北海道自転車の旅に出る → 自転車のパンクで困っているギャル系の外国人に声をかけてみた結果 → 驚きの展開へと…

旅に出たら人生が変わった『偶然出会ったフィンランド人との旅』

 

人生って小さな事が積み重なって変わって行く。

嘘のような話ですが、先月大きな節目を迎えた記念に、書き溜めてありますので淡々と投下して行きます。

2002年夏

自分は三年連続となる自転車の旅の準備をしていた。今回の目的地は無く、期間も1週間から20日くらいと言う大雑把な感じ。

 

テーマは【風の吹くまま気の向くまま】

 

今日は昼過ぎ迄寝ていた。出発の初日からグダグダだが、前期試験の直後なので少し位だらけていても良いだろうと早速適当だった。

曇天模様、しかし雨の降らなさそうな自転車旅行には最高の条件。荷物を載せ、柔軟体操をしてから自転車に跨り、ペダルを漕ぎ始める。普段走り慣れている道は不安もワクワクも特になかったが、良いペースで新札幌駅を通過した。

 

 

運命の出会い…

その時パンクした自転車と、その横にガードレールに背中を預けたまま下を向いて地べたに座っているチャリダーを発見。

ロン毛、金のような茶髪。極力関わりたくないギャル系。とはいえ自転車屋が近くに無いので声をかけてみた。

「パンクですか?」

ビクッΣ(゜o゜;)

あ、外国人だった。

(´・ω・`)△?÷◯□あうったー□+※

ロシア人か?どこか怪我したのか?全くわからなかった。

( ;ω;)!ヘルプ!

英語は話せるみたいだ。

「Are you OK?」
( ;∀;)おけー

「I fix your cycle、please wait a little.」
( ;∀;)きーとす

なんだかよくわからないが、多分お礼かOKって意味だろう。多分。

 

自転車を近くのコンビニ前に移動する。タイヤを外し、チューブを取り出し、空気を入れてボトルの水をかけながら穴をチェックして行く。あった。ヤスリをかけ、パンク修理ゴムを貼り、叩いて…

作業中に気になったので聞いてみた。

「where are you from?」

(*´∀`*)すおみ!

「すおみ?」

(*´∀`*)!ふぃんらんど!

話を聞いてみると千歳空港から来たらしく、この近くでパンクしてしまい、あちこち自転車屋を探したが結局わからず、疲れて休んでいたところだった。

チューブを戻してタイヤをつけて空気を入れる。ついでに自転車につけた荷物のバランスがバラバラなので付け直してあげる。

(*´∀`*)きーとす!

きーとす、お礼の言葉みたいだ。

(*´?`*)ノもいもーい

彼女はそう言って自転車に嬉しそうに跨り走りだした。

小さなバックを置き忘れたまま。

「Wait !!」

気づいてない…急いで修理道具を自分のバッグに突っ込み、自転車で追い掛ける。結構速い!

しばらく追いかけ、信号で追い付く。

「Wait.」

Σ(・д・ノ)ノビクッ

Σ(・д・ノ)ノビクッ

バッグに気付くと

(〃゜Д゜〃)きーとす!

この娘…なんか不安だ。飲み物も見当たらないし。

近くのコンビニで聞いてみた。

「Where do you want to go?」

(*´∀`*)しれとこ

見事に逆走してる。ダメだ。物凄いダメな娘だ。

「知床 is over there…about 500km」

(´・ω・`)あいやー…

あ、ショック受けてる。アイヤーって…ここは中国じゃないです。

 

 

一緒に行くことに…

どうせ暇つぶしの旅だし、思い切って俺も久々に知床チャレンジしてみるか。

「May I help you ?」

(*´∀`*)いえす!

ノリと勢いでフィンランド人の手伝いをしてみることにした。

地図を広げ、旭川、北見、網走、知床で泊まり、観光。同じルートを戻って来るのが時間的にも良い事を伝える。

(`・ω・´)…←多分わかっていない。絶対わかっていない。

「OK.I’ll support your travel.OK?」

(´・ω・ `)りありー?さんきゅー!

