30歳からの青春を謳歌した話

1: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/19(木) 23:10:46.93 ID:3nyHCYd/0
まあ良かったら聞いてくれないか
4: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/19(木) 23:12:45.41 ID:3nyHCYd/0
俺は現在社会人、まあもうオッサンだ
都内の片隅に住んでる
特に無趣味でただひたすら働いてきた

6: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/19(木) 23:13:17.93 ID:51aT/4z50
聴いてる

8: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/19(木) 23:14:22.34 ID:3nyHCYd/0
仕事はイベント事業なんかをやってる
最初は辛かったが慣れればそうでもなく
特に面白くもつまらなくもなく、続けてきた
毎日毎日、特に刺激もなくて淡々とこなすような日々を送ってたな

10: 投稿日:2012/04/19(木) 23:17:02.51 ID:3nyHCYd/0
名前変えとくか

コミュ障ってわけでもないが
大学時代あまり友達もいなかったもんで休日はたいてい一人
孤男板なんかをチェックしつつ昼は写真撮りに行ったり
夜は一人で酒を飲むのが唯一の楽しみだったよ

11: 投稿日:2012/04/19(木) 23:20:29.21 ID:3nyHCYd/0
もう2年前になるな
ちょうど今くらいの桜が散りだした時期に
俺は多摩川に写真を撮りに行ったんだよ

休日でいい感じの陽気の多摩川
案の定人は多くて、大学生がバレーしてたりカップルがたくさんいたり

俺もいい気分で写真撮ってたけど、なんとなく落ち着かなかったな

引用元: 30歳からの青春を謳歌した話

13: 投稿日:2012/04/19(木) 23:24:03.93 ID:3nyHCYd/0
橋の上を通る田園都市線が撮りたくなって
なんとなくぼーっと立って待ってたら、一人の爺さんに話しかけられた

「写真が好きなのかい?」
ハンチング帽をかぶった小柄な爺さんだった
笑うと線になるような優しい目で、すごく人のよさそうなオーラを出してた

16: 投稿日:2012/04/19(木) 23:28:58.60 ID:3nyHCYd/0
俺「はい、写真をよく撮ってるんです。」
爺さん「この辺は景色がいいからね」

そんな感じで談笑してた
すごく暖かい感じがして、もう亡くなった田舎のじいちゃんのこと思い出した

爺さんと10分くらいその場で話したかな
初対面だったのにとても意気投合してた

17: 投稿日:2012/04/19(木) 23:32:33.86 ID:3nyHCYd/0
俺が酒好きってのもあったからだろうなぁ
爺さんとはその場で日本酒の話とかで盛り上がった
俺が地方出身で色んな地酒飲んできたって言ったら凄い喜んだ

そんなこんなで話してるうちに、向こうから若い男女が寄ってきた
爺さんとはリラックスして話せていたが、若い人が来て俺は少し身構えた

爺さん「私の娘夫婦だよ」
と爺さんはニコニコして紹介した

18: 投稿日:2012/04/19(木) 23:36:59.20 ID:3nyHCYd/0
娘夫婦「こんにちは~」
俺「こんにちは」
思い切り愛想よく挨拶した

普段から一人でばかりいたから、こういう当たり前の幸せの中で生きてる人たちと
関わること自体なんだか不思議だった

19: 投稿日:2012/04/19(木) 23:42:32.99 ID:3nyHCYd/0
とても不思議な時間だった
初対面だったのにとても馴れ馴れしく話しかけてくる爺さんと娘夫婦で、
でも全然嫌な感じはしなかった

その日、俺は爺さんの色んな話に付き合ったが
大学時代に少しだけやったことのある囲碁の話でとても盛り上がった

なんでも爺さんも含めその娘夫婦も囲碁をするらしい
今時、珍しい家庭だなと思ったよ

20: 投稿日:2012/04/19(木) 23:45:43.58 ID:3nyHCYd/0
あ、ごめんちょっとだけ落ちるわ
どうせ見てる人いないと思うがw

21: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/19(木) 23:47:45.18 ID:Kxjm6Die0
見てるよ(^-^)/

22: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/19(木) 23:50:09.17 ID:c2M25VgZ0
見てないとおもったか?悪いがこちとら暇なんだよ

24: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/19(木) 23:52:43.30 ID:/G8jWvxIO
続きはよ

26: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/19(木) 23:54:06.33 ID:3nyHCYd/0
ありがとう、復帰した

家族みんなで囲碁が好きで、よく碁会所に行くという話を聞いた
俺はそれがとても興味深くてその碁会所について色々と聞かせてもらった

大学時代はあまりに周りにやってる人がいなくて辞めていたから、
同じものを好きな人たちが集まる空間に興味があったんだ

27: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/19(木) 23:58:01.02 ID:3nyHCYd/0
その日は、それで別れた
特に連絡先を聞くわけでもない
たまたま出会って懇意になっただけだったし

ただ、よく行くという碁会所の場所だけは聞いておいた。
すごくワクワクしたなあの日は
家についたら久々に昔の詰碁の本とか出してきて
夢中になれるものが見つかるんじゃないか、ってワクワクがあった

