間違い電話の婆さんと仲良くなった思い出

1: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cG15Sdvf0
今度の土曜に婆さんの家に行くので今まであった事を書く

引用元: 間違い電話の婆さんと仲良くなった思い出

3: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cG15Sdvf0
一番最初に婆さんから間違い電話がかかってきたのは2年程前だった
携帯がなったんだけどかけてくる相手なんてかぎられてたから番号を気にしないで出たら
「○○の佐藤(仮名)です。これからお伺いしますのでお願いしますね」
と一言言われてそのまま電話を切られてしまったんで間違いを指摘出来なかった
かけ直して説明すんのも面倒だったんでその時は放置してしまった

4: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cG15Sdvf0
次にその婆さんから間違い電話がかかってきたのは一ヵ月後くらいだったか
「○○の佐藤です」と言われたんであの時の人だと思い「すみません、おかけ間違いですよ」とだけ言ってみた
「あらー、それは失礼しました。ごめんなさいねー」と恥ずかしそうに笑って婆さんは電話を切ったんだが
どうやら知人の番号と似ているらしくそれからもたまに間違いをかけてくる事があった
俺は元々婆ちゃん子だったからその婆さんの間違い電話は大して気にもならなかったし
指摘する度に「今日は知人とお芝居に行くので連絡しようと思ったら間違えちゃって」と予定を話してくれるので
「そうか、今日はこういう事をするのか」って見ず知らずの他人の予定を知って楽しかったってのもあった

5: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cG15Sdvf0
しばらくして婆さんからの間違い電話が全然かかってこなくなって
淋しくもあったけど間違えない様な方法を見つけられたんだなと思うと嬉しくもあった
ただ、何となく思い出として婆さんの番号は携帯に「佐藤のお婆ちゃん」と登録しておいた
それから1年くらい婆さんとは話してなかったんだがある日婆さんの番号で電話がかかってきた
「もしもしー、間違い電話ですよー」と明るく出てみたんだが
「タカシ(仮名)さんですか?○○の梅子(仮名)です」と婆さんはいつもと違う話し方をして驚いた

6: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cG15Sdvf0
自分はタカシでも何でもないし、婆さんが苗字じゃなく名前を言うのも初めてだったので
間違い電話にしてもおかしくないか?と疑問に思ってしまってしばらく黙ってしまった
そしたら婆さんは「今日は庭の梅の花が綺麗に咲いた」とか世間話を始めてきた
「あの、お婆さん?間違い電話ですよ?」と返してみたが「何をおっしゃるのウフフ」と言った感じで
婆さんは完全にタカシさんと電話で話してると決めてかかっていた
これはどうしようかと悩んでいたら婆さんの後ろの方から女性の声で
「ちょっとお婆ちゃん!誰と話してるの!」と大声がきこえてきたかと思うと電話を切られてしまい
何があったのかさっぱりわからずにその日は一日悶々としてしまった

7: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:W6c4YfD60
つづけたまえ

9: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cG15Sdvf0
気にはなるけどこっちからかけるのもおかしいしと悶々としながら3日程経ったら婆さんから着信
「タカシさん?○○の梅子です」と前回と同じ話し方だった
また一方的に話を進めようとしたので思い切って「お婆ちゃん落ち着いて聞いてください」と釘を刺してから
自分はタカシじゃない事、以前ちょくちょく間違いでかけてきた番号だという事を説明した
そしたら婆さん、しばらく黙っていたかと思うと
「竹子(仮名)さーん!ちょっと電話に出てちょうだーい!」と誰かに向かって叫ぶ
「ちょっと!お婆ちゃん!」と背後で聞こえた声は前回電話を叩き切った人の声だった
その人は不安そうに「もしもし」と電話を変わるが、こっちも状況がつかめていなかったので
「あの、その、もしもし」とテラ不審者状態で返すのが精一杯だった

11: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cG15Sdvf0
余りにも不審がる竹子さんに今迄あった事を説明すると「へ?」と裏返った声で聞き返される。そりゃそうだ
それから竹子さんはどう答えていいかわからずに悩んでいたといった感じだったが
「かなり昔からご迷惑をおかけしてたんですね」と近況を説明してくれた
どうやら最初の間違い電話がかかってきた頃は軽い認知症の症候があったらしくリハビリも兼ねてよく出かけていた
ところがここ1年くらいは本格的にボケてしまっているので男性は全てタカシさんと思ってしまっている
タカシさんは婆さんの旦那さんでとうの昔に亡くなっているが本人はボケているので死んだ認識がない
「でも、電話帳すら開いていないのに貴方の番号を覚えているのかしら?」と聞かれたが
そんなのこっちに聞かれたって「さあ?」としか答えられない

13: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cG15Sdvf0
それからも何度も婆さんから電話があり、その度に竹子さんに謝られるという状態が続いた
そんなある日いつもの様に電話がかかってきたので出てみると婆さんではなく竹子さんからだった
「こんなお願いをするのは図々しいとわかってはいるんだけど」とお茶を濁す竹子さんに話をきくと
婆さんが間違い電話をかけた日は調子がいいのか一日中穏やかにすごすので
もし時間の都合が合った上で嫌でなければ電話に付き合ってやってはもらえないだろうかとの事だった
当時自分は会社を辞めたばかりで時間は有り余っていたし正直話し相手が欲しかったという気持ちもあった
それが果たして婆さんの為になるかどうかはわからなかったけど誰かの役にたてるんだったいいかなと思ったし
「わかりました、タカシさんになりますね」と竹子さんのお願いを聞き入れて婆さんの話し相手になる事にした

14: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:bz10jIA+0
>>13
いい奴だね

15: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cG15Sdvf0
それからは竹子さんから色々と情報を仕入れて
○○は地名である事、タカシさんは元銀行員で退職後は二人でよく観劇などに行っていた事
他にも家族構成だの色々と婆さんに関する事を教えてもらって出来るだけタカシさんを演じようと思った
ただ、認知症はそんなに甘くなかった
それまでタカシさんとの愛を語り合っていたかと思うと突然「貴方は誰!」と素に返ったのか電話を切られる事もあったし
前の日に観劇の思い出を語っていたので翌日も話の続きをしようとしたら
「タカシさんは入社したばかりなのにそんな遊ぶ時間なんてないでしょう?」と記憶の時間がずれていたり
ヘタに話を広げようとするとかえってボロが出るから聞き役に徹するのが一番だとわかったのは
タカシさんごっこを始めてから3ヶ月経ってからの事だった

16: 名も無き被検体774号+ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:XGVb6a7K0
こんなことあるんだなぁー
しえん

続き…↓↓↓