【再婚】俺には会ったのが1度きりの弟がいたんだ。俺は激しく泣いた。

「○○おにいさん、こんにちは。

僕のお母さんが、今度○○おにいさんのお父さんと結婚するので、

僕と○○おにいさんはきょうだいになることになりました。

僕はお父さんができることと同じくらい、自分におにいさんができるのが

とてもうれしいです。」

俺のおふくろは、俺が18のときに親父が迎えた後妻だが、メス犬だった前のおふくろではなく、本当のお袋だと思ってる。

結婚が決まってから、初めて俺はおふくろと新しい弟に会った。

半ズボンにブレザー、緊張した9歳の坊主から俺はこの手紙をもらった。

俺も一人っ子で、本当は嬉しかったのに照れくさかったから、かなり無愛想にその手紙を受け取った。

だけど、新しい弟に会ったのはそれが最初で最後になった。

弟はそれからすぐ事故で死んだ。

俺は何でもしてやるつもりだった。

中学に入って生意気になってきたらエロ本をくれてやるつもりだった。

学校でいじめられたら、仲間連れてお礼参りしてやるつもりだった。

タバコをおぼえ始めたらぶん殴って兄貴風吹かして叱り付けるつもりだった。

単車だって、俺のお古をくれてやって兄弟で走りに行くつもりだった。

「おにいちゃん」から「兄貴」に変わる年頃になったら、

そして彼女ができたら、からかってやるつもりだった。

弟の部屋にのこのこ現れて、バカやって二人の邪魔をする。

「ふざけんなよ兄貴ぃ!」なんて言われたらとっくみ合いの喧嘩をして、おふくろが止めに入って、二人してどやされる、そんな光景を夢に見てた。

葬式では、おふくろよりも俺の方が激しく泣いた。

友達が心配するくらいに狼狽して、一人で立っていられないくらいに。

タイムマシンがあったら、ほんの一週間前の自分にあって胸ぐら掴んでやりたいくらいに後悔した。

もっと優しくしてやればよかった。

どんな想いで手紙を書いて、どんなに緊張して俺に手紙を渡したんだろうに。

俺は弟の代わりにおふくろを大事にしている。

この人こそが俺のおふくろだと思ってる。

「俺のおふくろを粗末にすんじゃねえぞ兄貴」

「わかってらぁ!るっせえよヴォケ!!」

弟とのそんなやりとりを、今でも空想しながらおふくろに接してる。

生きていたら、俺の弟は今年の春、大学に入学していたはずだ。

たった一回しか会わなかったが、俺には弟がいた。