【泣ける】夫には病気で後遺症があります。どん底に落ち込んだときに夫がしてくれたことに涙が溢れました

私の夫は病気で大きな後遺症があり、今でも働くことが出来ず、病院通いです。

夫の介護や病院への送り迎え、そして生活費を稼ぐといったことを、妻の私が担当しています。

私の実家はそこまで苦労しなくていい、離婚した方がいいと言いますが、そんなことを考えた事もない夫を見ていると、とてもそんなことは言えません。

夫は近い未来、自分もバリバリと働けると思っているのです。

ある日の夕食の後、私は近くのスーパーへ出かけました。

スーパーの閉店時間ぎりぎりにいけば、何か食材が安売りしているのではないかと思て出かけてみました。

12月の寒波の中、一人で真っ暗な道を歩くのは、怖いし寂しいし、いったい私は何をやっているんだろうという気持ちになって落ち込んでしまいました。

スーパーでは、私がねらっていた安売りの食品があったので、それを購入しましたが、半額と書いてある商品ばかり持っている私のことを、レジの人はどう思ったのだろうかと考えると、本当に暗い気持ちになりました。

帰り道、電話が鳴るので慌てて出ると、夫が「いつ帰ってくるの?」と聞いてきます。

今帰る途中と答えながら、電話代かかるのに・・・と考えている事に気が付いて、涙があふれてきました。

家に帰ってドアを開けると、なんだか甘い匂いがします。

「?」

と思って中に入ると、夫が私のためにココアを入れてくれていたのです。

え、何で、と思って夫を見ると

「外、寒かっただろうと思って」

と笑いながら話してくれました。

夫は実は体に麻痺があり、夜間に水をくむことさえ、決して楽なことではありません。

それなのに一生懸命水を汲んでココアを入れておいてくれたのかと思うと、思わず涙がぽろぽろとこぼれてしまいました。

今は多分人生で一番大変な時なのかもしれません。

でも、夫が示してくれた優しい思いやりがあれば、何とかやっていくことができる・・・

そう感じる事が出来て、本当に嬉しくなってしまい、私は泣いてしまいました。

夫は泣いている私を見てびっくりしていましたが、おいしすぎて涙が出たというと、やっぱり笑っていました。