救われたような気がした。

母ちゃんと血が繋がってないって知ってから、
いつのまにか母ちゃんに
正面からぶつかれなくなってしまっていた。

どんなマイナスの事象に対しても、
でも、母ちゃんは私を育ててくれたからとか、
だって、母ちゃんは血が繋がってないのに守ってくれたから、とか。
いつだってそうやって思ってきた。

でも、違う。
借金を一緒に手伝ったのは、
育ててくれたからじゃない。

母ちゃんを愛してるから、
この後の人生2人とも楽しく生きていきたかったからだ。

そうだよね?私。

そうだよ、母ちゃんのことすげー愛してるからだよ。
何よりも。
何よりもだよ。

280: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 03:44:56.08 ID:uRlP7dEu0
追いついた 目から汗とまんない

281: 1 2011/03/12(土) 03:45:23.91 ID:j9mjrT/o0
そう、前に母ちゃんに聞いた時。

「私が小さい頃に親父と別れようとしなかったのは、
なんで?」

「だって血繋がってないし、親権取れないかもって。」

「なんで…私置いて、
一人だったらまだ人生他の道があったかもしれないじゃんか。」

「え、あんたを置いてくとか考えもしなかった。」

「他の女の子なのに、なんでそこまで…」

母ちゃんは、笑って言った。
「だって、あんたのこと大好きだから」

ほら、母ちゃんだって同じだ。
何かの義務や、そんなんじゃない。
私のことを愛していてくれていたから、
育ててくれたんだよね。

283: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 03:50:05.23 ID:XcWNKwFe0
母ちゃん、冷静だな。確かに親権取れない。

284: 1 2011/03/12(土) 03:59:16.79 ID:j9mjrT/o0
数ヶ月のカウンセリングの結果、
幼い頃からの環境による、境界例?だと言われた。
見捨てられ不安や自己の抑圧ががとても強いと。

でも、自分を客観的に見ることが上手なので、
そんなに心配いらないと言われた。
よくわかんないけど、
気をつけていけば大丈夫なんじゃねと思っている。
大丈夫、向き合える。

小さい頃に、虫を殺したりするのが多かったことは、
おそらく愛着を感じるものに対して、
本当に壊れないか試さないとって思うらしい。
イコール、【この私の好きなものは、簡単に壊れないかどうか】って。
こういうの試し行動って言うんだって。

元彼と関係が安定していた時、
すごく不安になったのは、
大きな安定環境を経験したことがないため、
いつかなくなってしまうんじゃないかと、不安になると。

この感覚を経験してないと、イミフかもしれないんだけど、
まぁこんな感じなんだーと思って欲しい。

色々説明してもらって、
それだ!このモヤモヤそれだー!って思って
自分の中の不審行動に納得すると、
これまたなんかスッキリした。

285: 1 2011/03/12(土) 04:10:21.50 ID:j9mjrT/o0
母ちゃんはどんどん痩せてしまっていた。
あのポッコリなスイカ腹も
もう無くなってしまっていた。

免疫が弱くなると、色んなものにかかりやすくて、
母ちゃんはしょっちゅう体調を崩していた。

「…母ちゃん」

「ん?」

「好きだよ」

「えーなになに、母ちゃんもだよ」

「母ちゃんのばか」

「なんだとwww」

「母ちゃん、どんなに夫婦でも、
他人の為にお金を借りるのは絶対良くないことだと思う。
これは譲れない。」

「…うん」

「あと、DVに屈し続けるのは、
その人をどんどん助長させるんだって。
甘んじて受けたらだめだよ。
そういうの言えない関係なんて唯一無二の存在じゃない。
自分が、辛いよ。」

「…うん、母ちゃん勇気無かった。
色々言い訳して、いつの間にかそれを受け入れてしまってた。
そんで諦めてた。」

286: 1 2011/03/12(土) 04:17:38.74 ID:j9mjrT/o0
「そういうの、きっと共依存っていうんじゃないかな。
お互い依存して、駄目になっていくっていうかさ。」

「そうだね…」

「母ちゃん、大学行けなくて私すごく悲しかった。
でもそれは言い訳だった。
日本で一番頭良くなるほど努力するべきだった。
環境のせいにして、
そんなこと心の中で思ってごめん。」