28: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/20(金) 00:20:08.34 ID:PiAbgJbR0
ワクワクするものがあっていいな

29: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/20(金) 00:32:39.95 ID:BRCcLVvY0
良スレの予感…

31: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/20(金) 00:38:52.23 ID:pt3yoC7U0
遅れて申し訳ない。
ちょっとたてこんでおりました

俺は、次の休みの日にその碁会所にいくことにした
人生初の碁会所。
緊張するしどんな人がいるか分からなくてドキドキしたなw
雑居ビルの2階にある碁会所でさ
様子を伺うように中に入ったよ

33: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/20(金) 00:43:05.88 ID:pt3yoC7U0
まず、驚いたのは席料を払うことだね。
昔の50円ゲーセンの店長みたいな感じの席主に1000円払ってさ

「初めて?棋力はどのくらい?」
とか聞かれた
ほとんど初心者に近いし凄く焦ったよ

「ちょっと今日は見る感じで…」
みたいなこと言ってけっこうな広さのある店内を見回した

36: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/20(金) 00:47:22.99 ID:pt3yoC7U0
ほとんどオッサンかお年寄りしかいないのだけど
もっと殺伐とした雰囲気かと思ったらみんな楽しそうに打ってるんだよな

店内を見てると、驚いたことにあの爺さんがいた
俺は近くでそっと見てた

盤面を見た感じでは爺さんはなかなか上手い感じだった
少なくとも俺よりは遥かに上

対局中に話しかけるのも悪いし、とりあえず一局終わるまで待つことにした

37: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/20(金) 00:53:01.97 ID:pt3yoC7U0
とは言えやはり若い人は皆無の店内
ヒカルの碁が流行ったのも最早遠い昔のことだしな…

自分がいることにやや場違いな印象を感じた
ぼーっとしていると爺さんの対局が一段落したようなので、話しかけることにした

俺「あの…こんにちは、この前はどうも…」
爺さん「君はこの前の」

突然の若者の訪問に爺さんは凄い喜んでいるようだった

38: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/20(金) 00:55:39.40 ID:pt3yoC7U0
爺さん「まさか本当に来るとはね」
爺さんはニコニコして嬉しそうに話してくれた
俺もなんだかワクワクして、
「じゃあ一局打ちますか」っていう流れになった

棋力は、俺はアマ3級あるかないかくらいだった
爺さんはアマ3段くらいの強い人で、
とりあえず最初は2子置かせてもらって打った

39: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/20(金) 00:57:30.59 ID:/D1Wmd4t0
支援

40: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/20(金) 00:59:58.18 ID:pt3yoC7U0
2子置いただけではまったく歯が立たず、俺は普通に途中で手がなくなったw
すごい緊張したな

そのあとは石を3つくらい置いてほぼ指導碁のような状態でリラックスして打ったな
純粋に楽しかったよ
久々に打ったし、面白かった

その日俺と爺さんは友達になったんだと思う
歳の差なんて関係ないかもな、って生まれて初めて思った

41: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/20(金) 01:04:05.14 ID:pt3yoC7U0
冗談も通じる爺さんで、二人でめっちゃ談笑した
彼女いませんって言ったらなんかおちょくられた
「私が若い頃は悪いことたくさんして女を騙したもんだ」
とか言ってバカ笑いしてた

あと煙草の銘柄も一緒のやつ吸ってて、至る所で話が噛み合った

すごい不思議な気持ちになった
田舎のじいちゃんもばあちゃんも親父ももう居ない俺は
懐かしい気持ちで胸がいっぱいになった

42: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/20(金) 01:06:43.78 ID:BRCcLVvY0
お爺さんの昔語りって聞いてて楽しいよねw

気持ちわかるわ~♪

43: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/20(金) 01:10:12.56 ID:pt3yoC7U0
その日はそのまま一緒に飲みに行こうと思った
俺「どっかこの辺で飲んできましょうよ」
爺さん「それなら私の家に来るといい」

どっか立ち飲み居酒屋にでも入ってマッタリ飲もうかと思ったら、
家に誘われた
なんでも娘と奥さんが美味しい夕飯を用意してるから帰りたいのだとか

流石に家にお呼ばれするのは申し訳ない、と思ったが
「遠慮はするもんじゃない」と言ってきかないので行くことにしたw

45: 1 ◆yT5YRa9V0k 投稿日:2012/04/20(金) 01:13:47.62 ID:pt3yoC7U0
爺さん家の最寄り駅は俺の最寄りから電車で40分くらいのとこだった
近くもないが、案外遠くもないことに驚いた

電車に乗ってる間もひたすら談笑してた
ここまで話が合うとは思わなかった。
会社にたくさん上司はいるが、気に入られたためしがない

46: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/04/20(金) 02:28:03.97 ID:9T00Bwz+i
良いな
>>1が何十年後かに、偶然知り合った囲碁好きの若者に良くしてやってくれたら
最高のエンディングじゃないか

続き…↓↓↓