時間も時間だし、今から出発しても微妙な場所に行く距離になりかねない為、一旦我が家に向かう事にする。

道中

「Today, you have to stay my house.」

あ、黙った。そりゃそうだ。怪しいもん。

「Next day,We go to 旭川,about 120km.OK?」

暫く考えたらしく
(`・ω・´)おーけー。

そして我が家にフィンランドから来た旅人が泊まることになった。名前はスオミからとって一応スミーとしておく。

アパートにつき、自転車から一度おろした荷物を部屋に入れたあと、トイレと風呂の場所を教えて、寝室に案内する。

ベッドの布団をリビングに持って行き自分用に、かわりにベッドに来客用布団を敷いて彼女に貸す。

その間スミーは
(*´∀`*)くーまー

と言いながら扇風機で涼んでいた。一応自分は無害な日本人だと判断されたらしい。

おろした荷物と自転車を改めて見ると明らかに色々不足している。何と言うか…裸足で砂漠のフルマラソンに挑むイメージ。

押し入れのダンボールから予備のドリンクホルダーと後方ライト、そして前ライトを取出し、通路に置いたスミー車へとりつけていく。

( ‘ω’ 三 ‘ω’ )

部屋から出てきて後ろからチョロチョロと作業を見てくる。自分の自転車がいじられて気になっているのか暇なのか、あるいは両方なのだろう。

暇潰しになりそうな物は無いか考えるがフィンランド語の本もビデオも無い。という事でセリフの少ないゲームをやらせる事にした。

作業を終えて部屋に戻り、冷蔵庫から取り出したガラナエールを渡しておいて、自分はスミーのゲームを見る。

スミーはゾンビが振り返ったシーンでよくわからない悲鳴を小さくあげ、犬が窓ガラスを突き破ってきたシーンでついにコントローラーを置いた。

(`;ω;´)

スミーは泣きそうだった。

時間的に少し早いが、せっかくなので近所にある回転寿司に連れて行ってみた。

(・∀・三・∀・)

明らかにワクワクしてレーンを眺めている。

席に座り
Take dishes your self.
(‘ω’ )三( ’ω’)

流れる皿を目で追いかけて卵をとって食べてみる
(゜д゜)
ザンギ(唐揚げ)を食べる。
(゜д゜)
中トロを食べる。
( ;∀;)

スミーはワサビにやられた。うまいのに。

 

(´・ω・`)つ【メニュー】
でも恥ずかしくて頼めないのか、レーン下に貼られたメニュー写真を指差してなんか言って来る。

皿が来ると
(´・ω・`)サビぬき?

と聞いてくるのでyesと答えておく。海老を気に入ったようで、流れてきた海老を取って
( ;∀;)

またワサビ入りを食べた。嘘つきと言われた。頼んだ皿のことはわかっても、流れている皿の事はわからない。

でもその後に茶碗蒸し、プリン、ストロベリーパフェを食べて機嫌を直してた。

 

帰りにコンビニで花火とアイスと飲み物を買い帰宅。お風呂にお湯を入れ、入浴剤を選んでもらい先に入ってもらう。

その間自分はリビングのテーブルに買ってきたオヤツをセットし、旅の計画を練っていた。

スミーが1日何キロ走れるかはわからないが、目安となる休憩箇所と時間とを地図に書き込む。

ついでにメモ帳とペンを用意した。お互い英語で何とかコミュニケーションをとれてはいるが、いつ困るかわからない。文字や絵でカバー出来ればかなりラクになると思ったのだ。

スミーが風呂から上がり、登場。入浴剤の効果だろうか微妙にテンションが高めだった。

地図とメモ帳とペンを渡し、簡単に説明する。

(`・ω・´)←多分わかっていない

数分後

数分後

(`;ω;´)
スミーは色々買って来た駄菓子のわさび海苔にやられていた。

自分もお風呂に入らなくてはならないので、テレビをつけ、初代スーパーマリオをセット。
ヽ(=´▽`=)ノ
これには嬉しそうなスミー。

風呂から上がると4-1でやられていた。

 

外が暗くなったのでスミーを駐車場に連れて行き、ローソクに火を灯し花火開始!

