俺の仕事が忙しい間嫁が不倫、それでも愛し続けるとある日嫁が…

俺と嫁は、高校の時からの付き合いだった。

付き合ったキッカケは同じ委員会に所属したこと。

高校の文化祭で、俺と嫁は同じ仕事をした。

準備から事後まで、約1カ月間同じ作業をして、いつの間にか俺が嫁に惚れ、告白して付き合った。

付き合ってから、俺と嫁はずっと一緒だった。

昼休みも、放課後も、休みの日もずっと一緒だった。

それが自然だったし、何よりも幸せだった。

もちろん嫁も毎日笑ってたし、幸せだと言ってた。

高校卒業して、俺と嫁は就職した。

就職して1年後、仕事にも慣れたころ、俺は嫁にプロポーズした。

嫁は泣きながら喜び、頷いてくれた。

そして両親への挨拶をした。

といっても、既に俺達は家族ぐるみの付き合いをしていた。

何しろ高校の時から付き合ってたし、俺の両親は嫁に、嫁の両親は俺に、本当によくしてくれた。

だから結婚することをそれぞれの両親に言った時も、「ようやくか!」といった感じで祝福してくれた。

そして俺達は、夫婦になった。

当時、それぞれ19歳だった。

結婚してからは本当に幸せだった。

色んなところに行ったし、色んな思い出を作った。

家でも一緒に料理したり、買い物に行ったりした。

子供は中々出来なかったけど、1年後には長男を授かった。

二人で一生懸命名前を考えて、俺は嫁と息子を一生かけて幸せにしようと心に決めた。

嫁は息子を授かって退職した。

家で俺が帰って来るのを待ちたいと言っていた。

家のことは自分が守るからと仕事に向かう俺を励ましてくれた。

俺はその時、嫁と結婚したことを心から幸運に思った。

こんなにも自分のことを考えてくれていることに感謝した。

それから、俺は仕事に没頭した。

自分で言うのも何だが、俺は会社ではかなり仕事が出来る方だったと自負してる。

若かったけど、会社の企画を任されたりもした。

会社でも信用は高かったし、色んな人が俺をサポートしてくれた。

だから、俺もそれにこたえようと必死に頑張った。

おかげで仕事は凄まじく忙しかった。

出張、残業は当たり前。

休みでも急な呼び出しがあればすぐに出て行った。

もちろんその分給料はかなりよかった。

でも、俺は家に帰って寝て、朝また仕事に向かうだけの毎日だった。

そしていつしか、俺と嫁は会話をしなくなった。

家にいるのはホントに僅かだったし、俺は家ではクタクタになって眠ることが多かった。

嫁はそんな俺を色々サポートをしてくれた。

けど、やはり話す時間はほとんどなくて、家はいつも暗かった。

それから数年後、ある休みの日、俺は荷物の整理をしていて、結婚式の写真を久しぶりに見た。

思えばこの時、最後にマイクで大声で「一生幸せにします!!」なんて恥ずかしいこと叫んだなって思い出し笑いをした。

それ時、ふと我に返って家の中を見てみた。

綺麗に片付いている部屋。

だけど、そこは家庭ではなかった。

友達と遊びに行き、俺が休みなのに顔も合わせない息子。

まるで俺から逃げるかのように家事をし、終われば何も言わずに買い物に出かける嫁。

もう、色々グチャグチャだった。

考えてみれば、その時嫁とは夜の営みも一切なかった。

これは本当に自分が思い描いた家庭なのか。

これで一生幸せにしているというのか。

そんな想いが込み上げてきた。

次の仕事の日、俺は会社の上司に転属願を出した。

そこはそれまでの部署から比べると、給料は圧倒的に低いところだった。

だが、その分残業や出張が少ない部署だった。

上司からは止められたが、俺はそれを押し切ってその部署に異動させてもらった。

そして異動が決まった日、いつもより早く家に帰った。

息子は俺の実家に泊まりにいかせていた。

俺が早く帰って来たことに、嫁は驚いていた。

そんな嫁にシャンパンを買い、久々に二人きりでゆっくりとした食事をしようと思ってた。

しかし、いざ嫁と食事をしてみたものの、すでに数年間ろくに会話もしていない関係だった。