「母ちゃん不甲斐なくてごめん。」

「あやまってほしいんじゃないよ。
ただ、その時我慢しちゃったこと言っただけ。
後悔はしてないんだよ、本当に。」

「そっか…」

「でも母ちゃんのたまに失敗するハンバーグ好き」

「なにwwwいきなりw」

287: 1 2011/03/12(土) 04:22:18.03 ID:j9mjrT/o0
「母ちゃん美人だから、自慢」

「ふふふ」

「母ちゃんの優しいとこ大好き

母ちゃんの口うるさく心配してくるとこ大好き。

母ちゃんの強いとこ大好き。

母ちゃんの綺麗好きなとこも大好き。

母ちゃんの美味しいごはん大好き。

母ちゃんの真面目なとこ大好き。」

288: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 04:24:21.67 ID:vdYzv92B0
涙が止まらない。
朝が来たら実家に電話する。

289: 1 2011/03/12(土) 04:25:24.95 ID:j9mjrT/o0
「母ちゃんが昔、
ぷよぷよでむきになって
ハンデ超つけて勝って自慢してたとことか大好き。

母ちゃん…

娘にしてくれてありがとう。

私、母ちゃんの娘で本当に良かった。」

290: 1 2011/03/12(土) 04:33:54.44 ID:j9mjrT/o0
「私、いつも人生って不公平だと思ってた。
なんであんな糞野郎の元に生まれちゃったんだろうって。

暴力とか見てるのすごい辛かった。
いろんな苦しい思いした。

でもね、嫌なこと全部ひっくるめても、
母ちゃんの娘になれたことのほうが、
そういうの上回るくらい超幸せだから、
もし人生を選べるとしても、
もう一度同じ人生でいい。
同じ人生がいい。
別の人生選んじゃったら母ちゃんに会えないから。」

母ちゃんはくちゃくちゃになりながら泣いて、
笑ってた。

291: 1 2011/03/12(土) 04:36:57.14 ID:j9mjrT/o0
母ちゃんが入院してから復活させた交換日記は、
よくやりとりしてた。

母ちゃんはあいかわらずへたくそな絵を描いてくる。
うさぎ描いてみてよって言ったら、
昔とまるっきり同じ絵でわろた。

さっき書いた会話をしてから帰ってきた交換日記に、

【1を娘に出来てよかった。
世界で一番最高の娘です。】

と短く書かれていた。

292: 1 2011/03/12(土) 04:39:23.20 ID:j9mjrT/o0
母ちゃんは免疫が弱くなってて、
高熱出したりよくしてたんだけど、
ある日あっけなく嘔吐物の窒息で亡くなった。

ナースコール押さなくて(押せなかったのかな)、
看護師さんとか気づかなかったのは仕方ないね…

本当に、あっけなく、母ちゃんはいなくなった。

293: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 04:39:41.05 ID:6KRAgJHB0
号泣した。

あんたら立派な親子だよ!

307: 1 2011/03/12(土) 05:12:48.19 ID:j9mjrT/o0
>>293
立派な母ちゃんだよね!

私も立派な娘かなデュフフ

294: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 04:40:59.24 ID:6UZ9f++c0
書いてくれてありがとう

307: 1 2011/03/12(土) 05:12:48.19 ID:j9mjrT/o0
>>294

読んでくれてありがとう

295: 1 2011/03/12(土) 04:41:58.64 ID:j9mjrT/o0
世界は、特に、変わらない。
母ちゃんがいなくたってちゃんとまわるし、
季節も過ぎてく。

不思議だよね。

親父のときも思ったけど、
命って無くなるときはこんなにもあっさりだ。

296: 1 2011/03/12(土) 04:47:39.00 ID:j9mjrT/o0
コピペとか見ててさ、
あまりの奇跡の連続や、不幸の連鎖に、
ねーよwwwって思ってたけど、
こういうことって普通に起こるんだよね。

非日常はそのへんにいくらだって転がってる。

このスレを書き始めた時はさ、
納骨法要が終わって少し経ってからなんだ。

なんかさ、苦しくなって、誰かに、聞いて欲しくて…。
一人になったんだなって思ったら、悲しくて。

私のことも聞いて欲しかったけれど、
こんなに頑張ってて良い人でも、
なんか幸薄い母ちゃんのこと聞いて欲しくて。

298: 1 2011/03/12(土) 04:49:39.04 ID:j9mjrT/o0
母ちゃん。
がんばったね。
本当、本当ありがとう。
母ちゃんは幸せだった?

涙止まんないよ、母ちゃん、さびしいよ

297: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 04:48:32.69 ID:jiDtdZLt0
幸薄くなんかない、こんなに娘に愛されてるじゃないか!!