最初のうちこそ不安顔をしていたが、小さな花火から慣れていくに従い、色の変化に喜んだり、地面に挿してみたり、両手に持って回ってみたり。元気なことは良いことだ。

隣の部屋の兄ちゃんがそれを見て吹き上げるタイプの花火をいくつか持って来てくれた。

スミーにとっての日本の旅に良い思い出が出来たようで、自分自身少し楽しかった。

花火を終え、スミーと再び部屋に戻る。自分はコーラ、スミーは果実が描かれた缶のシュワシュワしたやつを飲み、互いにぎこちない英会話をしている。

軽く酔ったスミーは扇風機に向かって
(*´∀`*)ア“ア”ア”
と遊んでいたりもした。世界の扇風機界では常識的な遊びなのだろうか。

(*´Д`)
我に返ったのか少し恥ずかしそうだった。

何故手伝ってくれるの?みたいな事を聞かれれば「自分も知床に行くんだ」みたいな返事をする。時々通じない事もあるが、一問一答みたいな雑談をしていたら

(´・ωゞ)ぬくったー

と言い出した。

「sleepy?」

(´・ωゞ)…いえす

眠いらしいのでベッドへ行ってもらい電気を消す。扉を閉めてリビングの電気を消すと何か言っている。
(`;ω;´)

あ、バイオハザードのせいで怖いのか。仕方がないので扉をあけて寝室と繋いで眠った。

物音で目が覚めるとスミーがトイレから出てきた所だった。

「…Good morning」
(・ω・)ふぉめんた

テレビで天気を確認する。降ってもにわか雨程度かと言う天気だ。

軽く朝食を取り、道具を載せて、スペア用に持ち歩いていたJ-phone携帯を貸す。自分は当時電波最強のau,男のGショック携帯だ。

スミーにとっては2日目、自分にとっては旅の初日が始まった。

 

 

スミーとの旅がはじまった

最初はスミーの移動速度の把握。移動速度が極端に違うと互いに疲れるため、先ずは市内をスミー先導で走って貰った。結果、自分の中低速ペース位でこちらも疲れにくい速度で行ける事がわかる。

これならどちらが先導しても問題はなさそうだ。当面は一本道、危険な場所と休憩ポイント以外はスミーに景色を楽しみたがら走ってもらうように先導をしてもらう事にする。

岩見沢を越えてなおスミーはリズミカルにペダルを漕いで走る。メットから垂れ下がる髪が左右に揺れて猫の尻尾みたいだなぁ、と思いながらついていく。

時折ドリンクホルダーからボトルを取り出し飲んでいるところを見ると、やはり装着して正解だった。

 

スミーはなかなか凄い。正直侮っていた。

平地をロードに乗っているとは言え約4時間スピードを落とす事なく走っている。男でもこれはなかなか難しい。

このまま走っていても良いが、美唄にあるコンビニで休憩すべくスミーの前に出て

「rest」
と伝えると
(*`・ω・)OK!!

と言って何故か加速を始めた。

クソッ、なかなか速い!携帯を取り出してスミーに預けた携帯を鳴らして自転車を停める。

「Why didn’t stop?」
Σ(・ω・;)れーす?

あぁ、レストとレースを聞き間違えたのか。よくあるよくある。

訳がない。

お互いに笑ってしまったので先にある自動販売機で飲み物を補充し、何か見たいものは無いか聞いてみた。

(´・ω・`)ここらへんになんかあるの?

「ghost town.」

(`・ω・´)ぜったいいやだ

という訳で小休憩を終えて日本一長い直線道路に挑む。正直この真っ直ぐな道は楽なようでいて、なかなか終わらないから精神的に辛い。

時間的に昼近かったが、お互いまだ空腹ではなかったこともあり、直線が終わる昼の2時頃に休憩という事を告げて再び走り始める。

北海道とはいえそれなりに暑い。そんな中スミーは自分のペースではあるがしっかり滝川まで走り続けた。

 

直線が終わった瞬間
ヽ(*´∀`)ノ

自転車を止めてニコニコと嬉しそうなスミーを見て数年前の自分もそうだった事を思い出す。休憩することを告げ、先導してコンビニ駐車場へ。

 

ヽ(=´▽`=)ノ

(この娘、良く日本語話せないまま日本を自転車で旅しようと思ったな)

焼きそばをフォークで食べる姿を見ながら自分はそんな余計な事を考えていた記憶がある。

 

再び自分先導で走り始めて神居古潭に着く。ここからは自動車専用道路と、歩行者自転車道路に分離する為だ。

神居古潭は心霊スポットなどとも言われているが、知らぬが華。普通に見れば綺麗な景色であり、旭川まで絶景の中をサイクリング出来る。

案の定スミーは楽しそうに景色を見ながら旭川まで走って行った。

お互いに何歳の頃なん?