いきなりスラスラと話すことは出来なかった。

重い沈黙の中、俺と嫁は黙々と目の前のご飯を食べた。

その重苦しい空気が、その時の俺と嫁の関係を物語ってるような気がした。

でも、それじゃダメだと自分を奮い立たせた。

そして、嫁に部署が異動したことを告げた。

最初は嫁もふーん程度の反応で、一切興味を示していなかった。

それどころか、俺と目を合わせようとしていなかった。

その時、たぶん俺はただの同居人として捉えられていたのかもしれない。

それでも俺は話した。

そして、これまでの自分を謝罪した。

〇これまで、自分は家族を蔑ろにし過ぎた。

〇家族のためと思い働いていたけど、それは自分の自己満足だった。

〇お前と息子には、本当に寂しい思いをさせてしまった。

〇これからは家にいる時間を増やして、これまで過ごすはずだった家族としての時間を増やしていく。

〇だから、もう一度俺を家族として、夫として認めてほしい。

そう言った後、嫁はポカンとしていた。

かと思えば、その場で箸を持ったまま泣き出した。

それから俺は出来るだけ早く会社を退社し、家に直行するようになった。

最初の方は、俺が早く帰ると家の生活サイクルが狂うようで、なんか色々嫁が慌てていた。

もちろん息子は動揺していた。

それでも、しばらくすると俺が家にいる生活にも慣れ始めた。

そして、俺の家には笑い声が増えていった。

顔を合わせなかった息子は、今日学校で何があったか俺に楽しそうに話し、嫁はテレビでこんな話を聞いたと自慢げに語って来た。

俺はそれが嬉しくて、笑顔で話を聞いた。

嫁と寝室で寝る時、嫁に言った。

「これからは、嫁を本当の意味で幸せにする。愛してるよ」。

嫁は泣きながら、私も愛してると返した。

そして、俺と嫁は息子に気付かれないように注意しながら、毎晩のように愛し合った。

こうして俺の家族は、なんとか持ち直した。

そんな時、嫁が買い物に行った後、家で荷物整理をしていた時、とあるスケジュール帳を見つけた。

見たことがなかったものだったから、パラパラと中をめくってみた。

嫁の字で色々書かれていて、それは嫁のスケジュール帳だと分かった。

そしてその中に、とある単語が日付の横に書かれていた。

ハートで囲まれた、Kという文字。

それが、週に数回程書かれていた。

それはちょうど、俺が仕事に没頭していた時期。

俺は、瞬時に理解した。

嫁が、不倫をしていたことを。

俺は怒り狂った。

嫁が帰ってきてから、問い詰めようと思った。

だけど、考えてみれば俺が嫁を寂しくさせていたことは事実だったし、当時は嫁との夜の生活は全くなかった。

寂しさのあまり、他の男に走るっても仕方がないのかもしれない。

そんな風に思えてきた。

そしてスケジュール帳は何冊もあったが、ある日を境にKという文字は書かれなくなっていた。

それは、ちょうど俺が異動した時期。

その月のスケジュール帳には、途中までKという文字が書かれていたが、途中からはKに×印が付けられ、それ以降Kという文字は書かれていなかった。

だから俺は、それを密かに元の場所に戻した。

そして、見なかったことにした。

もちろん完全に忘れることは出来なかった。

それから、俺はしばらくEDとなった。

その時嫁とは毎晩関係があったから、嫁は凄く心配していた。

俺は仕事で疲れてるだけだからと説明した。

嫁は、俺の体を色々と気遣い始めた。

過去の不倫を知られているとは、夢にも思わなかったようだ。

俺は必死に忘れようとした。

だけど、どうしても嫁の体を見ると思い出してしまった。

その度に心がざわつき、途中吐いてしまうこともあった。

地獄のような日々だった。

それでも、しばらくしたら徐々に落ち着き、EDも直った。

そして俺は、それを墓場まで持っていこうと思った。

それから月日が流れ、息子が高校を卒業した後、公務員試験に合格した。

それは他県の公務員であり、それを期に一人暮らしをすることになった。