308: 1 2011/03/12(土) 05:17:05.27 ID:j9mjrT/o0
>>297

そう言ってもらえるとすごく嬉しい

326: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 09:43:12.05 ID:G9gLLLE50
>>297
いいこと言った。その通り

299: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 04:49:46.39 ID:6UZ9f++c0
ちゃんと全部聞かせてもらったよ。

俺は今まで自分の母親が世界で一番素晴らしいと思ってたけど
>>1のお母さんも最高だね。
良いお母さんを持って幸せだね。

308: 1 2011/03/12(土) 05:17:05.27 ID:j9mjrT/o0
>>299
お母さんってすごいよね。
私にとっての一番は母ちゃんだけど、
299にとっての一番は299の母ちゃんだね。

うん。幸せだよ。

300: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 04:52:18.35 ID:RWbvQd0U0
>>1お疲れ。
1にそんなにも愛されて、お母さんは幸せだったと思うよ
うん

308: 1 2011/03/12(土) 05:17:05.27 ID:j9mjrT/o0
>>300
幸せに思ってくれてるといいなw

302: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 04:56:49.61 ID:gwJzRc6W0
なんだよ
昨日は母ちゃん生きてる風に書いてたのに…

月並みなことしか言えんが母ちゃん幸せだったと思うぞ

でもね、嫌なこと全部ひっくるめても、
母ちゃんの娘になれたことのほうが、
そういうの上回るくらい超幸せだから

これ母ちゃんも同じ気持ちだったと思う

308: 1 2011/03/12(土) 05:17:05.27 ID:j9mjrT/o0
>>302
そのように釣るつもりはなかったんだけど、
書き始めた時まだはぐちゃぐちゃでさ、
本当にいないんだっけ?みたいなさ。
そんな感じだったんだよ。

303: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 04:59:13.72 ID:4VrCN2CQ0
1乙!!!
自分の子じゃないのに育てたかーちゃんすごい!
1もほんといい子!!!
ぎゅーーー!!!

308: 1 2011/03/12(土) 05:17:05.27 ID:j9mjrT/o0
>>303
ぎゅううううううううぅ

311: 1 2011/03/12(土) 05:19:44.32 ID:j9mjrT/o0
こんなに文章にするのが大変だと思わなかった。
そんで、文章にすることが

こんなにすっきりすることだっていうのも初めて知ったよ。

なんか、すっきりした。
本当にすっきりした。

スレ立てたの初めてだったけど、
ここにいて聞いてくれた人達全員ありがとう。

落ち着いたら、
なりたい職業があるから、
大学に行きます。
あれからまた働いて、ある程度貯まったし。

ありがとうございました。

312: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 05:32:56.84 ID:4AJB40EO0
1、長い文章ずっとつづってくれてありがとう。
親子って本当に血の繋がりで決まるものではないと改めて思った。
これからどうか自分の目標に向かって頑張ってください

313: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 05:38:08.63 ID:OHzKPRjO0
>>1
最高にカッコいい人だ。
読んでて自分も色んな人の愛に囲まれて生きてるのに改めて気づいた。
本当にありがとう!

314: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 05:55:55.48 ID:L16S538S0
>>1
追いついた
私も事情抱える家庭だけれども、そんなこと言ってられないな…

>>1 が 幸 せ に な り ま す よ う に

317: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 06:49:30.14 ID:TEeKpYfz0
>>1
全部、読ませてもらいました!
1には、ちゃんと大学を卒業して、自身の人生を歩んでほしいぞ!
頑張れよ!

318: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 07:02:43.66 ID:hPLeHeVn0
おつ

そして新たなスタートだね

>>1ならば、自分の人生を、幸せを、つかみ取れる
なってたって母ちゃんの子だもんね

319: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 07:09:03.32 ID:oUb/8Rmo0
逃げない生き方に感動した

今の自分は逃げてばかり

その勇気ある行動に
自分が勇気づけられた

323: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 08:42:25.83 ID:y+PlKTpwO
辛い過去のことを思い出しながら、最後まで書いてくれてありがとう!
>>1さんにこれから限りない幸せが訪れますように

333: 名も無き被検体774号+ 2011/03/12(土) 13:51:38.45 ID:SVT17tPH0
最後まで読んだぞ!
非日常なことって以外と起きるんだよね。
地震みたいに突然ね。
これからも>>1がんばってくれよ!
ありがとう。