スミーは大学入学1ヶ月前、自分は3年生でした。

 

国道に合流し、迷わないよう自分が先導に切り替わり、駅近くにあるホテルについた。

チェックインして部屋へ。かなり汗をかいたと思うので先に風呂に行ってもらい、その間自分はストレッチ。

スミーの後で自分も汗を流す。快晴とは言えなかったが、日焼け止めを塗り忘れていたので腕が少し痛い。明日からはシッカリ対策しなくては。

風呂から上がると

 

(*´∀`*)~♪

冷蔵庫の酒を飲みながら観光パンフレットを見て変な歌を口ずさんでいるスミー。ご機嫌なのは良いが、冷蔵庫の飲み物は結構高いのでやめて欲しい。

※フィンランドでは18歳から飲酒できると言っていたので気にしていなかったが、よく考えたら日本では日本の法律でアウトだと気付く

夕飯について考える。コンビニで昼飯を軽く食べた程度だったのでガッツリ食べておきたい。スミーも腹が減っているらしいので、フロントで近くのラーメン屋を尋ねて向かう。

(゜∀゜)!!

でも移動中、うまそうな香りを垂れ流していた焼き鳥屋に反応してしまい、誘惑に負けてそこにした。

( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
考えてみたら和風テナント、興味深くキョロキョロするのは当たり前だ。日本語のメニューしかないので自分が焼き鳥をテキトーに注文する。

(´・ω・`)
あ、酒飲みたいんですね。店員に言って最初に飲みやすい日本酒を出してもらう。

(*´ω`*)
あー、いい笑顔だ。それ高いんだけどね。

店員さんに俺の好物を頼む。見た目はグロいが抜群にうまいアレだ。

案の定スミーが食べたそうにしているのでもう一皿出してもらう。

(`;ω;´)
タコわさはお嫌いなようだ。

結局なんだかんだで一万円くらいの出費。半分くらいがスミーの高い日本酒。
(*´∀`*)

そんな良い顔されても…1食には高すぎる出費だ。暇があったらATMで貯金を少しおろしておこう。

程良く酔ったスミーは珍しくたくさん話しかけてくる。でもフィンランド語はわからない。簡単な英語か絵にして欲しい。

一人陽気なスミーを連れてホテルに戻った。

 

部屋に戻り、冷房を強くする。自分は地図を広げて今後の予定と時間を考えていく。

スミーは文字の読めない観光パンフレットを見て

(((o(*゜▽゜*)o)))

なんか独り言言ってはしゃいでる。まぁそのうち寝るだろう、と背中を向けていると背中をトントンされた。

(*’ω’0〔動物園パンフ〕0

凄いいい笑顔だ。明日は観光をしてから、ちょっとだけ移動して大雪山の途中にあるキャンプ場に宿泊しようと決める。

北海道の観光事情は甘くない。昼とは言え予約が埋まっているのではないだろうか?

案の定なかなか見つからず、三軒目でツインなら空いていますとの返事を貰う。スミーにツインルームでも良いか確認して予約する。ついでにフィンランド語を話せるスタッフの在籍を尋ねるが、流石にいなかった。

面倒見が良いわね…

下心の有無を言われたらゼロではなかったんですが、ほぼ未経験者が知床に自転車で行く際、数ヶ所の難所があるんですよ。日本語無理なら絶望的です。半分は暇潰しで行った感じです。

天気予報を見る為にテレビを点ける。

携帯を充電し、朝シャワーをする為に風呂場でタオルを干していたりすると、有料お試しボタンを押したらしく、あはーんな番組の音が風呂にまで聞こえてきた。スミーはなんか言ってるが無視しよう。

