あなたをずっと愛しています。私から戦地に向かったあなたへ送ることば…

あなたへ

あなたが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょう。

娘も、こんなに大きくなって。

あなた、見ててくれていますか?

あのとき、私はあなたに言いました。

「お国のために、立派に死んで来てください。」

と。

私はあなたの小さくなっていく背中に、いつまでも手を振り続けました。

幾度となくくれた、戦地からのお便り、何よりの私の心の支えだったんですよ。

不思議と、あなたは、いつも私のそばに居てくれている。

そう思ってましたから。

私は今でも後悔しています。

あの時、非国民と言われようが

「無事に帰ってきてください。」

と、 ちゃんと言えばよかった。

今日は、あなたの娘の20歳の誕生日。

あなた、わたし、この子を立派に育て上げることが出来ているでしょうか?

私、信じていますよ。

いつか、私の人生が終わるときが来たら、

あなたは、私に「よく頑張ったね。」って、言ってくれると。

今度、生まれ変われるなら、またあなたと一緒がいい。

平和な世界で、ゆっくり散歩なんかしたいものだわ。

毎日笑って、毎日手をつないで、毎日キスして過ごすんです。

とても、素敵じゃないですか?

わたしは、あなたをずっと愛しています。

いつかまた出会ったときは、またあなたに恋をします。

その日まで、どうか気長に待っていてくださいね。