JRの駅でいつも会う母と子。しばらく会わないんだがどうしたんだろう…

JR大久保駅から通勤してたんですが、週2日は10時までに舞子に着けば良い時期がありました。

朝ゆっくりできるし電車は空いてて快適でしたホームへの階段降りてすぐベンチがあり、そこに書類カバン置いて缶コーヒー飲んでると…

「おかぁちゃん!ここ座れるで!座りや!」

と小学生くらいの男の子

しまったと思い、俺はベンチのカバンをどけました

「ほら二人座れんでー」

母親と目が合い、俺は座るとこにかばん置いてたバツの悪さから会釈しました。

「おっちゃん!ここ座るとこやで!モノ置いたらあかんねんで~」

「ごめんな~ぼうず。偉いな~」

「ボクもう三年生やもん」(おい鼻水出てるぞ)

親子はそこから二つ目の明石駅で降りて行った。

仲良さそうで、なんだかいいなぁって思いました

それからも何度かこの親子と一緒になりました

「おっちゃん、また大きいカバン持って…仕事大変やな~」タメ口…( ̄― ̄)

その度に、このガキとは話をするようになったんですが

「おかあちゃん、おかぁちゃん」

言ってるこいつが、まぁまぁカワイく思ってました

ところがしばらくこの親子とは会わなくなり、俺もこの遅い出勤がなくなってしまってた頃

その日は、日曜に休日出勤になってしまい、お昼頃ホームで電車を待っていた。

すると、例のガキが父親といました。

「今日はおとんとお出掛けか?」

「うん!いまからおかぁちゃんとこ行くねん」(え?親て別居中?)

「おかぁちゃん、病院おってんけど今日帰ってくんねん」

へえ…こいつが母親を気遣ってたんは、通院の付き添いやったからか。

いいとこあるやん。

「おっちゃんも仕事頑張れやぁ」やっぱタメ口( ̄ω ̄)…

それから半年くらいたって、駅前がクリスマス一色になった頃に、再び俺はそのガキに会いました。

「今日は一人か?おかんは元気か?」

「おかぁちゃん死んでもてん…」

その時、俺は情けない大人で、何も言ってやれないまま同じ電車に乗りました。

『そんな重い病気やったんや…』

『だからこいつはあんなに気遣って、おかぁちゃんおかぁちゃんて…』

『この半年、めちゃ悲しい思いしたんやろなぁ』

とか考えてたら、電車の窓の外見ながら泣けてきました。

俺が降りる駅が近づいてきて

「どこまで行くん?ひとりで大丈夫か?」

「大丈夫や!」

「ボク、もう三年生やもん」

(今日は俺が鼻水出してた)