お試し時間が終わり、静かになったのでバスルームから出るとスミーはベッドにうつ伏せになり、耳を塞いでいた。

可愛い

この酔っぱらいを構うと面倒そうなので何も言わずにフットライトを残して消灯、自分も自分のベッドに横になる。

暫くしてスミーの寝息が聞こえてきた。自分もなかなか疲れていたのでそのまま眠りに落ちた。

二日目が終わった。

 

 

3日目…

朝起きるとスミーはまだ寝ていた。布団は床に落ち、浴衣がほどけて酷い事になっていた。布団をかけてあげ、スミーが寝ているうちにシャワーを浴びて、朝の天気予報をチェックししていると

(´・ωゞ)ふぉめんた

流石に起きた。ノソノソとバスルームに向かいシャワーを浴び、ノロノロと出て来て再びベッドへ。
_( _´ω`)_

あ、これは朝食無理なパターンだな。

とりあえずチェックアウトまで寝てもらい、自分は朝食。ついでにフロントでイベント等の確認をして部屋に戻る。

予定を変更、空室確認取れたし、今日は旭川観光に一日使おう。

だいぶ回復したスミーを起こし、連泊することを告げる。

(*゜∀゜*)
何を言っているかわからないが、凄い喜んでいた。

微妙な曇天ではあったが、貴重品以外荷物の無い自転車に跨り、ゆっくり先導する。途中から国道39号を外れ、目的地に到着する。

旭山動物園到着。それに気づいた時のスミーは今迄にない最高の笑顔だった。園内に入ると

( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
あちこち見ている。スミーの気の向くままに園内を見て回ると


三( ノ’ω’)ノじらふ!!
キリン目がけて走って行った。二日酔いは治ったのか?フィンランドの動物園に居ないのか、或いはキリンが好きなだけなのかわからないが、20分位キリンを見ていた。

そんなスミーが面白かったので持って来た使い捨てカメラで撮影。

(*ノ´∀`*)ノ
昨日のライディングがキツかったのか、或いは観光地を回れることに喜んだのかはわからないが、まぁ動物園を喜んでいるからいいや。

写真はスミーがフィンランドに持っていったので後でデジタル化出来るか聞いてみます

当時のスミーに少し似ている絵が4channelにあったのであげておきます。もう少し幼くて髪は茶色よりですが。

また淡々と書き込みます

昨日のライディングがキツかったのか、或いは観光地を回れることに喜んだのかはわからないが、まぁ動物園を喜んでいるからいいや。

園を出て近くにある鍾乳洞へ向かう。

途中何人かのチャリダーとすれ違い、軽く話をするが、スミーは基本的に猫を被っていて話さない。

(・ω・)
( ・ω・)
(・ω・ )

微妙に動く程度で殆ど変化しない表情。ちょっと面白い。

鍾乳洞につきHere is a caveと伝えると
(`・ω・´)

なんか張り切っている。自分もここは初めて入る鍾乳洞だったので張り切って入り口に向かう。

中は非常に涼しく、そして涼しく、快適に涼しかった。

(`・ω・´)つ|壁|

冒険心をくすぐるようなタイプの鍾乳洞ではないが、スミー的好奇心を刺激したらしく、あちこちペタペタと触っていた。小さくて凄いわけではない鍾乳洞だけれど、まぁ来て正解だったのかな。

小雨が時折あったが、だらーりだらりと再び気の向くままに走り、駅前のホテルに戻る。

 

スミーにDo you want to go Summer festival ?と伝えると

(・∀・)yes!

良い返事。

念の為折り畳み傘を持ち、会場付近をフラフラ歩く。屋台で売っているチョコバナナを買い、焼きそばを買い、たこ焼きを買い…

後ろ姿がギャルなので度々ナンパしてくる男はいたが、外国人だと気づくと離れていく。離れず話しかける男もいたが

(・ω・)
スミーが無表情。

諦めて立ち去るナンパ師。

少し離れた河川敷、それ程混んでいない場所に座り、出店の食べ物を食べ始める。

すると…↓↓↓