白血病の妹(14歳)が携帯ほしい→クリスマスイブにメールが届く、これを見た途端母が息を切らして階段を上がり

おにいちゃんありがとう

妹が亡くなって2年の歳月が流れました。

妹からの最後のメールを見て命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛か…

白血病に侵され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦しむだけで短い生涯を終えた…

14才でした…。

妹が2才半のとき、微熱が続き、病院に行ったときには「白血病」と診断…

その日から母は毎日病院と家を往復する日々が続き、 大型連休で家族そろってレジャーに行く日なんてありません。

妹の面会が我が家の大型連休の消化日課でした…

「妹がいなければ遊びに行けたのに!!」

当時は妹に憎しみさえ抱いたほどです。

でも、両親が妹ばかり世話し、愛情いっぱいあげてる姿に嫉妬したんでしょうね…。

その妹が亡くなって2年。両親は抜け殻がとれたような静けさです…

私もですが…。

99年の12月中旬、突然妹が「携帯電話がほしい」と、言い出しました。

私がメールばかりしていたので欲しくなったんでしょうね…

もちろん大急ぎで買いに行きました。

そしてイブの夜に携帯電話を渡し、一緒にメールの送信方法も教えてやりました。

そして、私が家に帰る頃には正午を過ぎてクリスマスを迎えた寒い夜になっていました。

寝ようと思ったら妹からのメールです。

「さっきはイブだったけど、今日はクリスマスだよ。迷惑ばかりかけてごめんね。おにいちゃん。ありがとう」…

これを見た途端母が息を切らして階段を上がり、

「病院に行くから支度しなさい」…

さっき別れたばかりなのにまた行くの?なんで?と思いました。

病院に行くと、さっきまで元気だった妹が顔に白いクロスをかけられて亡くなっていました。

あとで看護婦さんに聞いてわかったことなんですが、携帯電話を強く握り締めて離すのにたいへんだったと…

それを聞いて涙がいっぱいあふれました…。

妹の携帯電話は解約しましたが、2年経ったいまでも遺影の横にそっと置いてあります。

妹は、私にだけはきちんとお別れして逝きました。

天国でも携帯電話が使えると良いなぁ…