引っ越しも終わり、最後に豪勢な食事をして息子を見送った。

その日の夜、家は久しぶりに俺と嫁だけになった。

何だか寂しくなったね、と、嫁は言った。

そうだね、と、俺は返した。

そして、嫁に言った。

息子も一人立ちをした。

これまでの人生は、君のおかげで素晴らしいものだった。

一度忘れていた家族の大切さも、君のおかげで思い出すことができた。

自分にとって、君はかけがえのない大切な人だ。

本当に愛しているよ。

そしたら、嫁は泣き始めた。

俺は嫁の体をさすり、なだめようとした。

でも嫁は、その場で急に土下座するように座ってしまった。

そして、「私に、あなたからそんなことを言われる資格はない」と言い出した。

俺はその時、嫌な予感がした。

嫁に止めるように言おうとしたが、その前に嫁が言った。

「私は、過去にあなたを裏切り不倫をしました」。

聞きたくない言葉だった。

思い出したくもないことだった。

でも、嫁は自ら話し出した。

〇不倫は、前の職場の上司だったこと。

〇向こうは遊びのようだったが、自分は本気で相手にホレこんでいたこと。

〇あなたと離婚して、相手と添い遂げようとまで思っていたこと。

〇しかし、あなたが異動を期に変わり、忘れていたあなたへの想いが溢れ、その人物と別れたこと。

〇本当は言うつもりだったが、あまりに幸せな日々だったため、それが失われるのが怖くて言えなかったこと。

〇言えないことで、ずっと罪悪感を抱えていたこと。

嫁は泣きながら言っていた。

そして、ずっと言えなかったことを謝罪した。

でも俺は知っていた。

だから泣きながら謝る嫁に、「知ってたよ」と言った。

嫁は驚いた顔になったが、俺は「全部知ってた」とだけ言った。

そしたら、嫁は更に泣き始めた。

そしてしばらく、家の中は嫁の泣き声だけになった。

それから俺と嫁は話し合った。

これからどうしていくのか。

これからどうすべきなのか。

話し合った結果、俺と嫁は離婚することになった。

もちろん俺の本意ではない。

ただ、ここまで話した嫁の覚悟を考えれば、一度きちんとしたけじめをつける必要があると思った。

両親には相談しなかった。

すれば反対されただろうから、事後報告することにした。

次の日の夜、用意した離婚届をテーブルの上に出した。

まずは俺が名前を書くことにした。

そしたら、これまでの嫁との生活が走馬灯のように頭を過った。

高校の時、照れながら告白したこと。

卒業式の日に、同級生にからかわれながら写真を撮ったこと。

就職祝いを一緒にしたこと。

プロポーズの時に噛んでしまったこと。

披露宴の翌日に行った新婚旅行で、二日酔いでダウンしていたこと。

妊娠したことを知り、家で飛び跳ねて喜んだこと。

名前を考える時、二人で姓名判断の本を見ながら決めたこと。

嫁が出産をした時に、我が子を抱きかかえた時のこと。

色んな思い出が頭をめぐり、目からは涙が溢れてきた。

俺と嫁は、泣きながら離婚届に名前を書いた。

二人の字は奮えていた。

そして翌日、一緒に市役所に提出した。

こうして俺と嫁の23年間は終わった。

それぞれの実家に話した時はかなりもめたが、最後には理解してくれた。

息子にも電話で言った。

息子は、「子供じゃないんだから、二人で決めたことに口出しするつもりはないよ」と言っていた。

そして今は、俺は一人になった家で生活していて、嫁は、じゃないな。

元嫁は、アパートを借りて暮らしている。

しかし、一度離婚して、意外にも色々とスッキリした面があった。

俺も心に抱えていたものが、こうして筋を通すことで、消えてしまったのかもしれない。

離婚したと言っても、元嫁とは連絡を取っている。

というより、たまに元嫁が家に来て、ご飯を作ったり掃除したりして帰ってる。

何だか昔に戻ったような新鮮な気分だ。

今度元嫁と出かける予定だ。

再婚するかは分からない。

でも、俺と嫁の23年間は一度リセットされたから、もしかしたら今が新しい1年目なのかもしれない